MENU

KUHL Fam!

エアロパーツコンプリートカー

2022-11-22

レクサスRC-F用エアロパーツ完成!KUHLKARS中古車フルカスタムコンプリートカーとして販売!

タグ: RC-F

この度、開発を続けていました「レクサスRC-F」用のエアロパーツが完成いたしました。

ということで、本日は完成したばかりの「レクサスRC-F」デモカーのご紹介と、エアロパーツのデザインコンセプトなどについてご紹介させて頂きたいと思います。

そして次回の「KUHLFam!」ブログでは、「RC-F」の中古車の買い方ポイントなどについても解説させて頂きたいと思います。

 

<レクサスRC-Fエアロパーツ「KRUISE KR-RCFRR」完成>

それでは完成したばかりのデモカーをご紹介させて頂きたいと思います。

 

サスペンションは「BLITZ ZZ-R車高調」にてローダウンし、「VERZ-WHEELS KCV03」20インチホイールをインストールしています。

 

今回開発させて頂きましたエアロパーツアイテムは下記となります⇩⇩

<KRUISE KR-RCFRRアイテム一覧>

①フロントディフューザー

②サイドディフューザー

③リアセンターディフューザー

➃リアサイドディフューザー

⑤トランクスポイラー(ロングタイプ)

⑥KUHLRACING 4テールマフラー(116Φ)

 

今回のエアロパーツはシンプル&スポーティな「KRUISE」ブランドからのリリースとなります。

 

先行で発売させて頂いております「レクサスLC」と、デザインを共通化しています⇩⇩

<レクサスLC用エアロパーツ KRUISE KR-LCRR>

 

それでは順番にデザインコンセプトなどをご紹介させて頂きたいと思います。

 

<レクサスRC-Fエアロパーツ フロントディフューザー>

フロントバンパー下部には「フロントディフューザー」を装着しています。

エアロの厚みは15㎜の設定とさせて頂いておりますので、純正バンパーより15㎜ダウンでの地上高設定となります。

このようにローダウンしても十分な地上高が確保出来ています。

 

ディフューザー両端にはサイドフィンを設けることにより、フロントダウンフォースを稼ぎ、デザインアクセントにもなっています。

エアロパーツのライン取りは、純正バンパーラインに沿った形状とし、主張しすぎないシンプルなスタイリングを意識してみました。

 

<レクサスRC-Fエアロパーツ サイドディフューザー>

そして純正サイドステップ下部には「サイドディフューザー」を装着しました。

フロントと同様、サイドディフューザーも15㎜のみのダウン設定としていますので、充分な地上高が確保できます。

 

デザイン的には、後方にサイドフィンを設けて立体感と迫力を演出しています。

 

サイドフィンが少し主張しますが、前方からセンター部分は、意匠は入れず、フラットに仕上げていますので、全体的にシンプルな印象にまとまっているかと思います。

 

<レクサスRC-Fエアロパーツ リアサイドディフューザー&リアセンターディフューザー>

そしてリアアンダーエアロは3分割仕様とさせて頂きました。

4本出しマフラーを、純正マフラーレイアウトと同じく、斜め縦置きに配置しましたので、マフラー下へのエアロパーツ延長が難しいため、分割タイプとしました。

 

「センターディフューザー」は、ご覧の様に後方&上方へと大きく反り上がり、迫力アップを狙っています。

ディフューザー下面は、センター2枚フィン仕様としました。

 

そしてリアサイドにはサイドフィンを設けた「リアサイドディフューザー」を装着しています。

 

「リアセンターディフューザー」のみ装着、もしくは「リアサイドディフューザー」のみの装着など、単体での組み合わせももちろん可能です。

 

<レクサスRC-Fエアロパーツ トランクスポイラー(ロングタイプ)>

そしてトランクエンドには「トランクスポイラー(リアウイング)」を装着しています。

トランク最後部に装着しますが、トランク幅を超えて延長し、リアクォーターパネル部分まで延長したロングタイプとさせて頂きました。

**今後、トランクサイズに収めたミドルタイプもラインナップ追加予定です**

 

デザインのポイントしましては、このように上方&後方へと反り上げたデザインとなっており、センター付近で少し折り曲げてアクセントを入れているのが特徴です。

 

そしてご覧のように、純正の可変ウイングが使用出来る様にしていますので、安心してください。

 

<レクサスRC-F KUHLRACING 4テールマフラー>

そして車検対応の4テールマフラーも開発させて頂きました。

純正マフラーのレイアウトイメージを踏襲した、斜め縦置きに出口を配置いたしました。

そしてテールエンド径は、116Φという大型テールエンドをギリギリで収めました。

市販品の多くは、楕円形であったり、真円でも100Φまでが多かったので、これだけの大きさの真円テールはなかなか無いのではないかと思います。

 

今回のデモカーには「ヒートブルーグラデーション」カラーのテールエンドを採用しましたが、「ヘアラインブラック」カラーも選択可能です。

お好みで選択して頂ければと思います。

**この4テールマフラーは車検対応品となりますので、安心してご購入下さい**

 

<KUHL KARS にて、フルカスタム中古車コンプリートカーとして販売します>

そして今回完成しました「レクサスRC-F」エアロパーツは、極上の中古車に装着して、車ごとご購入頂けるコンプリートカー販売を行います。

程度の良いフルノーマル車をベースに、新品エアロパーツ・新品車高調(エアサス)・新品マフラー・新品20インチホイール・タイヤを装着して、お得にご購入頂く事が可能です。

現状の中古車相場からコンプリート価格を算出すると、¥4,990,000(税込)価格から販売出来そうな感じです。

次回のブログにて、「RC-F」の中古車購入ポイントや相場感について詳しくご紹介させて頂きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

・・・次回に続く・・・

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ