KUHL Fam!

エアロパーツコンプリートカー

2023-5-4

カローラスポーツ後期用(マイナー後モデル)用エアロパーツ完成!お得な新車フルカスタムコンプリートカーも販売中!

タグ: カローラスポーツ

KUHL新作エアロパーツ完成のご報告です。

ご紹介させて頂くおクルマは・・・カローラスポーツ後期用(マイナー後モデル)エアロパーツ&デモカーとなります。

 

カローラスポーツ用KUHLエアロパーツ&コンプリートカーは、前期モデルでも大人気となっておりますが、いよいよ後期モデル用エアロパーツが完成しました!ので、新車コンプリートカーも販売もスタートしております。

これから「KUHLFam!」ブログにて、2回に渡ってカローラスポーツ後期型のご紹介をさせて頂きます。

まず本日はエアロパーツのポイント紹介をさせて頂き、次回はカローラスポーツのグレード別装備品の違いや、カスタム派におススメしたいグレードや装備品について解説させて頂きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

カローラスポーツ後期用エアロパーツ KRUISE KR-CRSRRⅡ完成。開発アイテムは5パーツ。

それでは順番にエアロパーツをご紹介させて頂きます。

今回完成しましたエアロアイテムは5パーツとなります。

カローラスポーツ後期型エアロパーツ KRUISE KR-CRSRRⅡは合計5アイテム。

①フロントディフューザー

②サイドディフューザー

③リアフローティングディフューザー

➃ルーフエンドウイング

アイテムは前期モデルと共通で、デザインも踏襲しています。

 

カローラスポーツ後期用エアロパーツ KRUISE KR-CRSRRⅡ完成。フロントディフューザーご紹介。

それではフロントディフューザーからご紹介させて頂きます。

KRUISEブランドからのリリースとなりますので、シンプル&スポーティな薄型ディフューザーエアロとなります。

 

エアロ厚は10㎜と非常に薄型で、純正バンパーと密着させて取付しますので、純正バンパーからわずか12㎜のダウン量に留めています。

ガッツリとローダウンしても、充分な地上高を確保できますので安心してください。

 

ディフューザーの先端部分を、純正バンパーラインに沿って10㎜ほどアップさせて、ラインに変化を持たせています。

外側のラインも純正バンパーに沿わせたシンプルなライン取りとさせて頂いています。

今回はボディ同色の1トーン塗装にて仕上げておりますが、ツヤアリブラックとの2トーン塗装にて仕上げ、エアロパーツのディテールをはっきり見せても良いかもしれませんね。

 

エアロパーツ両サイドには、シンプルなサイドフィンを設けています。

KRUISEブランドエアロで定番のサイドフィンですが、今回は少し柔らかめのライン取りと高さを低く抑えたことにより、ボディとの一体感が出る様にデザインしています。

 

カローラスポーツ後期用エアロパーツ KRUISE KR-CRSRRⅡ完成。サイドディフューザーご紹介。

次はサイドディフューザーのご紹介です。

こちらは前期モデルをそのまま流用することが可能でしたので、前期・後期共通アイテムとなります。

 

フロントと同じく10㎜厚の薄型ディフューザーで、純正サイドステップ下部に簡単に装着可能となっています。

後方にはフロントと同じくサイドフィンを設けてスポーティなアクセントを入れています。

 

カローラスポーツ後期用エアロパーツ KRUISE KR-CRSRRⅡ完成。リアフローティングディフューザーご紹介。

そして次はリアフローティングディフューザーです。

こちらはデザインを共通化しながらも、前期モデルから大幅にリニューアルさせて頂いています。

純正バンパー下部に装着するフローティング(吊り下げ式)タイプとなりますので、純正バンパーとディフューザーの間に空間が出来ているのが特徴です。

 

リアディフューザーにはフロントとサイドに設定したサイドフィンは無しの設定となります。

サイドフィンを設けていない理由は、カローラスポーツの純正リアバンパーにはサイド部分にリアゲートからつながる特徴的なプレスラインが入っていたり、縦型リフレクターがダクト風デザインとなっているなど、かなり手の込んだデザインとなっています。

そのためサイドフィンを設けてしまうと、純正バンパーの特徴が消えてしまう気がしました。

そこでサイドフィンを設けず、純正バンパーのプレスラインをさらに延長させることで、よりバンパーデザインを強調するようにデザインをしてみました。

 

この写真を見て頂けると分かるかと思いますが、純正バンパーの黒色部分&フィニッシャー部分下部に、空間が出来ています。

ディフューザーセンター部分は後方&上方へと立ち上げ、2枚のシンプルなフィンを設定してアクセントを加えています。

 

リアサイドから見ると、バンパー両端に壁を設けて、バンパーラインからつながるプレスラインを入れています。

リアは純正バンパーから25㎜ダウンの設定とし、迫力アップも意識してみました。

 

カローラスポーツ後期用エアロパーツ KRUISE KR-CRSRRⅡ完成。ルーフエンドウイングご紹介。

そしてご紹介ラストのアイテムは・・・ルーフエンドウイングとなります。

こちらのウイングは前期モデルと共通品となります。

センター部分が別体風に大きく反り上がっている、非常に特徴的なデザインとなっています。

大きすぎず、シンプル過ぎない、迫力は欲しい、でも派手過ぎない・・・という絶妙のバランスを狙ってデザインしています。

センター部分には柱を設けて、左右にダクト?を設けることにより、軽さや疾走感も感じさせるスポーティさも強調させてみました。

 

ウイングの背面にも、プレスラインや陰影を設けてデザイン性をアップさせています。

後方&上方への反り上げ具合も大きめに設定し、迫力アップも狙っています。

ボディ上部のボリュームアップ視覚効果も高いウイングですので、ぜひとも前期に乗られている方も装着を検討して頂けると嬉しいです。

 

カローラスポーツ後期モデルデモカーは、Air-ForceエアサスとVERZ-WHEELS DDR01 19インチ&FALKENタイヤにてフルカスタム。

今回のデモカーは「Air-Force」さんのエアサス「スーパーパフォーマンスキット」にてローダウンしています。

助手席側にはVERZ-WHEELS DDR01クリスタルブラック19インチ・ステップリムを装着しています。

DDR01VERZ-WHEELS最強の深リムホイールとなりますので、このようにかなりのディープリムをインストール可能です。

また、カローラスポーツはリアダブルウィッシュボーンサスペンションとなりますので、ローダウンすればするほどネガティブキャンバー(ハの字)になります。

そのため、このようにより深いリム幅にて装着頂く事が可能です。

 

運転席側にはクリスタルチタンカラーを装着しました。

タイヤはFALKENさんのFK510 19インチを装着しています。

 

カローラスポーツ後期モデル用エアロパーツ&デモカーのご紹介は以上となります。

 

次回後編では、カローラスポーツ後期用のグレード別装備品の違いや、カスタム派におススメしたいグレードや装備品について解説させて頂きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

・・・次回に続く・・・

 

カローラスポーツ後期モデル・お得なフルカスタム新車コンプリートカーとして販売中

「カローラスポーツ後期モデル」はお得な新車コンプリートカーとしてご購入頂く事が可能です。

というわけで、ぜひとも新車でのご購入をご検討いただけると嬉しいです!

「カローラスポーツ後期モデル」新車フルカスタムコンプリートカーの装備品と価格

グレード:2.0LガソリンFF Gグレードの場合

カラー:標準カラーの場合

≪車両本体価格¥3,190,000(税込)≫

 

「カローラスポーツ後期モデル」の新車コンプリートカーのお見積りは「KUHL ONE」オンラインオーダーシステムにてスマホやPCで簡単にシミュレーション&オーダーが可能です!

新型カローラスポーツのお見積りシミュレーションは「KUHL ONE」オンラインオーダーシステムにて、スマホで簡単に行って頂く事が可能です。

ご自宅でスマホで、簡単にコンプリートカーのシミュレーションやオーダーをして頂けるのはもちろんのこと、店舗での来店商談も大歓迎です。

KUHL WEBサイトから、店舗ごとに商談予約を入れて頂く事も可能ですので、この「商談予約」システムもご利用ください。

 

 

 

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • デリカD:5ベースのまったく新しいコンプリートカーが完成しました<
  • ハスラーをフルカスタムしたコンプリートカーが完成しました|KUHL VRARVA HUSTLER<
  • 新型GT-Rは車高調とロベルタカップを使ってローダウンしたら最高でした|KUHL Racing NISSAN R35 GT-R<
  • デリカD:5を4インチのボディリフトさせる方法をお見せします<
  • GT-Rの2024年モデルのバンパーを2020年モデルに装着してみました<
  • GT-Rの2024年モデルが入庫されたので2020年モデルと比べてみました<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ