MENU

KUHL Fam!

カーライフ

2022-10-15

ミニバンの満足度ランキング9選!|選び方やメリット・デメリットを解説!

タグ:

ミニバンとは?車のサイズや特徴をチェック!

ミニバンとは一般的にワンボックスのボディに3列シートを配した、6人以上が乗れる車のことです。室内空間が広いため居住性に優れており、荷物も多く積めるなど利便性が高いことが特徴的です。

ミニバンというボディタイプは、国内で軽自動車に次ぐシェア率でファミリー層を中心に高い人気を誇ります。また、ミニバンは「ボディサイズ」によって以下のようにクラスが分かれています。

クラス おおよそのボディサイズ 特徴
SS(コンパクトサイズ) 全長4,300mm×全幅1,700mm×全高1,700mm 排気量が少ないので経済性に優れる
S(コンパクトサイズ) 全長4,600mm×全幅1,700mm×全高1,600mm 全高が低くコーナリング走行時に安定感がある
M(5 or 3ナンバーサイズ) 全長4,700mm×全幅1,700mm×全高1,800mm 積載性が高く多彩なシートアレンジが楽しめる
L(3ナンバーサイズ) 全長4,800mm×全幅1,800mm×全高1,700mm 内外装ともに高級感がある
LL(3ナンバーサイズ) 全長5,000mm×全幅1,900mm×全高1,900mm 内外装ともに高級感があり装備も充実している

上記の表に例えると、トヨタ・アルファードは「LLクラス」、ホンダ・オデッセイは「Lクラス」に該当します。基本的にミニバンのクラスが上がるにつれて、車両価格や装備の充実度が高まりますので覚えておきましょう。

ミニバンはどう選ぶ?ポイントを解説!

読者の中には、ミニバンをどう選んだらいいのかわからない方も多いかもしれません。4人家族以上の方や車中泊を楽しむ方は「Mクラス」以上、燃費の良さで選びたい方は「Mクラス」以下のミニバンがおすすめです。

また、ミニバンは中古車も多く出回っています。初期コストを抑えたい方やカスタムのベース車両をお探しの方は、走行距離が5万キロ以下の中古車の購入を検討してみてください。

ミニバンのメリット・デメリットをご紹介!

ミニバンを選ぶ上で知っておきたいメリットやデメリットを紹介します。

ミニバンのメリット

・室内空間が広く大人数が乗車しやすい
・車高が高いため見晴らしが良く運転しやすい
・スライドドアなら狭いところでも荷物が積みやすい
・アウトドアグッズや自転車などの大荷物を積める
・車中泊を楽しめる

ミニバンのデメリット

・箱型のボディで風の煽りを受けやすい
・基本的に車重が大きいため燃費は良くない
・ボディサイズが大きくなると取り回しが難しくなる

大人数で出掛ける方やレジャーを楽しみたい方は、ミニバンが持つ室内空間を存分に活かせるでしょう。ただし、風の煽りを受けやすいため、高速道路を走行する際は特に注意が必要です。

人気のミニバン総合売れ筋ランキング3選!

かっこよくて人気のある、ミニバンの売れ筋ランキングを紹介します。

第一位 トヨタ アルファード


豪華で迫力のあるグリルが特徴的な大型のミニバンです。高価格帯にも関わらずコンスタントに販売台数を伸ばし続け、ミニバンの中でも異例の販売実績を誇ります。

カスタムパーツが豊富なため、カスタムを楽しみたい人からの人気も高いです。

クラス LL
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,950mm×1,850mm×1,935mm
最大乗車定員 7名
燃費 10.6km/L
総排気量 2.493L
新車価格(税込) 359〜742万円

※スペックは「S“C パッケージ”(2WD)」
※新車価格は全グレード

第二位 ホンダ フリード


親しみやすいデザインと、コンパクトボディの中での多彩なシートアレンジを実現したSクラスミニバンです。大人が6人ゆったり座れる室内空間を確保し、長時間のドライブでも快適に過ごせます。

足先をかざすだけでスライドドアの開閉ができるので、両手が塞がっているときでもストレスなく車に乗り込めます。

クラス SS
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,265mm×1,695mm×1,710mm
最大乗車定員 6名
燃費 20.9km/L
総排気量 1.496L
新車価格(税込) 227〜327万円

※スペックは「ハイブリッドG(2WD)」
※新車価格は全グレード

第三位 トヨタ ヴォクシー


内装にレザーをあしらった質感の高さと、バックドアの使い勝手に優れたMクラスミニバンです。車両サイドにはトヨタで初となる「パワーバックドアスイッチ」を配して、狭い場所でのバックドアの開閉が簡単に行えます。

エクステリアは5つに分かれたフォグランプが、ヴォクシーのもつ先進性やスポーティさを表現しています。

クラス M
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,695mm×1,730mm×1,895mm
最大乗車定員 7名
燃費 15.0km/L
総排気量 1.986L
新車価格(税込) 309〜396万円

※スペックは「SZ(2WD)」
※新車価格は全グレード

子育て世代におすすめ!ミニバン満足度ランキング3選!

子育て世代におすすめしたい、使い勝手の良いミニバンランキングを紹介します。

第一位 日産 セレナ


車両全方向にセンサーを配置して事故を未然に防ぐことに注力した、安全性の高いミニバンです。日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」は、安心感のある力強い走りと静かな室内空間を両立しています。

「e-POWER」は低燃費と環境性能に配慮した、家族の強い味方といえるでしょう。

クラス M
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,770mm×1,740mm×1,865mm
最大乗車定員 7名
燃費 18.0km/L
総排気量 1.198L
新車価格(税込) 358〜391万円

※スペックは「e-POWER ハイウェイスターV(2WD)」
※新車価格は全グレード

第二位 三菱 デリカD:5


ミニバンとSUVの要素を持ち合わせた異色のミニバンです。車高が高く悪路走破性に優れているため、アウトドアやキャンプを楽しみたいファミリー層に人気があります。

先進性と力強さを感じさせる、大胆なエクステリアにも注目です。

クラス M
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,800mm×1,795mm×1,875mm
最大乗車定員 7名
燃費 12.6km/L
総排気量 2.267L
新車価格(税込) 400〜457万円

※スペックは「G-Power Package(4WD)」
※新車価格は全グレード

第三位 トヨタ シエンタ


フランス車のようなユニークなエクステリアが目を惹くSSクラスのミニバンです。内外装には四角と丸を組み合わせたトヨタ独自の「シカクマル」デザインを採用して、リラックスできる雰囲気を演出しています。

一部のグレードオプションで「天井サーキュレーター」を設定しており、エアコンの風を効率的に後席に循環できます。

クラス SS
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,260mm×1,695mm×1,695mm
最大乗車定員 7名
燃費 18.3km/L
総排気量 1.490L
新車価格(税込) 195〜310万円

※スペックは「Z(2WD)」
※新車価格は全グレード

乗り心地満足度最高!ミニバンランキング3選!

乗り心地満足度が高い、おすすめのミニバンランキングを発表します。

第一位 トヨタ ヴェルファイア


「ヴェルファイア」は見るものを圧倒するダイナミックなスタイリングが特徴的なアルファードの兄弟車です。リアサスペンションに「ダブルウイッシュボーン」を採用し、ボディ剛性を高め高級車らしい乗り心地と走行安定性を実感できます。

大型のボディサイズにも関わらず、ハイブリッド車で最高燃費「14.8km/L」を実現した経済性の高さも見逃せません。

クラス LL
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,935mm×1,850mm×1,950mm
最大乗車定員 7名
燃費 14.8km/L
総排気量 2.493L
新車価格(税込) 430〜515万円

※スペックは「HYBRID GOLDEN EYESⅢ(AWD)」
※新車価格は全グレード

第二位 ホンダ ステップワゴン


2モーターハイブリッドシステムを搭載して、電気自動車に近い静かさと低燃費を発揮するMクラスミニバンです。モーターとエンジンをうまく使い分けることで低速走行時や高速走行時でも安定した乗り心地でドライブを楽しめます。

シンプルな面構成で仕上げたエクステリアは、クセがなく老若男女におすすめできるデザインです。

クラス M
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,830mm×1,750mm×1,840mm
最大乗車定員 7名
燃費 19.6km/L
総排気量 1.993L
新車価格(税込) 299〜384万円

※スペックは「e:HEV SPADA(2WD)」
※新車価格は全グレード

第三位 トヨタ エスクァイア


「エスクァイア」はヴォクシーとノアの上位車種に位置付けられ、高級感や乗り心地の良さに定評があります。上質なシートを採用しており、振動を感じにくく車体が揺られても揺れの収束が早いことが特徴です。

全グレードにトヨタの先進安全機能「トヨタセーフティセンス」を搭載し、事故の回避や衝突時の被害を軽減してくれます。

クラス M
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,695mm×1,695mm×1,825mm
最大乗車定員 7名
燃費 19.8km/L
総排気量 1.797L
新車価格(税込) 296〜346万円

※スペックは「ハイブリッド Gi(2WD)」
※新車価格は全グレード

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ