MENU

KUHL Fam!

開発情報

2022-11-20

新型プリウスPRIUS衝撃発表!ローダウン&VERZホイールのカスタムイメージを最速紹介!KUHLエアロパーツも開発決定!

タグ: プリウス

11月16日13時30分・・・トヨタ自動車さんより衝撃の発表がございました!

それは「新型プリウス」の発表です・・・。

 

「新型車の発表はいつもの事」・・・かと思いますので、何が衝撃的なのか!と申しますと・・・そのスタイリングがあまりにもカッコ良すぎて、ワタクシには衝撃的すぎました~。

 

前モデルの50プリウスが今年早々にオーダーストップとなっていましたので、新型のデビューを心待ちにしておりました。

「KUHL」にとって「プリウス」というクルマは、「86」と共に「KUHL」が最も最初にエアロパーツを手掛けた個人的に非常に思い入れの強いクルマです。

ハイブリッドカーということで、燃費の良さはもちろんのこと、5ドアで使い勝手が良く、スポーティな印象もあるカスタムにはうってつけのクルマだと思います。

 

「30プリウス」ではそのスタイリングの良さから、カスタムユーザーに大いに支持されたモデルでした。

そして「50プリウス」へのチェンジで個性的なスタイリングに進化したのはもちろんですが、個人的にはリアサスが「ダブルウィッシュボーン」化されたことが、最も嬉しいポイントでした。

 

そして満を持して、今回7年ぶりとなるフルモデルチェンジが行われることになりました~。

 

事前情報でかなりスタイルが良い・・という噂が出ていましたので、大いに期待していたのですが・・・ここまでカッコよく進化するとは・・・本当に驚かされました。

クーペのような美しいスタイリング、特にフロントガラスの角度は秀逸です。

ここまでフロントウインドウが寝た?スタイリングは、あまり見たことがございません。

そして何故か、ブラックカラーのオーバーフェンダーが装着されているという、一見アンバランスにも思える組み合わせ・・・個人的にはカスタムベースとして最高です。

 

ボディサイズはまだ公表されていない様ですが、全長4600×全幅1780×全高1420㎜と言われています。

ちなみに「50プリウス」のボディサイズは、全長 4575 ×全幅 1760×全高 1470㎜でしたので、全長が25㎜ロング、全幅が20㎜ワイドになっております。

ひと回り大きくなった印象かと思います。

そして特徴的なのは・・・全高が50㎜低くなっている点です。

ワイドになりながらも低くなった「ロー&ワイド」ということで、これは間違いなくローダウンが似合うスタイルだと思います。

 

そして「新型プリウス」最大の特徴は、このフロントマスク(特にヘッドライト)かと思います。

このシャープすぎるフェイス・・・スポーツカーにもぜひ採用したいフェイスに仕上がっています。

非常に近未来を意識させるデザインではないでしょうか!

これからのクルマデザインの方向性を見せつけられた気がします。

 

エンジンは従来の1.8Lハイブリッドに加えて、パワーアップした2.0Lハイブリッドが加わるとの事です。

その他PHEVも遅れて発売されるとのことでした。

個人的には2.0Lハイブリッドエンジンが気になりますね。走りが非常に楽しみです。

 

<新型プリウス ローダウン&VERZホイールのカスタムイメージを最速お披露目>

衝撃的にカッコいいスタイリングでデビューする「新型プリウス」ですが、果たして「カスタム向きなのかどうか」・・・を予想してみたいと思います。

 

というわけで早速、「ローダウン」「VERZ-WHEELS」をインストールしたカスタムスタイルのイメージCGを作成してみました。

やはりドンピシャ!来ましたね。

この近未来フェイスに「シャコタン」「ローダウン」は似合いすぎ!です。

 

フロントウインドウからルーフへのラインも美しすぎます。

ローダウンと大径ホイールのインストールで、より一層近未来感が出ているのではないでしょうか。

 

そしてリアビューがこちらです⇩⇩

リアビューのローダウンスタイルも・・これまた秀逸で美しいフォルムですね。

オキマリ?の、リアハノ字にしてみましたが、この近未来フォルムでは違和感があるかもしれません・・・。

リアキャンバーは控えめで、大人っぽく?ローダウンするのが良さそうな感じがします。

 

リアサスペンションは前モデルと同じく「ダブルウィッシュボーン」との事ですので、ローダウンすればキャンバーが付く(ハノ字になる)サスペンションですので、機能性・走行性能も高く、ローダウン向きのサスペンションとなります。

 

これは非常に楽しみなクルマですよね。

カスタムユーザーに非常に支持されるクルマだと思います。

 

<新型プリウス用エアロパーツ開発決定!新車コンプリートカーでも販売します>

というわけで「KUHL」ではもちろん!エアロパーツを開発いたします。

こんなにベースモデルがカッコいいクルマですので、薄型ディフューザーからハーフスポイラー、フルバンパー、ワイドボディなど、多種多様なエアロパーツを開発したいと思っています。

来年は早々より、ガッツリとプリウスエアロパーツの開発に取り掛かりたいと思っております。

そしてもちろん「KUHL」お得意の新車フルカスタムコンプリートカーもご用意させて頂きます。

 

今のところ、グレードや価格については12月中旬頃判明12月20日以降よりガソリンハイブリッド車はオーダー受付がスタートするのではないかと言われています。

価格やグレードが判明次第「KUHLコンプリートカーの仕様や価格」などを発表させて頂きますので、ご興味のある方は早めにお問合せ頂けると嬉しいです。

 

それでは「新型プリウス」KUHLカスタムを楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ