MENU

KUHL Fam!

カーライフ

2021-12-31

RAV4のおすすめカスタムパーツをご紹介!人気のオフロード仕様も

タグ:

今回は世界的に人気の高い、トヨタ RAV4の特徴やグレード展開、特別仕様車「Adventure OFFROAD package」について解説します。また、カスタマイズの紹介として外装カスタム4つ、内装カスタム2つ、厳選カスタムパーツ2つを紹介しています。RAV4の魅力を最大限に引き出したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

トヨタのRAV4ってどんな車?価格や特長をご紹介!


RAV4は力強いタフな見た目と悪路走破性の高さ、大容量のラゲッジルームを完備したミッドサイズSUVです。2019年に販売台数が91万台を突破し、世界一売れたことからも人気の高さがうかがえます。
ボディサイズは4,600mm×1,855mm×1,685mm、「Adventure」のグレードのみ4,610mm×1,865mm×1,690mmとワイドさが際立つシルエットです。見た目のいかつさから都会的なSUVというより、アウトドアでの使用を想定した作りと言えるかもしれません。
ユーティリティも良好でカップホルダーやオープントレイなどには滑り止めが装着され、ユーザー目線の車づくりがなされています。また、大容量のラゲッジルームはクラストップレベルの580Lを確保し、荷物が多くても困りません。
グレード展開はガソリンモデル・ハイブリッドモデル・プラグインハイブリッドモデルが用意され、価格と駆動方式は以下の通りです。

ガソリンモデル

グレード 価格
X(FF) 2,774,000円(4WDは3,005,000円)
G(4WD) 3,447,000円
G Z package(4WD) 3,595,000円
Adventure(4WD) 3,487,000円
Adventure OFFROAD package(4WD) 3,637,000円

※価格は税込です。

ハイブリッドモデル

グレード 価格
HYBRID X(FF) 3,374,000円(E-Fourは3,627,000円)
HYBRID G(E-Four) 4,085,000円
HYBRID Adventure(E-Four) 4,106,000円

※価格は税込です。

プラグインハイブリッドモデル

グレード 価格
G(E-Four) 4,690,000円
G“Z”(E-Four) 4,990,000円
BLACK TONE(E-Four) 5,390,000円

※価格は税込です。
都会的なフロントマスクの「G」と「X」やオフロード色を強めた「Adventure」、スタイリッシュなヘッドライトが特徴的なプラグインハイブリッドモデルなど、非常に豊富なラインナップです。最新の運転支援機能やエマージェンシーコールなどのコネクテッド機能を備えるので、安心・快適なドライブが楽しめます。

RAV4の外装はどんなカスタムがいい?おすすめをチェック

RAV4の魅力をさらに引き出す、おすすめ外装カスタムを4つ紹介します。

①ホイール


RAV4に最もおすすめしたいカスタムがホイール交換です。キャラクターに合わせた力強いスポークデザインや都会的なフィンタイプなど、オーナーが自由に味付けを楽しめる部分でもあります。
例えば、太めのスポークディスクにホワイトのアクセントをリム外周に取り入れたデザインは、SUVホイールの最旬トレンドですので、ぜひ参考にしてみてください。

②リフトアップ


リフトアップとは車高を上げ、よりオフロードスタイルに仕上げるカスタムを指します。リフトアップすると地面との空間が広がり泥道や岩場での悪路走破性がアップするので、万が一の災害時でも役立ちます。
車高が上がると見通しも良くなるので身長の低い女性や、運転が苦手な方でも安心してドライブを楽しめるでしょう。

③フロントグリル交換

フロントグリルのアフターパーツにはスタイリッシュなデザインや、新型ランドクルーザーGR SPORTのようなタフなデザインまで、ラインナップが豊富です。特に英字で「TOYOTA」と入るフロントグリルは、力強さとクロカンの雰囲気がグッと高まるのでおすすめです。

④フロントフォグガーニッシュ

質素にまとめられた純正のフォグランプ周りを、エッジの効いたデザインに変更してくれるのがフォグランプガーニッシュです。カラーはブラックやメッキが一般的ですので、自身の車の方向性に合わせて選択してください。
ボディ端いっぱいまで広がった形状ならば、よりワイドな雰囲気に仕上がるのでおすすめです。

RAV4の内装をカスタムしたい!おすすめカスタムパーツは?

オープントレイなどユーティリティに優れたRAV4の内装ですが、質感を高めるおすすめ内装カスタムを2つ提案します。

①LEDランプ交換

インテリア照明を純正の豆電球からLEDランプに切り替えると、車内が現代的で洗練された雰囲気になります。豆電球の古臭さがなくなるだけでなく、人の表情が美しく見えたり視認性がアップしたりする効果も期待できます。

②インテリアパネル

「Adventure」や「Adventure OFFROAD package」の内装にはアクセントカラーが施されていますが、その他のグレードは無骨なブラック基調です。インテリアパネルにはカモフラージュ柄やカーボン柄、シルバー調などがありますので、それらを装着すると車内にメリハリが生まれるでしょう。
装着も簡単ですので、初めてのDIYにもおすすめのカスタム内容です。

RAV4のオフロードパッケージがかっこいい!詳しく解説

「オフロードパッケージ」は「Adenture」をベースに内外装やホイールデザイン、ボディカラーなどを専用設定した人気の高い特別仕様車です。2020年10月から販売され設定はガソリン車の4WDのみ、価格は3,637,000円(税込)です。
文字通りオフロードを楽しめる仕様で「Adenture」に比べ全高が10mmアップし、ブリッジ型のルーフレールやオールテレインタイヤなどを装着しています。オールテレインタイヤとは舗装路から泥道、雪道など幅広い路面に対応した全地形タイヤを意味します。
雪道の場合は積雪の深いところを走るのは難しいので、雪が降るか降らないか程度の地域の使用にとどめてください。オフロードパッケージの各バンパープロテクターやホイールはマットブラックに塗装され、車名エンブレムもあえて光を抑えた仕様で、さらなるタフネスさを表現しています。
近年、コロナ禍の影響で家族キャンプやSUPなどの需要が急増し、アウトドアを楽しむユーザーが増えました。「オフロードパッケージ」は使い勝手の良いボディサイズやユーティリティ、アクティブなデザインがマッチし、非常に人気のモデルとなっています。

厳選!RAV4のおすすめカスタム例

他車と大きな違いを出せる、厳選したカスタム例を2つ紹介します。

①アンダーディフューザーエアロキット


RAV4におすすめしたいエアロプログラムはスポーティーなエッセンスをプラスする、アンダータイプのエアロスポイラーです。ワイルドな印象が強いRAV4ですが旬のディフューザーエアロを装着すると、都会的な雰囲気も醸し出せます。
コスト面も優れており、万が一接触して壊れてしまっても、フルバンパータイプのエアロパーツより修理費や再購入の費用が安く済みます。

②アイラインガーニッシュ


アイラインガーニッシュとはヘッドライトに装着し、車の目元をシャープな印象に仕上げるカスタムパーツです。装着による効果は絶大で、大型でやや先進性に欠けるRAV4のヘッドライトを洗練されたデザインにでき、DIYでも装着可能です。
アイラインガーニッシュを装着したRAV4は街中で見る機会が少ないので、大きな差別化が図れるポイントとも言えるでしょう。

RAV4のカスタム・カスタムパーツ専門店をご紹介!

RAV4のおすすめカスタムパーツ専門店はクールレーシングです。クールレーシングは全国に5店舗を構え、オリジナルエアロキットやホイールなどの販売、車のカスタムも行っています。SUVにも精通しカスタム雑誌に登場したり経験豊富なスタッフが在籍したり、非常に実績のあるショップですので安心して作業を任せることができます。
車両の購入から自社製品でカスタムを施した車両が、破格の値段で手に入る「コンプリートカー製作」も手掛けています。自社製品をパッケージングして販売しているのでコストを大幅にカットでき、購入時のユーザーの負担を和らげてくれます。
オンライン上でグレードやオプション、カスタムパーツなどを自由に選択して簡単に注文できる「KUHL ONE」も、近日公開予定ですのでぜひご覧ください。オンラインショップや実店舗ではいつでも質問や要望を受け付けておりますので、RAV4について聞きたいことがあれば気軽に相談してみましょう。