KUHL Fam!

開発情報

2023-11-23

【KUHLエアロパーツ開発速報!】60プリウス用エアロパーツ完成!純正エアロ同様のABS製ハーフタイプエアロ!ノーマル車高でも似合うエアロパーツがコンセプト!

タグ: プリウス

本日は【KUHLエアロパーツ開発速報!】をお届けします。

その車種は・・・「60プリウス」です。

先ほど最終フィッティングが完了したばかりの<HOT⁉情報>となります。

 

KUHLが発売する60プリウス用エアロパーツ第一弾は「KRUISE」ブランドからのリリースしている薄型ディフューザータイプ「KRUISE KR-60PRR」となります⇩

60プリウスは新車納期も縮まって来ましたし、KUHLでは即納をご希望の方には、即納未使用車もご用意出来るという事で、非常に人気のおクルマとなっています。

またスタイルも非常にカッコいいというのが人気の秘密かと思います。

 

このように大人気の60プリウスに対してさらに力を入れて行こうという事で、KUHLでは早くも⁉エアロパーツの第2弾をリリースさせて頂く事となりました。

その60プリウス用エアロパーツ第2弾は・・・純正エアロパーツと同じ素材・ABS製のハーフエアロとなります。

60プリウス用エアロパーツ第2弾は純正エアロと同じABS製ハーフエアロ。

バンパー下部やサイドステップに被せて装着するハーフタイプエアロということで、フィッティングに向いている真空成型のABSエアロパーツとなります。

もちろんKUHLの自社製造エアロパーツとなり、このバカでかい真空成型機にて量産を行います⇩

エアロ名称はKUHLコーポレートブランドからのリリースとなる「60PRIUS KUHL STYLE KIT」となります。

 

この「STYLE KIT」は、「ノーマル車高でも似合うエアロパーツ」がコンセプトとなります。

前後方向への延長や、ボディ下部への延長もほとんど無い、純正ボディサイズとほぼ同じサイズ感で仕上げたエアロパーツとなりますので、ノーマル車高でも違和感なく装着頂く事が可能です。

 

このように限られたサイズの中で、いかにスポーティ性や立体感を出せるかが、エアロデザインのポイントとなります。

 

前後バンパー&サイドステップのダウン量は純正バンパー&サイドステップよりも15㎜以内のダウン量に留めています(もちろんローダウン派の方にも満足戴けるようなデザイン化も目指しています)。

 

そして今回の「STYLE KIT」の大きなセールスポイントとして、業界初の「分割組み立て式」エアロパーツであるという点があります。

前後バンパーはそれぞれ3パーツに分割、サイドステップも2パーツに分割されています。

 

この分割式エアロパーツは、まるでプラモデルかのように組み立てて装着していくのが特徴です。

なぜこのような分割タイプにしたのかと言いますと、エアロパーツはかなり大きな部品となりますので、発送が困難な商品となります。

 

例えば現在、オンラインショッピングサイトでエアロパーツをご購入頂きますと、営業所止めとなり個人宅への発送は出来ないケースが多いです。

また海外への発送も商品代金よりも輸送費の方が高いというケースも多いです。

そこで「分割組み立て式」とすることで、梱包が非常にコンパクトになり輸送面で大いにメリットが出るというわけです。

 

もちろんエアロパーツの分割式は、型コストが2~3倍、製品コストも2~3倍と高コストになるのが通常ですが、KUHLはデザイン・モデリングから量産まで一貫した自社製造体制を整えていますので、コストを少しでも抑えられるように努力することで製品化することが出来ました。

 

というわけで、ABS製ハーフエアロパーツが完成しましたが、こちらはプロトタイプとなります。

これから少しだけデザイン修正、塗り分けパーツの追加を予定していますので、製品デリバリーは来年2月以降を予定しています。

まずはこれから急ぎ塗装を施してデモカーを製作させて頂きます。

ABS製ハーフエアロパーツ「60PRIUS KUHL STYLE KIT」デモカーは「大阪モビリティショー2023」にてお披露目を予定。

そしてデモカーが完成しましたら、まずは「大阪モビリティショー2023」にて初お披露目を予定しています。

 

そして来年の「東京オートサロン2024」にももちろん出展させて頂く予定ですので、楽しみにしていてください。

ご興味のある方は、ぜひとも会場にお越しいただきデモカーを見て頂けると嬉しいです。

 

60プリウス用エアロパーツは他にもまだまだ開発中!第3弾はKUHLRACINGブランドからリリース!超激しいワイドボディ&バンパーエアロがスタンバイ。

そして60プリウス用エアロパーツの切り札とも言えるエアロパーツもスタンバイしています。

超⁉激しいワイドボディ&バンパーエアロをただ今開発中です⇩

この開発中の第3弾エアロパーツについては、次回詳しくご紹介させて頂きますので楽しみにしていてください。

・・・次回に続く・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • デリカD:5ベースのまったく新しいコンプリートカーが完成しました<
  • ハスラーをフルカスタムしたコンプリートカーが完成しました|KUHL VRARVA HUSTLER<
  • 新型GT-Rは車高調とロベルタカップを使ってローダウンしたら最高でした|KUHL Racing NISSAN R35 GT-R<
  • デリカD:5を4インチのボディリフトさせる方法をお見せします<
  • GT-Rの2024年モデルのバンパーを2020年モデルに装着してみました<
  • GT-Rの2024年モデルが入庫されたので2020年モデルと比べてみました<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ