CAR PURCHASE

  • CATEGORIES:クルマ購入

    こんなにお得なの?中古車ベースのコンプリートカー ヴェルファイア編

    いま世界的な半導体不足だったり、コロナの影響だっだりで、新車の納期が非常に長くかかっています。車は生活する上で必需品となっている方が多いですよね?

    KUHLは新車ベースのカスタムコンプリートカーが8割~9割を占めるほど人気ですが、現在新車の納期が長くかかってしまう車が増えています。場合によっては出来るだけ短期間で車が必要で、新車を3ヶ月から半年も待てない方も多いと思います。そういった方には、短期間で納車できる中古車がおすすめです!

    今回のメインにしているヴェルファイアに関しては、現在1グレードしか新車で買えません。「ゴールデンアイズⅡ」という特別仕様車のみになっています。本来であれば、更にグレードが上の「Z Gエディション」やベーシックグレードの「Z」を選ぶことができますが、新車が買えない状況となっています。

    それならばと、今回は中古車をご用意しました。もちろん普通の中古車ではなく、KUHLオリジナルのコンプリートーカーです。

    2022.2.26

  • PAGE 1

    中古車でカスタムする2つのメリット

    1 納期
    現物が飾ってあるので、当然納期は早いです。

    2 価格 
    最大のメリットであるかもしれませんが、大変お得に購入することができます。例えば、今新車で買える「ゴールデンアイズⅡ」ですが、ノーマルの車両本体価格が424万円です。それに対してKUHLでフルカスタムしたコンプリートカーは499万円のお値段になります。

    さらに、「ゴールデンアイズⅡ」よりグレードが上の「Z Gエディション」ノーマルの新車価格が468万円のお車が中古車になると、走行距離3万キロ以内で459万円からコンプリートカーを製作できます。

    つまり、お値段が安くなりつつ、「コールデンアイズⅡ」よりグレードが上の「Z
    Gエディション」のコンプリートカーに乗ることができます。

    PAGE 2

    中古車カスタムカーを購入する2つのパターン

    中古車カスタムカーを購入する方法として2つのパターンがございます。

    パターン1
    程度のいいフルノーマルの車を仕入れてきて、そこにエアロや車高調、エアサス、ホイール、ナビゲーションなどの「新品パーツ」を組んでコンプリートカーとして販売するパターン。この場合は、装着するカスタムパーツを予算に合わせて自由に選べます。

    エアロであれば、現在はヴェルファイアのエアロで4種類選択できます。ホイールはお好みに合わせてワンピースホイールだったりツーピースホイールだったりが選べます。つまり、自分好みにカスタムできるという訳です。さらに、部品は全て新品ですので、中古車にありがちな飛び石などの傷はありません。新品の状態で気持ちよくお乗り頂けます。

    Zグレードで車の程度によって若干値段は上下しますが、KRUISEの新品エアロにエアサスペンションを組んで500万円前後と大変お得に購入することができます。

    フルノーマル車をベースに、KUHLの新エアロブランド「KRUISE」から出た最新のエアロパーツとホイールをカスタム

    リア周りもサイドディフューザーに4本出しの車検対応マフラー、上と下2つのセンターディフューザーと最新の装備です

    パターン2
    乗り換えによりKUHLで作成した新車コンプリートカーを下取りに出し、それを販売するパターン。基本的にこういったカスタムカーは比較的丁寧にお乗りになる方が多いので、粗く扱われた車両というのは非常に少ないです。ただ、多少の使用感はどうしてもあります。

    特に部品交換などをしていなければ、新車から3年間使われています。エアロに小傷があったり、場合によってはホイールにガリ傷があったりする可能性もあります。

    3年感使用になった下取り車で付いてるパーツは全て中古品

    状態のいい中古車が多いが、車両によってはエアロやホイールに多少のすり傷がある場合がある

    ではそういったコンプリートカーを買うメリットは何なのか?1番は価格が安い事です!当社のコンプリートカーは下取り価格が非常にいいお値段になります。ですが、店頭価格では良心的にお安い価格で提示しております。

    それにもう一つ大きなメリットがあります。前オーナー様が使われていた事により、色々な装備がついていることが多いです。

    例えば、アルパイン製の11インチナビであったり、ドライブレコーダーやサンルーフ、後部座席のフィリップダウンモニターなど

    エアロはKUHLブランドの中でもシンプルなRSシリーズ。横にはサイドディフューザーがついて、リアは吊り下げ式のフローティングディフューザーとなっている

    ベースグレードはZのGエディションで価格が469万円。もし新車で購入する場合は車両本体価格だけで543万円+オプション代になります。パターン1で紹介したエアーサスペンションを装備したZグレードより、グレードは上ではるかに安く購入できます。

    PAGE 3

    さらにカスタムされたい方へ

    販売されているコンプリートカスタムカーを更に自分好みにカスタマイズする事も可能です。例えばフルエアロはついているけど、グリルのみ変更したい!といったご要望にも対応できます。

    さらにホイールについては、中古車を購入された方限定で下取り制度も準備しています。最新のホイールやツーピースホイールが装備されているが、ワンピースホイールに変更などのご要望にも、下取りを活用してお得な値段で対応出来ますので、ぜひご相談下さい。

    ホイールは左:ワンピースホイールや右:ツーピースホイールなど様々な種類がラインナップされている

    PAGE 4

    どこで車の情報を仕入れるのか?

    当社のホームページを見て頂くと、ページの中央部あたりに「デモカー・カスタムコンプリート特選車」のコーナーがございます。

    車種を選択すると、商品車の画像が表示されます。その中に商品車の詳しい画像、装備品一覧を掲載しておりますので、ぜひご参考にして下さい。

    またKUHLでは全国に5店舗の販売店がございますので、中古車情報の「Goonet」にも掲載しておりますし、店舗のブログでご紹介することもあります。早い者勝ちとなりますので、気になる車を見つけた時は、早めのご検討がオススメですね。

    特選車は車両の状態がよくエアロやオプションパーツが最初から装備されているので人気が高いです

    PAGE 5

    中古車の値段の落ち幅ってどうなの?

    新車から3年落ちの車ってそこまで寝落ちしないけど、中古車のリセールってどうなのかは、気になるところです。

    実は中古車って思ったより値段が落ちないんです。同じ車種で平成30年式と令和元年式を比べた時に、10万円くらいしか値段の差がありません。あまり知られていませんが、中古車こそ短いスパンで乗り換えがお得なんです。
     
    クールで中古車を購入されるメリットとして、120回までのオートローンがご利用できます。ご自身に合った支払い回数を選択して、無理のない範囲でご購入することができます。

    また、KUHLは全国に5店舗展開しておりますが、店頭に出向いての実車確認が難しい方もいらっしゃると思います。

    そういった方向けに、ZOOMやLINEを活用したオンライン商談も可能です。LINEであれば、ライブカメラを使って、お車の気になるところや見たい部分をリアルタイムで確認できます。

    遠方にお住まいの方も、安心して商談ができる体制を整えておりますので、ぜひお問い合わせお待ちしております。

    今回は、中古カスタムカーの買い方を解説してきました。最後までお読み頂
    き、ありがとうございました。

  • RECOMMEND

カート

ご利用ガイド

お問い合わせ