KUHL Fam!

開発情報

2022-11-23

KUHLJAPAN「東京オートサロン2023」出展フルカスタムデモカー開発速報➃!「新型RZ34」用エアロパーツ開発順調です!!

タグ: RZ34東京オートサロン

「東京オートサロン2023」出展速報をお届けします。

 

**すでにお気づきの方もいるかもしれないですが、「KUHL」総合サイトのTOPページ・ピックアップに、「TOKYO AUTO SALON2023出展情報」バナーを設置させて頂きました。

オートサロンの出展車両の詳細についてご紹介させて頂いております。

まだ現時点で、お披露目できないおクルマもございますが、今日現在で13台の出展車両をご紹介させていただいておりますので、ぜひとも見てみて下さいね。

 

<新型Z RZ34用エアロパーツ「KRUISE KR-RZ34RR」開発速報>

それでは出展車両の開発速報をお届けします。

本日も「RZ34」のご紹介です。

KUHLエアロパーツ開発の協力工場であります「バガねんど」さんで開発を行って頂いております。

つい先ほどまでクレイ造型を行っていただいており、ここまで開発が進みました。

このようにかなりのハイペースで作業を進めて頂いております。いつもありがとうございます~。

 

本日、フロントハーフスポイラー(フロントディフューザー)の半面が、このようにかなり形になりました。

今回のフロントエアロパーツはハーフスポイラーとアンダーディフューザーを一体にて成型したデザインで進めていますので、このようにかなり複雑な造型を行って頂いております。

 

これから助手席側に反転作業を行った後、ダクトを掘り込んだり、センターフィン(固定ステー)を追加したりなどして、クレイ造型が完了します。

この後の流れは・・・クレイ造型が完了 ⇒ 石膏にて反転作業・型どり ⇒ 石膏型へグラスファイバー貼り込み ⇒ マスターモデル造型 ⇒ 生産型製作・・・という作業工程を踏んでいきますので、まだまだお時間が必要となります。

 

しかしながら、先日クレイデザインをご紹介した「リアウイング(トランクスポイラー)」は、早くも石膏による反転作業が完了し、マスターモデル造型がかなり進んでおります⇩⇩

純正のリアウイング形状を踏襲したデザインで進すめていますが、純正ウイングよりも上方・後方・サイドなどすべて延長して迫力をアップさせています。

 

このように横幅がリアサイドパネルまで延長されているのですが、これから両端を分割させる3分割タイプのリアウイングとなる予定です。

 

というわけで、非常に順調に開発を進めて頂いております。

 

***ちなみに後方に写り込んでいる「カローラツーリング」ですが、こちらのエアロパーツ開発も同時進行していただいており、もうまもなく完成する予定となっております。「カローラツーリング」用エアロパーツも楽しみにしていてくださいね**

 

それではまた開発が進行しましたら、速報させて頂きますので楽しみにしていてくださいね。

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • デリカD:5ベースのまったく新しいコンプリートカーが完成しました<
  • ハスラーをフルカスタムしたコンプリートカーが完成しました|KUHL VRARVA HUSTLER<
  • 新型GT-Rは車高調とロベルタカップを使ってローダウンしたら最高でした|KUHL Racing NISSAN R35 GT-R<
  • デリカD:5を4インチのボディリフトさせる方法をお見せします<
  • GT-Rの2024年モデルのバンパーを2020年モデルに装着してみました<
  • GT-Rの2024年モデルが入庫されたので2020年モデルと比べてみました<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ