MENU

KUHL Fam!

2021-3-9

新型80ハリアーHARRIER用エアロパーツKUHLPREMIUM80H-SS TYPEⅡパールホワイトデモカー完成しました(後編)!樹脂部分を覆い隠すハーフタイプエアロパーツです!新型80ハリアー新車カスタムコンプリートカーも好評販売中です!<KUHL片岡より>

タグ: エアロコンプリートカーハリアー

前回に引き続き、新型80ハリアー「KUHLPREMIUM 80H-SS」シリーズエアロパーツTYPEⅡのご紹介をさせて頂きたいと思います。
前回はフロントとサイド回りを中心にご紹介をさせて頂きましたので、今回はリア回りのご紹介となります。
 


 
👆 リア回りのアイテムは「リアハーフスポイラー」「リアセンターディフューザー」「リアサイドディフューザー」「ルーフエンドウイング」「リアゲートウイング」「スラッシュ4テールマフラー」の6アイテムが装着されています。
 
そしてパールホワイトデモカーに装着されているのが「リアハーフスポイラー」「リアセンターディフューザー」ともに「TYPEⅡ」、ブラックカラーのデモカーに装着させていただいているのが「リアハーフスポイラー」「リアセンターディフューザー」ともに「TYPEⅠ」となります。
写真では違いが分かりずらいかと思いますが、見比べながら説明をさせて頂きたいと思います!
 


 
👆 TYPEⅠ&TYPEⅡとも、純正バンパー下部の樹脂部分を覆い隠すハーフタイプエアロとなりますが、ハーフスポイラー下部のデザインが違います。
そしてそれに伴いハーフスポイラー下部に2分割で装着するセンターディフューザーもTYPEⅠ&TYPEⅡの設定があります。
 

👆 パールホワイトデモカーの「TYPEⅡ」は、フローティング(吊り下げ)形状となりますので、ハーフスポイラーとセンターディフューザーの間に30㎜ほどの空間が開くデザインとなります。
フローティングさせて立体感を出す手法は、KUHLエアロパーツ従来の仕様と同じです。
従って「TYPEⅡ」のほうがより立体感・スポーティ感がアップしているデザインとなっています。
 

👆 これに対してブラックカラーデモカーの「TYPEⅠ」は、フローティング(吊り下げ)されていない、NEWデザインとなっています。
「リアハーフスポイラー」と「リアセンターディフューザー」の間に、隙間が無い仕様となりますので、よりシンプルなデザインの仕様となっております!
 

👆 また「TYPEⅡセンターディフューザー」の方が、後方延長も大きくし、ディフューザー両端のデザインも大きくアレンジして迫力アップさせています。
いろいろな塗り分けパターンがありそうですね!
ちなみにボディ両端下部に装着される「リアサイドディフューザー」は、TYPEⅠ&TYPEⅡとも共通アイテムとなります。
**「リアハーフスポイラー」と「スラッシュ4テールマフラー」のみでも、エアロパーツの装着はOKですし、より一層シンプルに乗りたい方には、この組み合わせも良いと思います**
 

👆 「TYPEⅡ」に比べて「TYPEⅠ」仕様は、後方延長も控えめで、反り上げも少ないフラットなデザインとなっています。
**「TYPEⅠハーフスポイラー&TYPEⅡセンターディフューザー」「TYPEⅡハーフスポイラー&TYPEⅠセンターディフューザーの組み合わせは不可となります・・・ややこしくてすみませんです・・・**
 
今回市販させて頂きますマフラーは、パールホワイトデモカーに装着させていただいている「ヒートブルーグラデーション」仕様と、ブラックカラーデモカーに装着されている「ステンレスカラー」仕様の、2種類から選択して頂けます。
価格はどちらも同じですので、お好みで選択して頂ければと思います!
**KUHLロゴマークは「ヒートブルーグラデーション」仕様のみの設定となります**
 


 
というわけで、写真では・・・非常に分かりずらい・・・「TYPEⅠ」と「TYPEⅡ」の違いをご紹介させて頂きました。
リア回りのその他アイテムとして、「ルーフエンドウイング」「リアゲートウイング」も装着されていますのでご紹介させて頂きます!

👆 上段のウイングは「ルーフエンドウイング」、下段(リアゲート中央)のウイングが「ルアゲートウイング」となります。
 

👆 どちらも大きすぎないサイズながらも、さりげなく主張するデザインにしてみました!
ちなみに上段の「ルーフエンドウイング」は、風洞実験を行って開発したウイングとなりますので、非常に空力特性に優れたデザインとなっています。
高速走行時の車両安定性が大きくアップするアイテムとなりますので、ぜひとも装着して体感して頂けると嬉しいです!
 

👆 デザイン的には台形形状を採用し、丸いボディに対して、エッジ感を加えたデザインとなります。
また後方&上方へと延長&反り上げることにより、さりげなくスポーティな印象になるようにとデザインさせて頂きました~!
 


 
というわけで、新型80ハリアーエアロパーツ「KUHLPREMIUM 80H-SS」シリーズをご紹介させて頂きました。
分かりやすく「TYPEⅡ」エアロパーツを、色分けしてみましたので参考にしてください👇


 
それでは新型80ハリアー用エアロパーツをぜひともご検討頂きます様よろしくお願いいたします!
 


 
新型ハリアー用エアロパーツ「KUHLPREMIUM 80H-SS 」フルエアロは、新車コンプリートカーとしてもご購入可能です!
新車コンプリートカーの装備品や価格は下記の通りとなりますので、お気軽に各店舗までお問合せ下さい!


【KUHLPREMIUM  新型ハリアー・新車コンプリートカー価格&装備品 】
<ハーフタイプエアロ80H-SS(リアアンダーディフューザーを装着した新車コンプリートカー)VER2>
 
新車コンプリートカー車両本体価格 ¥4,150,000(税込)
ベースグレード : ガソリンSグレード
ボディカラー : パールホワイトカラー
*ソリッドブラックカラーの場合 ¥4,040,000(税込)
 
装着オプション合計 ¥1,768,030(税込・塗装取付工賃込)を車両価格に含みます
お値引き額 ¥608,030
 
≪主要装着オプションパーツ≫
◆KUHLPREMIUM 80H-SS ハーフタイプエアロ 5点セット(パールカラーは2トーン塗装費用含む)
(フロントハーフスポイラー・サイドステップ3分割・リアハーフスポイラーTYPEⅠorTYPEⅡ・リアセンターディフューザーTYPEⅠorTYPEⅡ・リアサイドディフューザー)
◆KUHL スラッシュ4テールマフラー
◆BLITZ ZZ-R車高調 + アライメント調整
◆VERZ-WHEELS KCV01・02・03・04・05 20インチAW 全4色から選択可能
◆FALKEN AZENIS FK510 20インチタイヤ
◆KUHL レッドステッチフロアマット
◆TOYOTA純正オプション エントリーナビキット
 
**KUHL・WEBサイトには、WEBサイト上にて簡単にコンプリートカーのお見積りをして頂ける「コンプリートカー見積りシミュレーション」機能がございます。
ご検討して頂いておりますコンプリートカーを選択して頂き、「見積りシミュレーションはこちら」をクリックして頂きますと、ご希望のグレードやオプションパーツを選択して頂いたコンプリートカーのお見積りを、簡単にシミュレーションして頂くことが可能です。
 
**KUHLの各店舗では、商談をご希望のお客様に、来店予約システムをご利用いただけます。
KUHLのWEBサイトより、ご都合の良い日時に、クリック一つで来店商談予約をして頂くことが可能です。
また、ご来店が難しいお客様には、ZOOMを使用したオンライン商談も、WEBサイトよりワンクリックにてご予約可能です。
オンライン商談は21時まで受け付けを行っておりますので、お気軽にご利用下さい。
それでは皆様のお問合せ・ご来店を心からお待ちしております。
 
 
 
 
 
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ