MENU

KUHL Fam!

2021-12-25

「東京オートサロン2022」KUHLJAPAN出展情報①!KUHLJAPANブランド生誕10周年!デモカー総勢15台を出展!新車コンプリートカーやパーツの大商談会も開催!<KUHL片岡より>

タグ: 東京オートサロン

来年1月14日・15日・16日の3日間、幕張メッセにて「東京オートサロン2022」が開催されます。
本来であれば、今年開催される予定であった「東京オートサロン2021」は、残念ながら中止となってしまいましたので、KUHL単独にて幕張メッセを貸し切りさせて頂き「KUHLオートサロン2021」を、YouTube配信させて頂きました。
その模様につきましては下記YouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」を、ぜひとも見てみて下さいね!
中止になってしまったオートサロンの気分を少しでも味わって頂こうと、幕張メッセに14台のデモカーを持ち込み動画配信させて頂いております。

 
本来であれば、2021年はNEWエアロブランド「KRUISE」と、NEWホイールブランド「VERZ-RACING」を大々的にPRさせて頂く「オートサロン」になる予定でした・・・。
単独での貸し切りと、お客様のいないクローズドでの開催でしたので、非常に寂しいお披露目となってしまいました・・・。
 
しかしながら来年2022年は、今のところ予定通り開催する方向で動いていただいているようですので、ワタクシとしても非常に力が入っており、楽しみにしております。
トヨタさんのブースでは新型ノア&ヴォクシーのお披露目、日産さんのブースでは新型Zのお披露目もありそうですので、そちらも非常に楽しみなポイントですね!!
 
このように待ちに待ったカスタムカーの大規模イベントですが、「KUHLJAPAN」としても、じつは来年は記念すべき「KUHLJAPANブランド生誕10週年」を迎えます。
 
10年前に「KUHLRACING&HYBRID」ブランドで、86とプリウスのオリジナルエアロパーツを装着した2台のデモカーをオートサロン初出展したのが非常に懐かしいですね。
ちなみに当時製作したデモカーはこんな感じでした~。


 
86とプリウスは、まさに「KUHLJAPAN」ブランドを育ててくれたといっても良い2台となりました。
その後は、GT-R、アルファード、ヴェルファイア、ハリアーなど車種ラインナップを増やしていき、本当に多数のお客様にご購入、応援を頂いたおかげで、この10年間を過ごすことが出来ました。
応援いただいた皆様、本当にありがとうございました!!
 
10年前当時はまだエアロパーツ開発・製造は外注先に委託していた状況でした。
そして10年の歳月を経て、エアロパーツ開発・製造の内製化を実現し、CADやNC加工機・3Dプリンター・真空機械を使用してのエアロパーツ開発を行うことが出来るまで成長してまいりました。
ブランド立ち上げ時より、「クオリティの高い商品を販売する」「高精度なフィッティングや高い強度を実現する」「独創的なレーシングデザインを確立する」といったかなりのコダワリをもって開発を行ってきました。
腕の良い外注業者様にも恵まれ、そしてスタッフの頑張りもあり、今では高品質なたくさんのアイテムをリリース出来るようになりました。
 
このようにエアロパーツ開発の成長とともに歩んできた10年間でしたが、ブランド生誕10周年を迎える来年の「東京オートサロン2022」では、これから先の10年間「KUHLJAPAN」ブランドがどのように歩んでいくかを、皆様にお見せするオートサロンにしたいと思っています。
 
自動車業界はこれから「EV」電気自動車の大きな波が来ることが予想されます。
残念ながら、ガソリン自動車は減少していく事が予想され、エンジンをチューニングする機会も減っていくのではないかと思います。
しかしながら自動車のEV化により、自動車をよりカッコよく、オシャレにデザインする重要性はもっともっと上がって来るのではないかと思っています(あくまでもワタクシの私見です)。
 
そこで「KUHLJAPAN」では、エアロパーツを超えたボディキットの開発に、これまで以上に力を入れることにより、車のスタイリングを大きくチェンジしてしまいたいと考えています。
「VERZ-WHEELS」というホイールブランドとともに、ボディキットとホイールの両面で、個性的でカッコいい車に仕上げていきたいと考えています。
 

 
純正ボディのスタイリングを生かしたシンプル・スポーティなカスタマイズは「KRUISE」
純正ボディを大きくチェンジさせる迫力のある攻撃的なハイカスタムは「KUHLRACING」
このような2ブランドで、カスタムカーを展開していきたいと考えています。
 


 
前置きが長くなってしまいましたが、「東京オートサロン2022」の出展情報をお伝えさせて頂きます
 
「KUHLJAPAN」ブースは、前回と同じく「中ホールの5」となります。
メインゲート入口から入っていただいたら、「真正面の最短の位置」にブースがございます。
メインブースに9台、車両展示ブースに6台合計15台を展示させて頂く予定です。
その他にも、ホイールメーカーさんなどに合計4台の車両を展示して頂きますので、総勢19台の出展を予定しています~!
出展台数は、もちろん過去最大となります。
 

👆 こちらはメインブースのレイアウトとなります。過去最大の大きさとなります。
 
例年通りの「大商談会」も行いますので、商談スペースを多数確保しながらも、デモカーを9台展示させて頂きます。
ちなみにこの9台はすべて「スポーツカー」で、ワイドボディ車が6台も含まれている予定です。
 
そしてメインブース向かい側の車両展示スペースには、「ミニバン・SUV」を中心に6台を展示させて頂きます。
展示車の輸送だけでも大変な事になりそうですが、10年目ということで、輸送や段取りもかなり慣れてきましたので、バッチリ準備をさせて頂きます。
毎年恒例??のYouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」の車両搬入動画もアップしたいと考えていますので、ぜひとも楽しみにしていてください。

 


 
それでは引き続き、出展予定車両のご紹介を順番にさせて頂きたいと思います。
しかしながら、まだまだ未完成の車両が多いので、途中経過の車両が含まれますのでご了承ください・・
👉 次回に続く・・・