MENU

KUHL Fam!

開発情報

2022-11-21

新型プリウスPRIUS用エアロパーツデザイン・ラフイメージを公開!KRUISEブランド・ワイドフェンダー・ディフューザーをイメージ!

タグ: プリウス

昨日「新型プリウス」「ローダウン&VERZ-WHEELS」をインストールしたカスタムイメージをご紹介させて頂きました。

 

「新型プリウス」のカスタムイメージはこちら⇩⇩

このように、非常に近未来的なデザインでローダウンも非常に似合うクルマです。

そしてカスタムすることにより、よりスポーティ感が増してくるということで、非常にカスタム向きのクルマだと思います。

ワタクシも発表以来、カッコ良すぎてワクワク感が止まりません・・・。

ということで早速、夜な夜なエアロパーツのラフイメージCGを作ってみました。

まだデザイン初期のラフなスケッチ状態ですので、クオリティはご了承くださいね。

いち早く、エアロパーツ装着のカスタムイメージを知りたい方も多いかと思いますので最速公開させて頂きます。

 

<新型プリウス用エアロパーツ ラフスケッチを公開>

それではラフスケッチをご紹介させて頂きたいと思います。

 

通常、エアロパーツのデザインは、何種類かラフスケッチを制作し、一番しっくりくるデザインを「一旦」採用します。

そして現車合わせでモデリングをしたり、もしくはCADデータによる3Dデザインをする段階で、初期のデザインが実現不可能であったり、現車に似合わないケースも多々発生します。

その場合はデザイン変更・修正をさせて頂く事になります。

KUHLでは初期デザインイメージCGの段階で、先行予約を頂くお客様も非常に多くて、本当に有難いです。

どうしても初期デザインと違ってしまうケースもありますので、そのあたりはご了承いただけると嬉しいです。

 

話がそれてしまいましたが、それでは「新型プリウス」の初期ラフスケッチを順番にご紹介させて頂きますね。

今回は「KRUISE」ブランドからリリースする薄型ディフューザータイプのシンプル&スポーティなエアロイメージとなります。

 

エアロパーツのデザインで気を遣っているポイントは、ブランドでの統一性です。

「KUHLRACING」ブランドは派手で立体感の強いエアロパーツイメージとなりますが、「KRUISE」ブランドの場合は、薄型ディフューザー&簡単取付をコンセプトとしています。

ということで、まずは定番のスタイルにてデザインを行います。

 

フロントイメージがこちらです⇩⇩

 

「KRUISE」ブランドで定番となりましたサイドフィンを設けた薄型ディフューザーエアロとなります。

このようにフロント・サイドとも「KRUISE」スタイルが違和感なく似合いそうな感じがします。

「新型プリウス」は、エアロを追加すると、またまたカスタムイメージが強くなりスポーティに変身しますね!

 

純正オーバーフェンダーの黒い部分は、9㎜フェンダーを開発してボディ同色にすれば、よりローフォルムに見えるかと思います。

 

そしてリアは何パターンか作ってみました⇩⇩

 

リアにも定番スタイルの「フローティングディフューザー」をイメージしてみました・・・が、もう少し変更してみたいと感じます・・・。

 

そこで「サイドフィン」を無くしてみました⇩⇩

 

個人的にはもう少しボディとの一体感が欲しいと感じます・・・。

こういうケースになった場合は、定番のスタイルではなく、そのクルマに似合ったデザインを模索していきます。

 

そしてこのようなデザインイメージを作ってみました⇩⇩

 

「9㎜ワイドオーバーフェンダー」をデザインし、リアディフューザーと合体させてみました。

「新型プリウス」のリア回りは、フロントと違ってラウンドした柔らかいデザインになっています。

そこで、柔らかいライン取りにてオーバーフェンダーからディフューザーへと自然につながるようにしてみました。

 

製品化の段階ではディフューザーとオーバーフェンダーは分離させ、ディフューザー単体での装着を可能にした方が良いと思います。

また、リアディフューザーはもう少し後方延長して迫力アップしても良さそうです。

 

このスタイルですと、「リアウイング」が欲しくなりますし、4本出しマフラーも選択できると良いですよね。

「リアウイング」はもちろん開発させて頂きますが、4本出しマフラーは現車を見てみないと分からないですね・・。

マフラーのレイアウト的には、センターに寄せて、ナンバープレートの横に配置出来ると良い気がします。

このあたりは、現車が届いてから決定したいと思います。

 

<新型プリウス用エアロパーツ「KRUISE」9㎜ワイドフェンダーなどアイテム多数開発させて頂きます>

リアにオーバーフェンダーをプラスさせて頂きましたので、フロントイメージも追加・変更してみました⇩⇩

 

 

フロントにも9㎜ワイドフェンダーを追加してみました。

今回のフェンダーは前後ともドアまで被さるタイプが良さそうです。

ちなみにアーチ下げをするかどうかは、現車を見てからの決定となります。

 

そしてフロントバンパーのロアダクト部分に、1アイテム追加してみました。

「フロントバンパーダクトフィン(仮称)」で、ロアグリルの開口部に1ポイントデザインアクセントを入れてみました。

こちらのパーツは実際に開発するかどうかは、まだ未定となりますのでご了承下さいね。

 

またバンパーダクトのシルバーカラーの部分をブラックアウトもしてみました。

ブラックアウトしても良さそうな感じですね。

 

というわけで本日は「新型プリウス」の初期デザインをご紹介させて頂きました。

こちらは一晩で作ったラフイメージとなりますので、これからじっくりと細部を煮詰めてから完成となります。

イメージCGが完成しましたら、改めてご紹介させて頂きますので楽しみにしていてください。

 

<新型プリウス用エアロパーツはワイドボディも含めて多数ラインナップする予定です。もちろん新車コンプリートカーでも販売します>

今回ご紹介させて頂きました「KRUISE」エアロシリーズは、もちろん新車フルカスタムコンプリートカーとしてもご用意させて頂きます。

 

今のところ、グレードや価格については12月中旬頃判明12月20日以降よりガソリンハイブリッド車はオーダー受付がスタートするのではないかと言われています。

価格やグレードが判明次第「KUHLコンプリートカーの仕様や価格」などを発表させて頂きますので、ご興味のある方は早めにお問合せ頂けると嬉しいです。

 

それでは「新型プリウス」KUHLカスタムを楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ