MENU

KUHL Fam!

2021-8-4

GRヤリス・エアロパーツ完成間近(後編)!GRヤリスKRUISE by KUHLRACINGエアロパーツ・フロント・サイド・リアスポイラー・リアウイングなどアイテム多数!お得なGRヤリス新車コンプリートカーも販売中<KUHL片岡より> 

タグ: GRヤリス

引き続き、GRヤリスエアロパーツ「KRUISE by KUHLRACING KR-GRYRR」のご紹介をさせて頂きます。
 
リアアンダーのエアロパーツは、下記パターンなど6パターン以上から選択して頂く事が可能です
<KRUISE by KUHLRACING KR-GRYRR リアエアロパターン例>
① リアハーフスポイラーのみ
② リアハーフスポイラー + リアサイドディフューザー
③ リアハーフスポイラー + リアセンターディフューザー(2枚フィン有)
➃ リアハーフスポイラー + リアセンターディフューザー(フィン無)
⑤ リアハーフスポイラー + リアセンターディフューザー(2枚フィン有)+  リアサイドディフューザー
⑥ リアハーフスポイラー + リアセンターディフューザー(フィン無)+  リアサイドディフューザー
 
それでは順番にスタイルの確認をしたいと思います
① リアハーフスポイラーのみ👇

ご覧のように、リアハーフスポイラーのみの装着でも問題ないかと思います
 
② リアハーフスポイラー + リアサイドディフューザー👇


写真では分かりずらいかもしれないですが、ハーフスポイラー下部の両端に、サイドフィン付きのディフューザーが追加された状態です。
リアバンパー下部両端に、厚みが増して迫力が出てきたのではないかと思います。
 
⑤ リアハーフスポイラー + リアセンターディフューザー(2枚フィン有)+  リアサイドディフューザー👇


そしてこの仕様が全てのアイテムが装着された状態となります。
ハーフスポイラー下部センター部分に、大きめのセンターディフューザーが装着されています。
今回のセンターディフューザーはNEWデザインとなり、通常のフローティング(吊り下げ)タイプではないのですが、スポーティさと迫力を感じさせるようなデザインに仕上げてみました。
こちらはディフューザーのセンターに2枚の非常に薄いフィンが装着されている、センターフィン2枚仕様です。
 

センターフィンは別体にて成型させて頂きましたので、オーダー時にセンターフィンの有無を選択して頂く事も可能です。
センターフィン無しの仕様であっても、マフラータイコがしっかり見えて、迫力あるスタイリングになるかと思いますので、お好みで選択して頂ければと思います。
 

GRヤリスはリアオーバーハングが非常に短いため、リアに立体感を持たせたデザインに仕上げることが非常に難しいです・・・。
しかしながら、このディフューザーデザインとしたことや、フィンの前方をマフラータイコ下部まで大きく延長させたことで、奥行きと立体感を感じさせるデザインに仕上がったのではないかと思っています。
シンプルテイストのKRUISEブランドからのリリースということですので、後方延長も最低限に設定しておりますので、リアアンダーディフューザーがボディから突起した感じは無いと思います。
 
**こちらの車両は純正マフラー仕様となっていますが、この後、2本出し&4本出しマフラーの開発を行いたいと思っています。2本出しは116パイ、4本出しは90パイのテールエンドを想定していますので、楽しみにしていてください**
 
というわけで、リアアンダーエアロのスタイルのご紹介をさせて頂いたのですが、下記3パターンは写真撮影が出来なかったので、デモカー完成の際に詳しくご紹介させて頂ければと思います
③ リアハーフスポイラー + リアセンターディフューザー(2枚フィン有)
➃ リアハーフスポイラー + リアセンターディフューザー(フィン無)
⑥ リアハーフスポイラー + リアセンターディフューザー(フィン無)+  リアサイドディフューザー
 


 
それでは次に、「ルーフエンドウイング」「リアゲートウイング」のご紹介をさせて頂きたいと思います。
今回、ウイング関係もすべてNEWデザインにて仕上げてみました。


ルーフエンドウイングのみ、まだマスター型を製作中ですが、このように、左右とセンターで固定し、空洞化されたデザインにしてみました。
空洞化されているのも特徴的かと思いますが、後方&上方へと大きく反り上げることにより、迫力アップを狙っています。
ウイングの意匠面も複雑に重なり合ったり、プレスラインを多数入れましたので、少し複雑な形状になっていますので、製品完成を楽しみにしていてください。
 

リアゲート中段に装着する「リアゲートウイング」は製品完成しております。
こちらもNEWデザインとなっていますが、サイドを長く延長し、テールレンズ上部にまで延長しています。
こちらも後方&上方へと延長し、迫力アップを狙ってデザインしてみました。
 


 
GRヤリス用エアロパーツは、このように完成間近のところまで来ました。
デモカーはパールと黒の2台を製作予定です。
まずはパールホワイトのデモカーがお盆前にお披露目出来るのではないかと思いますので、楽しみにしていて下さい。
GRヤリスは新車コンプリートカーも予約販売受付中ですので、ご興味のある方は、ぜひともKUHLRACING各店舗までお問合せ下さい。
それではGRヤリス「KRUISE by KUHLRACINGエアロパーツをよろしくお願いいたします。 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ