MENU

KUHL Fam!

2021-9-15

R35 GT-R 2022年モデル正式発表!通常グレードは大きな変更無し!T-SPEC限定車は100台限定!新車をお得にご購入頂けるGT-R新車KUHLRACINGコンプリートカーも受注スタート!NEWエアロの開発状況も報告!<KUHL片岡より>

タグ: GT-R

日産自動車さんよりR35GT-Rの2022年モデルの正式発表がございました。
R35GT-Rは、いつモデルが終了するのか・・と、いつも話題になるお車ですが、このように2022モデル発売の決定は非常に嬉しいですよね。
日本が世界に誇れるスポーツカーだと思いますので、このまま進化をし続け販売を続けて欲しいと、個人的に願っております。
というわけで本日は、R35GT-Rの2022モデルの詳細と、R35GT-R 2022モデルKUHLRACING新車コンプリートカーの詳細、そしてお問合せを多数頂いております「KUHLRACINGボディキット 35R FINAL EDITION」の開発状況についてご紹介をさせて頂きたいと思います。
 


 
それではまず、日産自動車さんより正式リリースされました「R35GT-R 2022モデル」の詳細についてご紹介をさせて頂きます。
今回の目玉は何といっても・・・「T-SPEC」と名付けられた限定車ですよね。

このカラーリング・・・懐かしい&憧れのカラーではないですか!
そうです・・R34GT-Rの生産終了を記念して発売された「VスペックⅡ Nur」「MスペックⅡ Nur」の各1000台の限定車で採用されたカラーをイメージさせますよね👇

今となっては、2000万円!!を軽く超える超人気車となっているR34です。
この「ミレニアムジェイド」というカラーリングの限定車が発売されたということで、R35GT-Rも最終モデルではないか・・・という噂も出ていますが・・・最終モデルです!というリリースは今のところございませんので、継続販売してくれることを願います・・。
ちなみにこの「T-SPEC」には、「ミッドナイトパープル」カラーもご用意されます。
「ミッドナイトパープル」でイメージするのは・・・やはり「R33GT-R」ではないでしょうか!
当時ワタクシもマイカーで所有しておりました・・ので、このカラーリングも個人的に非常に思い入れがございます・・。
今回のカラーは、現代の塗装技術に合わせて改良が加えられているみたいですので、以前のカラーとはまた違った発色をするみたいです。
ぜひとも現車を見てみたいですよね!
話がそれてしまいましたが、この「T-SPEC」は、ベースグレードが「プレミアムエディション」「トラックエディション」の2グレードに用意されます。
「T-SPEC」の内容ですが、カーボンパーツを多数採用しているのが特徴です。主な詳細は下記の通りです。
・両グレード共通アイテム ➡ 専用カーボンセラミックブレーキ ・カーボン製リアスポイラー ・専用エンジンカバー ・専用バッジ ・専用RAYS製鍛造ホイールなど
・プレミアムエディショングレード ➡ 専用内装
・トラックエディショングレード ➡ カーボン製ルーフ・カーボン製トランクリッド

気になる価格ですが・・「プレミアムエディションT-SPEC」は、「プレミアムエディション」ベースグレードに・・おおよそ357万円アップとなる15,904,900円となります・・・。
そして「トラックエディションT-SPEC」は・・17,881,600円!となります・・。
この価格なら、ベースグレードを購入して、相当なフルカスタムが出来てしまう・・と思ってしまいました・・。ワタクシの私見です。すみません・・・。
この「T-SPEC」は100台限定で、抽選!ということですので、欲しくても手に入らない車になってしまいそうですね。
 
というわけで限定車のご紹介は以上なのですが、通常グレードは価格据え置きという嬉しいリリースもございました。
モデルの進化に合わせて、価格UPしてきたGT-Rですので、今回も価格UPするのではないかと考えられていましたが、「ピュアエディション」「ブラックエディション」「プレミアムエディション」の3グレードは、価格据え置きとなりました。
価格据え置きは嬉しいポイントですよね!
新車価格は下記の通りです。
・「ピュアエディション」➡ 10,828,400円
・「ブラックエディション」➡ 12,772,100円
・「プレミアムエディション」➡ 12,329,900円
*ちなみに前モデルからの大きな変更点は無く、日産エンブレムがNEWエンブレムに変更となった程度の変更にとどまっております。
というわけで、R35GT-R2022モデルの詳細は以上となります。
次に、KUHLRACINGの新車コンプリートカーについてご紹介をさせて頂きたいと思います。
 


 
KUHLRACINGの各店舗では、R35GT-Rの新車コンプリートカー販売を行っております。
通常お値引の無いGT-Rですが、KUHLコンプリートカーは50万円以上のお値引をさせて頂いておりますので、非常にお得に新車GT-Rをご購入頂けます。
2022年モデルの新車コンプリートカーの詳細は以下の通りとなりますので、ぜひともご検討いただけると嬉しいです。


<2022モデル新車R35GT-R KRUISEエアロ・新車コンプリート価格>
*シンプルスポーティな薄型ディフューザータイプのエアロパーツを装着したコンプリートカーです
新車 ピュアエディショングレード の場合👇
・コンプリート価格(車両+オプション装着済み価格)➡ ¥12,290,000(税込)
装着済みオプションパーツ合計¥1,982,580(税込)
 お値引額合計¥520,980(税込)
 
≪主要装着オプションパーツ(車両本体価格に含まれています≫
◆KRUISE KR-35RR エアロキット4点セット(1トーン塗装費用含む)
(フロントディフューザー・サイドステップ・サイドステップディフューザー・リアフローティングディフューザー・リアディフューザーフィン2枚)
◆KUHLRACING スラッシュ4テールマフラー(車検対応品)
◆BLITZ ZZ-R車高調 + アライメント調整
◆VERZ-WHEELS KCV20インチAW お好みで選択可能
◆FALKEN AZENIS FK510 20インチタイヤ
◆KUHLオリジナルフロアマット
*グレードやボディカラーは自由に選択して頂く事が可能です。
*車高調無し(ノーマルサス)での価格設定コンプリートカーもございますので、各店舗までお問合せ下さい。
 
新車コンプリートカーの価格や仕様はこの通りとなります。
ちなみに、2022年モデルの正式発表が行われたことで、2017~2020モデルの中古車相場が少しお安くなる可能性がございます。
基本的に中古GT-Rは価格が上がっていく!傾向にありますので、一時的な相場価格ダウンになるかと思いますが、2017以降の後期GT-Rをご検討いただいているお客様は、価格ダウンが予想されます年末までにご購入をご検討いただくのも良いかと思います。
R35GT-R・KUHLRACING新車・中古車コンプリートカーをぜひともご検討頂きます様、よろしくお願いいたします。
 


 
最後に開発中のNEWボディキット「KUHLRACING 35R FINAL EDITION」の開発最新情報をお届けさせて頂きます。
「KUHLRACING 35R FINAL EDITION」の開発予定アイテムは下記の通りとなります。
① ワイドフェンダーキットTYPEⅠ ➡ ドアパネルまでラインナップするワイドボディキットです
② ワイドフェンダーキットTYPEⅡ ➡ ドアパネルの無いワイドボディキットです
③ フロントバンパー ➡ 標準ボディでも装着可能です。2008~2015モデル用・2017以降モデル用の2種類
➃ フロントディフューザー ➡ ワイドボディ専用品
⑤ サイドステップ ➡ 標準ボディでも装着可能です
⑥ サイドステップディフューザー ➡ 標準ボディ用・ワイドボディ用の2種類
⑦ リアバンパー ➡ 標準ボディでも装着可能です
⑧ リアディフューザー ➡ センター4本出しマフラー用・通常4本出しマフラー用の2種類
 
リリース&お披露目スケジュールは下記を予定しています
① NEWフロントバンパー・サイドステップ・サイドディフューザー③・⑤・⑥を装着した標準ボディのデモカーは10月お披露目予定です。
② ワイドボディキット2種類&リアバンパー装着デモカーは、来年1月の「東京オートサロン2022」でのお披露目となります。
 
今回のワイドボディキットは、マシニングセンターを使用したNC加工により、モデリングを行っています。
すべてのデザインデータをお披露目出来ず申し訳ない・・のですが、「リアフェンダーTYPEⅠ」のモデリング過程を少しだけご紹介させて頂きます👇

👆 こちらはCADデータとなります。片側70㎜のワイドフェンダーとなります
このCADデータをベースに、マシニングセンターにて雌型を切り出していきます👇



👆 ケミカルウッド素材を、ゆっくりと時間をかけてマシニングを行っていきます。
 

👆 こちらが完成したリアフェンダーTYPEⅠの雌型となります。
この後、この雌型にFRPを貼り込み脱型して、藤井寺工場にて現車に合わせたマッチング作業を行いマスターモデルが完成という流れになります。
 
これまではすべての工程をハンドメイドで行っておりましたので、非常に開発時間がかかっておりました。
したがってワイドボディやフルバンパーエアロを多数開発することが難しい状況でした。
しかしながら、このNC加工によるモデリングを内製化出来たことにより、今後は開発スピードが飛躍的に上がり、多数のボディキットをリリースしていく事が可能になります。
このマシニングセンターによるモデリングについても、また改めて詳しくご紹介をさせて頂きますのでよろしくお願いします。
 
R35GT-Rについては新車も発表され、KUHLではNEWエアロも開発中ですので、まだまださまざまな話題をお届け出来るかと思います。
KUHLRACINGがお届けするR35GT-Rを今後ともよろしくお願いいたします。