KUHL Fam!

2024-2-6

40ヴェルファイア&アルファード用エアロパーツ開発中!フロント・サイド・リアエアロにプラスしてスポーティなボンネット・ボンネットトップ・リアウイングを追加開発!

タグ: アルファードヴェルファイア

本日は「KUHL&KRUISEエアロパーツ開発速報‼」をお届けします。

ご紹介させて頂くおクルマは・・・40ヴェルファイア&アルファードとなります。

【40VELLFIRE KRUISE KR-40VRR】

【40ALPHARD KRUISE KR-40ARR】

東京オートサロン2024でお披露目させて頂きました薄型ディフューザータイプエアロにプラスして「レーシングボンネット」「ボンネットスポイラーTYPEⅡ」「リアウイング」を絶賛開発中です。

40ヴェルファイア&アルファード用「レーシングボンネット」「ボンネットスポイラー」造型中!大阪オートメッセ2024でお披露目。

まずはレーシングボンネットとボンネットスポイラーの開発速報です。

KUHLアルヴェル‼と言えば・・・スポーティな「ボンネット」が特徴だと思いますので、40アルヴェルでももちろん開発させて頂きました。

全体的にボンネットを純正よりも盛り上げて、特に左右に膨らみを持たせることで、立体感のあるフロントフェイスへの変身を狙っています。

フロントガラス側の方で、センター部分で10㎜、両端で最大30㎜ほどかさ上げすることで、横からのボディラインに傾斜角を設ける事でスポーティなデザインへと変更しています。

またワイパーが干渉しないギリギリまで後方延長をかけていますので、ノーマルよりもボンネットが長くなったイメージが出ているのではないかと思います。

 

そして「ボンネットスポイラーTYPEⅡ」も開発しています。

「TYPEⅠ」よりも前方延長を大きくし、バッドフェイス感をより高めています。

開発車両はヴェルファイアとなっていますが、アルファードでも装着可能となります。

純正グリルではエンブレム上部が少し隠れるほど延長しています。

そしてヴェルファイアは、オートサロンでお披露目させて頂いた「マークレスフロントグリル」と合わせて装着することで、良い一層スポーティ感がUPできるのではないかと思います。

この「レーシングボンネット」「ボンネットスポイラーTYPEⅡ」は、「大阪オートメッセ2024」にて、40ヴェルファイアに装着して出展させて頂く予定ですので楽しみにしていてください。

 

40ヴェルファイア&アルファード用リアウイングも開発中。

そして同時並行で「リアウイング」も開発中です。

こちらはクレイ(粘土)によるモデリング(造型)を行っているところです。

ボディ下部にエアロを装着した場合、どうしてもノーマルボディ後方のボリュームUPが欲しくなるかと思います。

そこで、ボディ後方のボリュームUPとスポーティ性のUPを狙って、貼り付けタイプの「リアウイング」を開発しています。

純正ウイングの両端が高くデザインされているのが40アルヴェルの特徴だと思いますが、その純正ウイングのラインをベースに両端のボリュームUPはもちろんの事、センター部分までボリュームUPさせたウイングとなっています。

また、40アルヴェルはリアバンパーがリアゲートに比べてかなり後方まで延長されているのも特徴だと思います。

そこでリアウイングも後方へ少し延長をかけることで、ボディ下部とのバランス調整も狙っています。

今回はウイング両サイドの横面には被せないシンプルなウイング形状としていますので「さりげなく主張するリアウイング」というイメージで装着できるのではないかと思います。

 

というわけで、40アルヴェル用エアロパーツは、この後、次々とNEWアイテムをリリースしていく予定ですので、楽しみにしていてください。

まずは「大阪オートメッセ2024」での40ヴェルファイアの進化スタイルでのお披露目をさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。

 

2月10日(土)~12日(月)・インテックス大阪にて「大阪オートメッセ2024」開催。KUHL&VRARVAブースには合計10台のデモカーを出展。お得な大商談会も開催。

「大阪オートメッセ2024」では、KUHL&VRARVA合計10台の出展を予定していますので楽しみにお待ちください。

出展車両の詳細につきましては下記を参照してください⇩

大阪オートメッセ2024出展車両の詳細はこちらをタップ➡➡➡ 

 

大阪オートメッセでは「40ヴェルファイア」の進化スタイルデモカー、「N-BOXカスタム」デモカーのデビューも予定していますので楽しみにしていてください。

そしてそしてイベント恒例のお得な特典タップリの「大商談会」ももちろん開催させて頂きますので、この機会にぜひともご購入を検討いただけると嬉しいです‼

 

それでは次は「大阪オートメッセ2024」で皆様にお会いできるのを楽しみにしていますので、ぜひともKUHL&VRARVAブースまでお越しください。

 

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • デリカD:5ベースのまったく新しいコンプリートカーが完成しました<
  • ハスラーをフルカスタムしたコンプリートカーが完成しました|KUHL VRARVA HUSTLER<
  • 新型GT-Rは車高調とロベルタカップを使ってローダウンしたら最高でした|KUHL Racing NISSAN R35 GT-R<
  • デリカD:5を4インチのボディリフトさせる方法をお見せします<
  • GT-Rの2024年モデルのバンパーを2020年モデルに装着してみました<
  • GT-Rの2024年モデルが入庫されたので2020年モデルと比べてみました<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ