MENU

KUHL Fam!

2018-9-18

KUHLRACINGエアロパーツ!開発スタートさせた車は・・・「日産リーフ」・・・電気自動車です!エアロパーツ&リアウイングなど合計5点開発スタート!新車コンプリートカーもちろんラインナップ!<KUHL片岡より>

タグ: ニッサンリーフ

イベントラッシュの9月で、ワタクシも2週続けて、イベントに参加させて頂きました!
参加されました皆様、大変お疲れ様でした。
そしておかげ様で、弊社KUHLブランドのエアロパーツも新作発売&開発ラッシュとなっております
お待たせしておりましたZC33Sスイフトスポーツエアロパーツも完成しましたので、こちらの紹介は次回させて頂きますね!
そして今回ご紹介させて頂きますお車は・・・・なんと「日産 リーフ」・・・・です! そうです電気自動車です!
近い将来(早ければ3年以内に)、電気自動車と自動運転が一気に普及すると言われています。
今後、ハイパワーのガソリン車は無くなってしまうのかと思うと寂しい限りですが、弊社では、将来に向けて、電気自動車のカスタムを積極的に行っていきたいと考えています。
電気自動車のカスタムノウハウを蓄積していかなければいけないなと思っている今日この頃です。
リーフやノートEパワーを運転されたことがある方は、体感して頂けたかと思いますが、モーターによる加速力や減速力は、なかなか楽しいですよ!これはこれで、ドライビングも楽しめる車ではないでしょうか!
弊社ではリーフにエアサスを組んだり、リアアクスル加工を施して、8度キャンバーに仕上げたり、ナロー化して深いホイールを入れたりなどのカスタムもすでに行っております~!
基本的なサスペンション構造は、ガソリン車と変わりませんので、難しいことはございません。しかしながら、カスタムのやり方によっては後続可能距離が短くなる場合もございますので、注意が必要ですね!
その点、弊社はある程度のデータ取りを行っておりますので、カスタムしたい方にはアドバイスが出来ると思います!
それでは、今回開発させて頂きます「日産 リーフ」のエアロCGをご紹介させて頂きますね! こんな感じに仕上がる予定です~

まずはフロントからですが、今回バンパータイプではなく、ディフューザータイプを選択しました!リーフの場合、フロントグリル回りの変更が難しいなどの理由もあり、アンダーディフューザータイプにて開発いたします。
そしてサイドステップも、純正サイドステップは生かしたまま、下部にディフューザーを装着するパターンとして開発いたします!
純正サイドステップが、立体感があって好きなデザインでしたので、純正は生かしたまま、進めていきたいと考えています

そしてそしてリアビューはこんな感じに仕上がる予定です!
リアはバンパーエアロと、アンダーディフューザーの2分割構成となります。 KUHLエアロらしい立体感にこだわったデザインに仕上げる予定です。
電気自動車ですので、当然、マフラーは無しの仕様となりますが、マフラー無しでもスポーティに仕上がるように頑張りたいと思います!

そして只今、造形はこんな感じで進めております!
今回、ルーフエンドスポイラーも開発することにしました。御覧のように、迫力あるルーフスポイラーに仕上げたいと思っています

フロントもここまで進んでおります!

サイドステップは、ほぼ形になっております(写真では分かりずらいかもですね・・・)


というわけで、日産リーフのエアロ完成を楽しみにしていてくださいね!
もちろん新車コンプリートカーでのご購入も可能ですので、お気軽にお問合せ下さいね!
 
 
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ