HOME > KUHL Fam!

KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2021年9月4日

新型GR86予約オーダースタート!カスタムベースとしての注目は「RC」グレード!279万円という破格に安い車両価格設定?GR86KUHLRACIING新車フルカスタムコンプリートカーは339万円からご購入頂けます!<KUHL片岡より>

2021.09.04

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

KUHLにも新型BRZが納車され、早速カスタマイズをしてサーキット走行を行いました。

その模様についてはYouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」をぜひ見て下さいね。

 

カスタム済み旧型86と新型BRZをサーキットに持ち込んで、グリップ走行対決を行っています。

新型BRZをサーキットで走らせてみた感想ですが・・・「旧型とは全く別物と言って良いほど進化していた!」・・・という印象で、正直驚かされました。

新型になって大きく変わったポイントは、排気量が2000CCから2400CCにアップしている点ですが、プラットフォームが同じということで、サスペンションなどの基本構造も同じですので、それほど劇的な進化は難しいのではないか・・・と思っていました。

しかしながら・・・サーキット走行の結果、とんでもなく速くなっていて、なおかつ乗りやすい車となっています。

排気量は400CCしかアップしていないのに、トルクとパワーが驚くほどアップしていて、速さを大いに実感して頂けます。

しかしながら、排気量がアップしたことによってハンドリング・回答性が悪化しないか・・・という不安もあるかと思いますが、ハンドリング・回答性・ボディ剛性・安定感の全てで大幅に進化しています。

個人的には、旧モデルのハンドリングも非常に好きで、乗っていて非常に楽しい車だったのですが、弱点もありました・・。

旧モデルは、マイカーとして6年乗らせて頂き、サーキットでのドリフト走行、ターボやスーパーチャージャー仕様など、さまざまなカスタム・チューニングをさせて頂いたのですが・・個人的に思う走りの面での弱点は(あくあまでもワタクシ個人の主観です)・・①エンジンのパワー&トルク不足 ②ハンドリングが意外にピーキーな側面がある(特に限界を超えたところで)・・といったところです。

しかしながら新型BRZではこの弱点が、全て克服されている感じがしました。

久しぶりにストレスなく、サーキット走行・スポーツ走行を本気で楽しめるFRスポーツカーが出たな!という感じで、本当に嬉しい気持ちになりました。

 

**ちなみに今回のサーキット走行では、フルノーマル状態でのドリフトも行っています。この模様につきましてはYouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」にて近日公開されますので、新型BRZがドリフト向きかどうかも楽しみにしていてくださいね**

 

これだけのポテンシャルを持ったスポーツカーが、BRZでは308万円から購入出来るということで、本当に有難いですよね!

KUHLでも、この新型BRZと新型86を徹底的にカスタムして楽しみたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

 


 

というわけで、大きく進化した新型BRZですが、新型86はどうなのか? 発売時期は? 価格や装備品は? といった、新型86へのお問合せも非常に多く頂いております。

そこで本日は、新型GR86の最新情報についてご紹介をさせて頂きたいと思います。

<新型GR86の最新情報>

**現段階での有力な情報をまとめていますので正確ではない情報も含まれている可能性もありますのでご了承下さい**

① 発売時期について ➡ 正式発売は10月末とのことですが、実は9月2日より予約受注の受付がスタートしています。

② グレードや価格・装備品について ➡ 公表されてはいませんが各販売店で、ほぼ正確なスペックが把握されているようです

③ 納期について ➡ 先行オーダーの方で来年早々との噂ですが正確ではありません・・。一部年内にも届くのではないかという噂もございます。

 

それでは現段階での有力な情報をまとめたグレードや装備品の詳細について簡単にご紹介をさせて頂きたいと思います。

**正確な情報の公表は正式発表まで待って下さいね**

<新型GR86予想スペック>

① グレード ➡ ・RZ(6MT・6AT) ・SZ(6MT・6AT) ・RC(6MT)

② 価格 ➡  ・RZ(6MT)335万円くらい ・SZ(6MT)303万円くらい ・RC(6MT)279万円くらい

**6ATはそれぞれ16万円ほどアップ**

③ 装備品などについて ➡ 今回の新型86のなかで注目グレードは「RC」グレードではないかと思います!

旧型86での「RC」グレードというと、完全に競技ベース車両ということで、エアコン無し!という本気?グレードでした・・。そしてベーシックグレードの「G」では、スマートキー無し・マニュアルエアコン・オートライト無し・ウレタンステアリング・・など装備品がかなり割愛されていました・・。

しかしながら、今回の「RC」グレードは、スマートキー・オートエアコン・LEDヘッドライト・LEDテールレンズ・オートライト・本革巻きステアリングなどの豪華装備が全グレード標準装備となっているようです・・。

そしてそして全グレードでトルセンLSDが標準装備ともなっているみたいです・・。

ちなみに旧型86の「G」グレード価格が267万円(税込)に対して、今回噂されている「RC」グレードの価格が279万円(税込)となっていますので、装備品の充実や進化度合を考えると、実質的に大幅な価格ダウンと言えるのではないでしょうか!

 

最近の傾向として、新車の価格が大幅に高くなっている中で、この価格設定というのは本当に驚きですし、有難いことですよね!

KUHLで新車をご購入頂くお客様は、カスタムをされる方がほとんどですので、6MTをご希望される方には「RC」グレードがおススメとなりそうです・・。

アルミホイールやシートを変更される方にとっては、18インチホイールや本革シートは必要ないですもんね・・。

 


 

というわけで、KUHLでも新型86の新車コンプリートカー価格も、かなり頑張った価格設定とさせて頂きたいと思います。

RCグレードで、フルエアロ・19インチホイール・車高調・ナビ・フロアマットなどを装着して、339万円(税込)での新車コンプリートカー価格設定を予定しています!

新型86の詳細な事前情報や、コンプリートカーの詳細につきましては、KUHLRACING各店舗にお問合せ頂ければ、お答ええさせて頂く事が可能です。

ぜひともこの機会に、新型86&BRZのご購入をご検討いただけると嬉しいです。

 

それでは次回、新型86の開発予定エアロパーツのご紹介と、コンプリートカー価格の詳細についてご紹介させて頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 

記事一覧へ戻る