MENU

KUHL Fam!

2018-5-19

KUHLRACINGブランド初のスバル車エアロ開発中!「WRX-STI」VABエアロイメージCG完成しました~!スポイラーとバンパーで販売!<KUHL片岡より>

タグ: WRXスバル

先日、Zc33SスイフトスポーツのエアロパーツイメージCGをご紹介させて頂きましたが、現在開発を進めておりますWRX-STIのエアロイメージCGが完成しました(CGも無い状態で、先に造形を進めておりました・・・)ので、ご紹介させて頂きますね!
開発が予定よりも遅れてしまっておりますが、エアロイメージCGも完成しましたので、一気に進めていきたいと思います!
まずはフロントとサイドのスタイルからです!

フロントは、フロントアンダーディフューザー、フロントグリル、バンパーカバーガーニッシュの3点構成となります!
フロントグリルは純正イメージを踏襲しながらも、深い奥行きとネット、KUHLエンブレムが入ります。
バンパーガーニッシュは左右のダクトをシャープに仕上げ、奥行き感を出すことにより、スポーティなフェイスに仕上がる効果を狙っています!
フロントディフューザーのダウン量は純正バンパー比20㎜以内に抑えております
サイドステップは、サイドアンダーディフューザーとの2分割構成となります!
サイドステップは純正交換タイプとなっており、奥行きの深いダクトが特徴的です。サイドステップ単体の高さは、フロントディフューザーとほぼ同じ高さに仕上げておりますので、さらにローフォルムに仕上げたい方は、サイドアンダーディフューザーを追加装着して頂くと良いかもしれません。
 
そして注目のリアビューです!

リアはフルバンパータイプを選択させて頂きました!リアバンパーに、アッパーディフューザーとフローティングディフューザーを追加装着する3分割エアロパーツとなる予定です!
4本出しのスラッシュマフラーを装着し、あえて空間を作った、立体感タップリのエアロパーツに仕上げる予定です
バックフォグは専用タイプに変更いたします。
今回、バックフォグの下側に装着するアッパーディフューザーがポイントになると思います!バンパーよりも後方に大きく延長させ、迫力感を出したいと思っておりますので、楽しみにしていてくださいね!
ちなみにリアバンパーの造形はこんな感じで進行中です~!


86のフローティングディフューザーとマフラーエンドを仮置きしてみました
純正バンパー下部をタップリとカットして進行中です~!
 
**今回、走りのWRX-STIということで、VOLK-RACINGのTE37ホイールを装着して、適度?なローダウン仕様のエアロCGも制作してみました!

こんな感じになります~! それでは完成を楽しみにしていてくださいね!
 
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ