MENU

KUHL Fam!

2020-12-10

「KRUISE by KUHLRACING」 アルファード&ヴェルファイア・エアロパーツ開発情報!ヴェルファイア用フロント・サイド・リアエアロ完成!VERZ-RACING鍛造1ピースホイール仮装着!アルファード&ヴェルファイア新車コンプリートカーも販売中!<KUHL片岡より>

タグ: エアロヴェルファイア

藤井寺エアロ工場(KUHL DESIGN STUDIO)にて開発中の、「KRUISE by KUHLRACING」アルファード&ヴェルファイア用のエアロパーツですが、ヴェルファイア用エアロパーツ「KR-30VRR」の、フロント・サイド・リアエアロパーツが製品完成しましたので、早速ご紹介させて頂きます。
まだ塗装前ですので、デザインが分かりにくいかと思いますが、こんな感じで完成いたしました👇

 

 

 
今回完成しました製品は下記の通りです👇
① フロントディフューザー
② サイドステップディフューザー
③ リアサイドディフューザー
④ リアセンターフローティングディフューザー
 
**装着されているボンネットは、少し前に新開発させた頂きました「レーシングボンネットVer3」です**
**装着されているフロントグリルは従来品ですので、今回新開発させて頂いておりますグリルとは違います**
 

👆 「KRUISE by KUHLRACING」ブランドからのリリースということで、ノーマル車高や適度なローダウン車でも、違和感なく溶け込むスタイリングを目指してデザインしております・・・が、エアサスでローダウンさせて頂くと、このような感じになります!
というわけで、今回のエアロパーツを装着したデモカーは、車高調による適度なローダウン仕様と、エアサスによる過激なローダウン仕様の2パターンにて製作したいと思いますので、楽しみにしていてください。
 

👆 純正バンパー下部のディフューザーは、厚み10㎜の薄型設定となっており、従来品よりも前方への延長も抑えておりますので、ノーマル車高でも違和感なく装着して頂けるのではないかと思います。
 

👆 サイドディフューザーも、厚み10㎜の薄型ディフューザーとなっており、前方・後方とも少し張り出しを持たせて、アクセントを入れています。
 
ヴェルファイア用エアロパーツは、この他にも、下記アイテムを開発中です👇
① フロントグリルTYPEⅡ
② フロントバンパーコーナーカバー
③ リアウイング
④ 4本出しマフラー用マフラーカバーガーニッシュ
 
③・④のアイテムと、リア回りの詳細につきましては、アルファードと共通となりますので、次回、アルファードの開発情報で詳しくご紹介させて頂きます。
 
①のヴェルファイア用フロントグリルは、マスターモデルの開発が最終段階に近づいています👇

👆 写真では従来品との違いが分かりずらいかもしれないですが、装着してみると、細部に渡ってかなり変更を加えておりますので、楽しみにして頂ければと思います!
 
そして②のフロントバンパーコーナーカバーは、このように開発進行中です👇

 

👆 純正バンパー左右のカバーを交換して装着するアイテムとなります。
純正イメージを崩すことなく、お手軽にフェイスイメージをチェンジしたいと考え、開発させて頂いております。
純正バンパーよりも、フィンを少なく設定し、奥行きを大きく取っていることが特徴です。
メッキ部分は全て無くしてしまう予定で、スポーティなヴェルファイアを狙っていきたいと考えています!
 


 
そしてそして、今回のヴェルファイア開発用デモカー紹介の中で注目して頂きたいのは・・・こちらも新作・・・「VERZ-RACING VRF01」鍛造1ピースホイールのインストールです👇

 

👆 今回装着させて頂きましたホイールサイズは、前後とも20インチ10J+30となります。
ご覧のように、かなり深いコンケーブ(断面ライン)が付いていますので、かなり迫力が出ているのではないでしょうか!

👆 このコンケーブラインで「コンケーブⅢA」ディスクとなりますので、ちょうど真ん中当たりのコンケーブラインなんです!
「VERZ-RACING」ブランドホイール「VRF01」は、「コンケーブⅢ」「コンケーブⅣ」という、さらに過激なコンケーブラインのサイズ設定もありますので、1ピースホイールでありながらもサスペンションのセッティングに応じて、ホイールのJ数・インセットサイズを選択して頂けるマニアックな??コダワリのホイールとしてデビューいたします!
 
「VERZ-RACING」ブランドホイールは、鍛造&鋳造の2種類から選択して頂けるのですが、鍛造ホイールは20インチ&21インチという大口径ホイールながらも、非常に軽量化しております!
過激なコンケーブラインによるデザイン性と、軽量化というスポーティ性も兼ね備えたホイールとなっております。
GT-Rなどのスポーツカーはもちろんのこと、アルファード&ヴェルファイア、ハリアーなどのミニバン・SUV車にも似合うようなスポーツ・レーシングホイールの、カテゴリーを開拓したいという狙いで開発を行っております。
 
来年1月に開催されます「東京オートサロン2021」では、「VERZ-RACING」ブランドホイールのお披露目を行いたいと思っていますので、またご報告させて頂きます!
 


 
というわけで、今回完成しましたヴェルファイア用エアロパーツ「KRUISE by KUHLRACING KR-30VRR」は、これから塗装を施し、フロントグリル・バンパーカバーが間に合えば、フルキットを装着したデモカー撮影を、年末までには行いたいと思います!
新車コンプリートカーのラインナップ追加も、もちろん行わせて頂きますので、選択肢の一つに加えて頂けると嬉しいです!
 
次回は、アルファード用新作エアロ「KRUISE by KUHLRACING KR-30ARR」の開発状況報告をさせて頂きます・・・アルファード編に続く・・・
 
 
 
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ