MENU

KUHL Fam!

コンプリートカー

2022-10-20

新型「クラウンクロスオーバー」グレードの違いを解説(後編)!カスタム派におススメしたいグレードを解説!お得なKUHL新車コンプリートカーも販売スタート!

タグ: クラウン

引き続き「クラウンクロスオーバー」のグレードの違いなどについて解説させて頂きます。

前回は、主に先代の「220クラウン」との違いについて解説させて頂きましたが、今回は、グレード別の装備品の違い・・・そして「カスタム派におススメのグレード」「購入のポイント」について、ワタクシの主観にてご紹介をしていきたいと思います。

そして最後に、KUHLフルカスタム新車コンプリートカーの価格や仕様についてご紹介させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

 

「クラウンクロスオーバー」グレード別・新車価格の一覧です。

まずはグレード別の価格一覧から解説させて頂きたいと思います👇

 

<クラウンクロスオーバー グレード&価格一覧>

① 2.5Lハイブリッド4WD X ➡ ¥4,350,000

② 2.5Lハイブリッド4WD G ➡ ¥4,750,000

③ 2.5Lハイブリッド4WD Gアドバンス ➡ ¥5,100,000

➃ 2.5Lハイブリッド4WD Gレザーパッケージ ➡ ¥5,400,000

⑤ 2.5Lハイブリッド4WD Gアドバンスレザーパッケージ ➡ ¥5,700,000

⑥ 2.4Lターボハイブリッド4WD RS ➡ ¥6,050,000

⑦ 2.4Lターボハイブリッド4WD RSアドバンス ➡ ¥6,400,000

 

全7グレードからの選択となりますので、先代モデルよりは少ない印象です。

そしてベースグレードと最上級グレードとの価格差が205万円!となっています。

205万円も価格差があれば、ベースグレードを選択して、カスタムパーツを盛り沢山!といきたいところです・・・が、いつものことながら?グレード選択に大いに迷わされることになりそうなのです・・・。

 

 

ということで、この全7グレードの選択方法、購入ポイント(カスタム派の目線より)について、順を追って解説させて頂きたいと思います。

 

「クラウンクロスオーバー」購入のポイントは、まずエンジンから選択するのがおススメ。

「クラウンクロスオーバー」グレードの最大の違いは「エンジン」となります。

 

<エンジンは2種類に分かれます(駆動方式は全て前後デュアルモーターのハイブリッド電気式4WD)>

① 2.4Lターボ・ハイブリッド ➡ エンジンパワー272PS  エンジントルク460nm モーター出力(フロント82.9 リア80.2)

② 2.5L自然吸気・ハイブリッド ➡ エンジンパワー186PS  エンジントルク221nm モーター出力(フロント119.6 リア54.4)

 

カタログ値から見たパワー的には、2.4Lターボハイブリッドの圧勝となっていますので、走りを求める方はターボがおススメとなります。

ターボ車にはパドルシフトも標準装備となりますので、走りが非常に楽しめそうな予感がしますね。

 

しかしながら燃費や価格差なども気になるポイントですね。

というわけで、燃費を比較してみました👇

① 2.4Lターボ・ハイブリッド ➡ 燃費15.7km/l ハイオクガソリン

② 2.5L自然吸気・ハイブリッド ➡ 燃費22.4km/l レギュラーガソリン

 

燃費の面では、2.5L自然吸気が圧勝となります。なおかつハイオクとレギュラーガソリンの違いも大きなポイントかもしれません・・・。

というわけで、維持コストを気にされる方、走行距離の多い方は2.5L自然吸気が良さそうですね。

 

ちなみに最上級グレードで比較したエンジンの違いによる価格差は・・・70万円・・・となっています。

 

カスタム派の方なら、70万円も価格差があるなら、ターボエンジンを選択するのではなく、「エアサス」カスタムを選択するのも良さそうですね。

 

まとめますと、エンジンを選択する場合のポイントは、予算は度外視して走りを楽しみたい方「ターボエンジン」を選択するのが良し。カスタムに予算を回したい購入後の維持費を抑えたいという方は「自然吸気エンジン」を選択するのが良さそうです。

 

 

「クラウンクロスオーバー」 ターボエンジンを選択した方は「RS」と「RSアドバンス」グレードの2択となります。

それでは予算度外視!走りを重視!する方におススメの「ターボエンジン」は、「RS」「RSアドバンス」の2つのグレードから選択することが可能です。

まずは「ターボエンジン」の2グレードに標準装備となっている装備について解説いたします。

 

<RS&RSアドバンス どちらのグレードにも標準装備となる主な装備>

① パドルシフト

② 本革シート(運転席・助手席のパワーシート&シートヒーター・クーラー標準装備)

③ 4眼LEDヘッドライト

➃ 21インチホイール 

**この他にも多数の装備品がございますが、主要な装備品のみをピックアップしています

 

その他のポイントとして、内装カラー「ブラック×イエローブラウン」の専用カラーとなります👇

スポーティでなかなかカッコいい内装ではないでしょうか!

 

また、「ムーンルーフ」はこの2グレードのみ選択可能です(¥110000税込アップ)。

セダンといえば「ムーンルーフ」が必須と言われた時代もあったかと思いますが、「ターボエンジン」でないと選択出来なくなってしまいましたね・・・。

 

そして「21インチホイール」「18インチホイール」にインチダウンすると・・・¥104500税込の価格ダウンとなります。

社外ホイールに変更される方は、「18インチホイール」へのサイズダウン・メーカーオプションを選択するのもアリかもしれないですね。

 

「RS」と「RSアドバンス」グレード 装備品の違い

次に「RS」には設定のない「RSアドバンス」だけの装備品について紹介させて頂きます(主な装備品のみピックアップ)

・カラーヘッドアップディスプレイ
・デジタルキー
・ハンズフリーパワートランクリッド
・イージークローザー(ラゲージドア&リヤドア)
・置くだけ充電
・プレミアムサウンドシステム(10スピーカー/8chオーディオアンプ)

 

最も大きな違いは、「プレミアムサウンドシステム」が標準装備される点かと思います。

ちなみに「RS」「RSアドバンス」グレードの価格差は35万円となりますので、この差額を出して上記装備が必要かどうかを検討して頂ければ良いかと思います。

 

またその他、「RSアドバンス」グレードのみ、リアシートが電動リクライニングするなど、リアシートの快適性をアップさせる「リアサポートパッケージ(¥279,400UP)」というメーカーオプションが選択出来るという点も違うポイントとなります。

 

**「リアサポートパッケージ」の内容 ➡ 電動式リヤサンシェード+後席シートヒーター+40:20:40分割リクライニングリヤパワーシート+リヤセンターアームレスト(ボックス+各種コントロールスイッチ付)+上下調整式フロントヘッドレスト(助手席可倒式)+シートアシストグリップ(運転席・助手席)+3席独立温度コントロールフルオートエアコン、イルミネーテッドエントリーシステム+リヤオーディオコントロール

 

「リアサポートパッケージ」・・・かなりの豪華な内容となっていますが、「RSアドバンス」グレードは、ドライバーが運転する楽しみを味わいたいグレード(ターボ)なので、果たして必要なのか・・という感じはしますが・・・。

ということで、ターボエンジンを選択される場合は、この2グレードから選択して頂く事になります。

 

そして次に、自然吸気エンジンを選択される場合は、5グレードから選択可能となりますので、グレード選択のポイントについて解説していきたいと思います。

 

「クラウンクロスオーバー」 自然吸気エンジンを選択した方は「Gアドバンスレザーパッケージ」「Gレザーパッケージ」「Gアドバンス」「G」「X」グレードの5択となります。

自然吸気エンジンの場合は5グレードから選択可能となりますので、ご予算を重視してグレードを選択して頂けるのが良いかと思います。

それではグレード別装備品の違いと、価格差などを分析して、カスタム派におススメのグレードを探っていきたいと思います。

 

2.5Lハイブリッドを選択するカスタム派にとって一番の問題はヘッドライト。

カスタム派にとって重要なポイントは、やはり外観のスタイリングかと思います。

グレード別での外観の大きな違いは、ホイールヘッドライトとなります(エンブレムカラーの違いなどもありますが)

グレードによってホイールサイズやデザインが異なりますが、カスタム派の方はホイールチェンジが前提となると思いますので、ホイールは関係ないかと思います。

 

「クラウンクロスオーバー」純正ホイールの種類👇

 

しかしながら、最大のポイントは「ヘッドライト」になります。

新型クラウンと言えば、イカツイ4眼LEDヘッドライトが特徴的かと思うのですが、全グレードに標準装備ではございません・・。

ちなみにこちらが「4眼LEDヘッドライト」です👇

 

そしてこちらがベーシックな「1眼Bi-Beam LEDヘッドライト」となります👇

 

ヘッドライトでかなり印象が変わりますね・・。

 

ちなみに「4眼LEDヘッドライト」が装備される2.5Lグレードは、「Gアドバンスレザーパッケージ」「Gレザーパッケージ」の2グレードのみとなります(RS・RSアドバンスも標準装備)

分かりやすく言うとレザーパッケージを選択しないと「4眼LEDヘッドライト」にならないということですね・・。

「4眼LEDヘッドライト」が欲しい場合には、最低540万円の車体を選択する必要があるということです。

せめて「Gアドバンス(車両価格510万円税込)」グレードだけでも設定して欲しかったと、個人的には思います・・。

ヘッドライトはメーカーオプション設定もございませんので、カスタム派にとっては、グレード選択に悩まされることになりそうです。

30アルファード&ヴェルファイアの3眼LEDヘッドライト問題が思い出されますね・・。

 

それでは次に、グレード別装備品の違いについて解説していきたいと思います。

 

ベーシックグレード「X」と「G」の装備品の違いについて

まずは「X」「G」グレードの違いから解説していきたいと思います。

 

まずは「X」グレードのポイントからです👇

・オーディオレス ➡ 最近のトヨタ車では珍しいです。社外ナビがインストール出来るかと思われます。

・パワーシート無し

・スマートキーがフロントドアとリアトランクのみ

・ボディカラーが3色(パール・シルバー・ブラック)からしか選択できない

 

そして「X」に対して「G」で追加・変更される主な装備はこちらです👇

・自動防眩インナーミラー

・フロントオートワイパー
・電動チルト&テレスコピックステアリング
・スマートエントリー&スタートシステム(全ドア化)
・シート表皮が上級ファブリック+合成皮革に変更
・運転席パワーシート
・ディスプレイオーディオ標準装備

 

「X」「G」グレードの金額差額が、40万円!もありますので、ディスプレイオーディオが必要のない方は、「X」グレードを選択して、思いっきりカスタムに費用をかけるのも良いかもしれませんね。

 

ただしクラウンクロスオーバーのディスプレイオーディオは、今回12.3インチフルモニターとなっていますので、社外ナビを装着するよりも良いかもしれません(ちなみにXグレードにディスプレイオーディオを追加すると¥375,100UPとなります)👇

 

まとめてみますと、ディスプレイオーディオ無しでOKの方は「X」グレードを選択して、カスタムに費用をかける。ディスプレイオーディオが必要な方は「G」グレードを選択するというのが、カスタム派の方におススメの購入ポイントかと思います。

「G」と「Gアドバンス」の装備品の違いについて

それでは次に「G」から「Gアドバンス」グレードで追加・変更される主な装備はこちらです👇

・ブラインドスポットモニター
・パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)
・パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)
・ドライブレコーダー(前後方)
・パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)
・ドアミラーリバース連動機能&足元照明
・カラーヘッドアップディスプレイ
・デジタルキー
・ハンズフリーパワートランクリッド
・イージークローザー(ラゲッジドア&リヤドア)
・上級ファブリック+合成皮革シート
・置くだけ充電

 

「Gアドバンス」グレードは、安全装備が非常に充実していますね。

「G」グレードとの価格差は35万円となっています。

安全装備を重視される方は、選択したいグレードかと思いますが、35万円の価格差をカスタム費用に回しても良いのではと思ってしまいます・・。

このあたりは個人のライフスタイルや好みで差が出てくる点かと思います。

 

「G」と「Gレザーパッケージ」の装備品の違いについて

それでは次に「G」から「Gレザーパッケージ」グレードで追加・変更される主な装備はこちらです👇

・21インチタイヤ&ノイズリダクションアルミホイール
・アダプティブハイビームシステム
・4眼LEDヘッドランプ
・ブラインドスポットモニター/後方車両への接近警報+安心降車アシスト
・パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)
・ドアミラーリバース連動機能&足元照明
・ステアリングヒーター
・本革シート
・前席シートヒーター
・前席シートベンチレーション
・助手席パワーシート
・助手席肩口パワーシートスイッチ
・マイコンプリセットドライビングポジションシステム

「Gレザーパッケージ」は、4眼LEDヘッドライトや本革シート・シートヒータークーラー・ステアリングヒーターなど欲しい機能が満載です!

ちなみに「G」グレードとの価格差は65万円「Gアドバンス」グレードとの価格差は30万円となり、高額にはなりますが、個人的には、一番おススメしたいグレードとなります。

外装は4眼LEDヘッドライトになり、内装も高級感タップリとなりますので、カスタム派の方も満足頂けるグレードではないかと思います。

 

「Gアドバンスレザーパッケージ」と「Gレザーパッケージ」の装備品の違いについて

そして「Gアドバンスレザーパッケージ」は、「Gアドバンス」と「Gレザーパッケージ」を合わせた装備品がすべて付く2.5Lハイブリッドの最上級グレードとなります。

「Gレザーパッケージ」から「Gアドバンスレザーパッケージ」グレードで追加・変更される主な装備はこちらです👇

・パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)
・ドライブレコーダー(前後方)
・パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)
・ドアミラーリバース連動機能&足元照明
・カラーヘッドアップディスプレイ
・デジタルキー
・ハンズフリーパワートランクリッド
・イージークローザー(ラゲッジドア&リヤドア)
・置くだけ充電

 

装備はもちろん充実していますが、果たして必要なのか(ワタクシの主観ですみません)・・・という装備品かと思ってしまいました・・・。

ちなみに「Gレザーパッケージ」から「Gアドバンスレザーパッケージ」の金額差額は30万円となります。

 

カスタム目線から考える「クラウンクロスオーバー」のおススメグレードは?

それではワカスタム目線から考える(あくまでもワタクシの主観です)おススメグレードをまとめてみたいと思います。

一番のおススメグレードは「Gレザーパッケージ」となります。

外装は4眼LEDヘッドライトになり、内装も高級感タップリとなりますので、カスタムベースとしては最適なのではないでしょうか。

高額ではありますが、価格も中間グレードとなりますのでおススメです。

 

そして走りを重視される方は「RS」グレードがおススメです。

2.4Lターボエンジンをパドルシフトで操るのは楽しいのではないでしょうか。

室内のカラーもスポーティでGOODかと思います。

 

予算を重視しカスタムパーツにガッツリコストをかけたい方には、「G」グレードもしくは「X」グレードがおススメです。

4眼LEDヘッドライトではないのが少し残念ですが、1眼LEDヘッドライトでも十分にスポーティでカッコいいと思います。

435万円(税込)の車両本体価格からご購入頂けますので、エアサスなどでフルカスタムしてみても良いのではないかと思います。

 

KUHLでは「クラウンクロスオーバー」フルカスタム新車コンプリートカーとしてお得にご購入頂けます。

「クラウンクロスオーバー」は、KUHLではもちろんお得なフルカスタム新車コンプリートカーとしてご購入頂けます。

カスタムコンプリートカーの完成はこのようなイメージを予定しています👇

ワタクシがおススメするグレード別に、コンプリートカーの価格や仕様についてまとめてみましたので、ぜひともご購入をご検討いただけると嬉しいです。

① Xグレード コンプリートカー車両本体価格: ¥5,490,000(税込)(ナビは別途となります)

② Gグレード コンプリートカー車両本体価格: ¥5,890,000(税込)

③ Gレザーパッケージ コンプリートカー車両本体価格: ¥6,540,000(税込)

➃ RSグレード コンプリートカー車両本体価格: ¥7,190,000(税込)

装着オプションパーツ合計 ¥1,483,680

お値引額 ¥343,679

 

<装着オプションパーツ>

◆KUHL SH35-SS エアロキット3点セット(1トーン塗装費用含む)

 

*コンプリートカー価格を知りたい方は、下記リンクを参照してくださいね 👇をタップ

新型クラウン クロスオーバーコンプリートカーはこちらから

 

「KUHL ONE」オンラインオーダーシステムにても、お見積りシミュレーションが出来ますので、ぜひともご利用下さい。

それではこれからエアロパーツ開発などを行っていきますので、「クラウンクロスオーバー」KUHLカスタム&コンプリートカーをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ