MENU

KUHL Fam!

2020-11-9

220クラウン・マイナーチェンジ情報(前編)!マイナー後クラウンに「KRUISE by KUHLRACING」エアロパーツフロント・サイド・リア・ウイング・4本出しマフラー装着OKです!マイナーチェンジ後新型クラウン新車コンプリートカーも販売中!<KUHL片岡より>

タグ: エアロクラウン

11月2日に、いよいよ220クラウンがマイナーチェンジをしました~!
マイナーチェンジということで、内外装ともどのような変更があるかと気になっておりましたが・・・外装の変更はほとんど無し!!・・・ということでした。
したがって、マイナーチェンジ前のクラウン用エアロパーツとして、「KRUISE by KUHLRACING KR-220RR」を販売させていただいているのですが、このエアロパーツがそのまま装着可能ということが判明いたしました!
マイナーチェンジ後の220クラウンをご検討頂いているお客様は、弊社エアロパーツを装着して頂けますので、ぜひともご検討頂けます様よろしくお願いいたします。
ちなみに販売中の「KRUISE by KUHLRACING KR-220RR」エアロパーツはこのようなデザインとなっています!
エアロパーツはTYPE1&TYPE2の2種類をラインナップしております。
 
「KRUISE by KUHLRACING KR-220RR TYPE1」





 
「KRUISE by KUHLRACING KR-220RR TYPE2」






 
エアロパーツの構成は下記の通りとなります👇
① フロントディフューザー(TYPE1&TYPE2設定アリ)
② サイドディフューザー
③ リアセンターディフューザー(TYPE1&TYPE2設定アリ)
④ リアサイドディフューザー
⓹ トランクスポイラー
⑥ トランクスポイラーアッパーカナード
⑦ スラッシュ4テールマフラー

 
「KRUISE by KUHLRACING」ブランドエアロパーツということで、厚み10mmの薄型ディフューザーとなっており、純正スタイルを崩さないシンプルなテイストに仕上げております。
ローダウンしても地上高が十分確保できますので、ストレスなく運転して頂く事が可能です。
 
ちなみにこのエアロパーツは、「埼玉トヨペット様GREENBRAVE」レーシングチームに供給させて頂いており、スーパー耐久レース・参戦クラウンに装着して頂いております👇

👆 こちらのエアロパーツは実際に風洞実験を行って頂きました。
結果は、ダウンフォースは向上しながらも、静粛性は純正同等という素晴らしい空力特性が実証されましたので、高速走行では安定感がアップしながらも、車内は非常に静粛性が保たれます。
シンプルなエアロデザインながらも、空力性能は非常に良いエアロパーツですので、期待してください!
 


 
それでは、220クラウンのマイナーチェンジのポイントについてご紹介させて頂きますね!
 
<マイナーチェンジ後クラウンの変更点👇>
① 「リアコンビランプ内の加飾をメッキからスモークメッキに変更」
② 「アルミホイールは16インチを廃止し、「RSアドバンス」グレードには新デザイン18インチホイールを採用」
➡ 実は・・・外装の変更点はこの2点くらいです・・・。
 
③ 「デュアルディスプレイを、12.3インチのワイドディスプレイに変更」

➡ このディスプレイ変更が、このマイナーチェンジで最大の変更点となります。マイナーチェンジ前モデルでは「表示用8インチ」と「操作用7インチ」のダブルディスプレイとなっていたのですが、使いずらいなどの意見が多かったみたいです・・・というわけで、新型ハリアーにも採用されました12.3インチのワイドディスプレイに変更することで見やすさと操作性が向上するとのことです。
 
④ 「シートに採用する生地がそれぞれのグレードでアップグレード」
➡ 「S」グレードはファブリックからブランノーブ、「G」グレードはファブリックから本革、「RS」グレードはファブリックからファブリック+合皮、「RS」グレードはファブリックからファブリック+合皮、「RSアドバンス」グレードはファブリック+合皮から本革に変更
 
⓹ ボディカラーに「プレシャスホワイトパール」「プレシャスメタル」「エモーショナルレッド2」を新設定し、「ホワイトパールクリスタルシャイン」「プレシャスシルバー」「プレシャスガレナ」が廃止となりました。

➡ 「プレシャスホワイトパール」は従来の「ホワイトパールクリスタルシャイン」よりも、金額が高いので、コンプリートカー販売やエアロ塗装では、少し高くなります・・。
また、鮮やかなレッドカラーである「エモーショナルレッド2」のクラウンは、ぜひ見てみたい気がしますね!
 
⑥「トヨタセーフティセンス」に「ドライバー異常時対応システム」と、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」の“カーブ速度抑制機能”をトヨタ初採用されました。
➡ レーダークルーズ時に、カーブで自動減速してくれる機能は嬉しいですね!
 


 
新型クラウンの主な変更点はこのようになっております~。
その他、グレード展開が変更になっています!
マイナー前では、30タイプから選択可能でしたが、マイナー後は、17タイプへと削減されています。
次回は、グレード別の価格と、それに伴うコンプリートカー価格についてご紹介させて頂きたいと思いますので、よろしくお願いします!
 
後編へ続く・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ