MENU

KUHL Fam!

2020-12-27

KUHLPREMIUM新型80ハリアーエアロパーツ開発状況!ボディ下部の樹脂部分を隠すハーフタイプエアロパーツを開発中!フロント&リアハーフスポイラー製品完成!新車コンプリートカーも販売中!<KUHL片岡より>

タグ: エアロハリアー

新型80ハリアー用エアロパーツの第2弾「KUHLPREMIUM」ブランドからリリースさせて頂く予定の、ハーフタイプエアロ「80H-SS」の開発最新情報をご報告させて頂きます。
ただ今、KUHLでは新作エアロパーツ・ホイール・デモカーなど、ご紹介させて頂きたい話題が多数ございます。
年末までに最新情報を出来る限りご紹介をさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします!
 
それでは、「KUHLPREMIUM 80H-SS」エアロパーツ開発最新情報です~。

👆 「フロントハーフスポイラー」製品完成いたしました!
 


👆 純正バンパー下部の黒樹脂部分をすべて覆い隠すハーフタイプエアロとして完成いたしました!
エアロ高は、純正バンパーと全く同じ高さにて仕上げています・・(センター部分は純正バンパーよりも高く設定しています)。
純正バンパーの黒樹脂部分を全て覆い隠すデザインですと、通常はどうしてもエアロパーツが大きくなりすぎ、スポーティな感じが薄れてしまいがちです・・。
そこで、純正バンパーと同じ厚み(高さ)で設定することにより、出来る限りボディとフィットさせ、スポーティなイメージに仕上がる様にと、かなりコダワリをもって開発させて頂きました!
 

👆 デザイン的には、上下2段構造とすることにより、立体感が出るようにと開発いたしました。
前方への延長ですが、純正バンパー底面からは、50㎜ほど前方延長させていますが、ボディ先端よりは中に納まっているというサイズ感にて仕上げています。
センター部分にはダクトを設け、ネットを配置することで、スポーティさを意識いたしました。
パールホワイトカラーのボディへの対応として、こだわった2トーン塗装(塗分け塗装)が施せるように仕上げていますので、パールホワイトカラーのデモカー完成を楽しみにしていてください!
 


 
サイドステップはマスター型の最終段階まで進行しています👇

👆 「サイドステップカバー」も、ドア下の黒樹脂部分を全て覆い隠すデザインにて開発中です!
サイドステップのサイズも、純正サイドステップと全く同じ高さにて開発をしています。
サイドステップもボテッとした印象にならない様にこだわりながらデザインを行っております。
フロントと同じく、上下2分割デザインとし、立体感にこだわって開発を行っております。
 

👆 「サイドステップカバー」は3分割構成となります。
ドアの開閉時にエアロパーツが干渉しない様にするために、エアロパーツ下部の張り出し部分に切り欠きを入れています。
 


 

👆 「リアハーフスポイラーTYPE1」も製品完成いたしました!
こちらも純正バンパーの黒樹脂部分を全て覆い隠すデザインにて完成いたしました。
「リアハーフスポイラー」に関しては、純正バンパーよりも5㎝以上短縮加工を行いました~。
純正バンパーのどっしり感を、少し軽くしたいという狙いで短縮させて頂きました。
短縮することにより、ボディフロアが良く見えてしまいますので、奥行きを50㎝近く作りこむことで、アンダーフロア(底面)が見えないように仕上げています。
 

👆 そしてマフラーも、ハーフスポイラー専用に、4本出しマフラーを開発いたします。
マフラーのテールパイプ径は、100パイを予定しております。
写真のようなレイアウトとなりますので、純正マフラーよりも8~10センチ近く、高い位置にレイアウト変更を行います。
 


 
そして今回開発させて頂いておりますハーフタイプエアロパーツには、これ以外にも多数のアイテムが今後追加されていきます!
 

👆 こちらの写真には、リアハーフスポイラー下部に装着するセンターディフューザーを仮置きしています。
写真ではセンターのみを置いていますが、マフラー左右(ハーフスポイラー両端)にも、アンダーディフューザーが装着されますので、リアは上下2分割構成にて、スポーティ感をさらに高められるアイテムを開発中です。
 
👉 「リアハーフスポイラー」はTYPE2も同時にラインナップさせて頂きます。
TYPE2は、この写真のTYPE1を、さらに短縮加工をし、さらに奥行き感と立体感が感じられるハーフタイプエアロとなる予定です。
TYPE2専用の、「センターフローティングディフューザー」も開発させて頂きます。
 


 
「KUHLPREMIUM 80H-SS」エアロパーツは、先行発売中の「KRUISE by KUHLRACING KR-80HRR」と同じく、かなりアイテムが多いので、ここでアイテムを整理してみます!
 
<「KUHLPREMIUM 80H-SS」ハーフタイプエアロパーツ製品構成>
① フロントハーフスポイラー ➡ 製品完成
② フロントアンダーディフューザー ➡ フロントハーフスポイラー下部に追加装着する薄型ディフューザー
③ サイドステップカバー ➡ 3分割構成
④ サイドステップディフューザー ➡ サイドステップカバー下部に追加装着する薄型ディフューザー
⑤ リアハーフスポイラーTYPEⅠ ➡ 製品完成
⑥ リアセンターディフューザーTYPEⅠ ➡ TYPEⅠハーフスポイラー下部に装着するアンダーディフューザー
⑦ リアハーフスポイラーTYPEⅡ ➡ 1月完成予定
⑧ リアセンターディフューザーTYPEⅡ ➡ TYPEⅡハーフスポイラー下部に装着するアンダーディフューザー
⑨ リアサイドディフューザー ➡ TYPEⅠ&TYPEⅡ共通アイテム・ハーフスポイラー両端下部に追加装着する薄型ディフューザー
⑩ スラッシュ4テールマフラー ➡ TYPEⅠ&TYPEⅡ共通アイテム・100パイテールエンドの4本出しマフラー
 

 


 
というわけで、新型80ハリアー用エアロパーツはこのように、開発進行中です!
年明け1月のどこかで、エアロパーツ完成&エアサスデモカーのお披露目をさせて頂きたいと思っておりますので、楽しみにしていてください。
来年早々に、新型ハリアー用エアロパーツを多数発売させて頂きますので、新型ハリアーをよろしくお願いいたします! 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ