MENU

KUHL Fam!

2020-12-6

「KUHLRACING」新型6型ハイエース用エアロパーツ200V-RSデモカー撮影完了しました(後編)!薄型フラップディフューザータイプエアロ!車検対応マフラー!セーフティセンス対応グリル!新型ハイエース新車コンプリートカーも好評販売中!<KUHL片岡より>

タグ: エアロコンプリートカーハイエース

それでは引き続き、ハイエースのサスペンション構造について、少し触れさせて頂きます!
前回はフロントのサスペンション構造についてご紹介をさせて頂きましたが、リアサスペンションの構造についてご紹介させて頂きます。
 
ハイエースのリアサスペンションは「リーフスプリング形状」となります。
リーフスプリング(板バネ)により衝撃吸収、姿勢キープを行っております。
ハイエースは貨物車両であったり、乗車定員の多い車両ですので、車両後部に重量が集中します。
通常のコイルスプリングですと、この重い重量を支え切れない場合がありますので、トラックと同じくリーフスプリングが使用されています。

 
👆 リーフスプリング車をローダウンさせる手法といたしましては、ご覧の様に、ホーシング(アクスルキャリア)とリーフスプリングの間に、ブロックを挟み込ませる事が主流となります。
 

👆 こちらは「Genb」さんのローダウンブロックキットとなります。
このブロックの厚みの分だけ、ローダウンが可能になりますので、「Genb」さんの場合ですと、1インチ~4インチまで0.5インチ刻みで選択・調整することが可能となっています。
**ブロックキットによるローダウンの場合は、40㎜以上のローダウンに関しては構造変更が必要となります**
 
そしてハイエースのローダウンで必須となるアイテムが、フロントと同じく薄型バンプストッパーです👇

👆 ハイエースの場合、ホーシング(アクスルキャリア)とボディとの間に、バンプストップが取付されています。
このバンプストップは、走行バンプ時に、ボディとホーシング(アクスルキャリア)が直接干渉してボディが損傷しない様に、ホーシング(アクスルキャリア)をバンプストッパーに接触させることで、ボディへの直接干渉を避ける役割を担っています。
このバンプストッパーが純正の場合、このように非常に分厚いものが付いています👇

👆 したがってローダウンさせることにより、ホーシングとバンプストッパーとの距離が近くなりすぎるため、純正のバンプストッパーのままですと、走行バンプ時に強烈な衝撃を受けることになり、とても乗っている事が出来なくなります。
そこで、このバンプストッパーを薄型に変更し、突き上げを解消させる必要があるというわけです。

👆 リアのバンプストッパーもKUHLでは「Genb」さんの商品をおススメさせて頂いております。
ハイエース200系がデビューした当時は、リアバンプストッパーは出来る限り薄く設定して、出来る限り干渉を防ぐという商品が多かったのですが、「Genb」さんの場合は、積極的にバンプタッチさせることにより、ストローク量を調整し、姿勢変化を少なくするという考えで、当時としては、厚みが大きいバンプストッパーでした・・・。
しかしながら、このバンプストッパーの素材を研究することで、表面は柔らかく、中身は硬度を確保するという2重構造により、衝撃を柔らかく吸収しつつストローク量を制限するという画期的な商品となっています。
発売当時に初めて装着して走行した時には、その良さに驚かされた商品だったのを覚えています!
というわけで、KUHLやKITZ-RACINGのハイエースコンプリートカーには全て、この「Genb」さんのサスペンションキットを装着させて頂いております~。
 
そして今回のデモカーには、さらに「HKS」さんと「Genb」さんのコラボ??商品でありますショックアブソーバー「ハイパフォーマンスダンパーPRO」を装着いたしました👇

👆 こちらは全長調整式ダンパーとなっていますのでローダウン量に合わせて、シリンダーケースの短縮化が可能となります。
減衰力も10段で調整可能ですので、お好みのサスペンションセッティングが可能となります。
ちなみにこのダンパーを装着したKUHLデモカーを、公道や高速道路で実際に走らせてみたインプレッションも行いたいと思いますので、YouTubeチャンネル「KUHLRacing TV」でも取り上げさせて頂ければと思います。
このダンパーを装着することにより、非常に乗り心地の良いハイエースに仕上がりますので、ハイエースの乗り心地に悩んでいる方は、お気軽にKUHL各店舗までお問合せ下さい!
**「KUHLRACING大阪店」には、試乗して頂けるデモカーハイエースがございますので、お気軽に試乗に来ていただければと思います!!**
 


 

👆 そしてデモカーに装着させて頂きましたホイールとタイヤは下記になります!
ホイール ➡ 「RAYS VOLK-RACING TE37SB ツアラー」 17 インチ6.5J+38
タイヤ ➡ 「FALKEN W11」ホワイトレタータイヤ 215/60R17C(Cタイヤはヨーロッパのバン規格です)
RAYSさんの鍛造ホイールを装着させて頂きましたが、驚くほど軽量化され、また車検対応サイズながらもコンケーブデザインがカッコいいホイールですよね。
またタイヤは、FALKENさんから新しくリリースされましたLT規格(バン規格)対応ながらも、ホワイトレターによりドレスパップ要素も兼ね備えたW11タイヤを装着させて頂きました!
この組み合わせはなかなか良いのではないでしょうか!
というわけで、KUHLのハイエース新車コンプリートカーは、このホイール&タイヤの組み合わせを基本とさせて頂きました!
 


 
それでは「200V-RS」エアロパーツのご紹介に戻ります。

👆 リア回りのアイテムとして、3分割タイプのアンダーディフューザーと、1本出しマフラーを開発いたしました。

👆 純正バンパー下部に簡単装着出来るリアディフューザーは、「リアサイドディフューザー」と、「リアセンターフローティングディフューザー」の2アイテムに分かれてオーダー可能です。
したがって、リアサイドだけ装着してもOKですし、リアセンターのみ装着して頂いてもOKですので、お好みで選択して頂ければと思います!
 

👆 センターフローティングディフューザーは、フローティング(吊り下げ式)タイプとなりますので、空洞化されています。
後方へ延長しながら、上方へと反り上げて、シンプルながらもインパクトのあるデザインを狙ってみました。
 

👆 写真でバンパーとの間に空洞が出来ているのが分かるかと思います。
また、バンパーサイドにはサイドディフューザーを装着しています。
「リアサイドディフューザー」は、純正バンパー比20㎜ダウンにとどめておりますので、ローダウン車でも十分な地上高が確保できます。
 

👆 マフラーはKUHLでは珍しい、1本出しマフラーを開発させて頂きました。
テールエンドはスライド式になっていますので、出幅調整が可能です。
**KUHLではすでにハイエース4本出しマフラーの設定もございます。専用バンパーエアロを装着することにより、4本出しマフラーをインストールすることも可能ですので、ぜひご検討下さい**
 


 
というわけで、新型ハイエース用エアロパーツ「200V-RS」シリーズは、このように完成いたしました!
今回ご紹介させていただましたデモカーの仕様にて、新車コンプリートカーとしての販売も好評受付中です!
カスタム済みのハイエース新車を、お得な価格でご購入頂ける様に価格設定させて頂いておりますので、ぜひともご検討頂けると嬉しいです。


 
<6型ハイエース・ナロー(標準)ボディ 新車コンプリートカーの詳細と販売価格>
【 装着オプションパーツ合計 ¥1,443,386(税込・塗装取付工賃込み)】
【 装着オプションパーツ 】
① KUHLRACINGエアロパーツ200V-RS(フロントディフューザー・サイドステップ・リアサイドディフューザー・レーシングボンネット・フロントグリル)5点セット(1トーン塗装済み)
② GENB 2インチローダウンブロック+バンプセット
③ RAYS TE37SB 17インチホイール
④ FALKEN 17インチホワイトレタータイヤ
⑤ KUHLオリジナルフロアマット
⑥ KITZ-RACINGオリジナルベッドキット
⑦ トヨタMOP:パールホワイトカラー
**リアセンターフローティングディフューザーは別オプションとなります。バンパー両サイドに装着するリアサイドアンダーディフューザーは価格に含まれます。
 
【 新車コンプリート価格 】
① ハイエース標準ボディ スーパーGL ガソリン2WDの場合
新車コンプリート価格  パールホワイトカラー ⇒ ¥3,590,000(税込)
② ハイエース標準ボディ スーパーGL ディーゼル2WDの場合
新車コンプリート価格  パールホワイトカラー ⇒ ¥4,170,000(税込)
 
**トヨタセーフティセンスパッケージレス仕様が標準となります。セーフティセンスパッケージ追加の場合、77000円アップとなります。
**ダークプライムⅡへの変更や、メーカーオプション追加、ボディカラー変更ももちろん可能です!
 
**KUHL・WEBサイトには、WEBサイト上にて簡単にコンプリートカーのお見積りをして頂ける「コンプリートカー見積りシミュレーション」機能がございます。
ご検討して頂いておりますコンプリートカーを選択して頂き、「見積りシミュレーションはこちら」をクリックして頂きますと、ご希望のグレードやオプションパーツを選択して頂いたコンプリートカーのお見積りを、簡単にシミュレーションして頂くことが可能です。
 
**KUHLの各店舗では、商談をご希望のお客様に、来店予約システムをご利用いただけます。
KUHLのWEBサイトより、ご都合の良い日時に、クリック一つで来店商談予約をして頂くことが可能です。
また、ご来店が難しいお客様には、ZOOMを使用したオンライン商談も、WEBサイトよりワンクリックにてご予約可能です。
オンライン商談は21時まで受け付けを行っておりますので、お気軽にご利用下さい。
それでは皆様のお問合せ・ご来店を心からお待ちしております。 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ