MENU

KUHL Fam!

2018-5-11

ZC33S スイフトスポーツ KUHLRACINGエアロパーツ開発決定!エアロパーツデザインCG完成しました~!新車コンプリートカー販売もOK!<KUHL片岡より>

タグ: スイフトスポーツスズキ

KUHLRACINGブランドとして、現在開発中のエアロパーツは、先日ご紹介させて頂いた通りスバルWRX-STIです!
こちらは現在、フロント回りが完成し、リア回りの造形が進行中です!フロント、リアとも3ピースタイプとなりますので、開発多数のため、お時間がかかってしまい申し訳ないところです・・・。
というわけで、WRX-STIの次に開発が決定したお車は、お待ちかねの方も多いかと思いますが・・・「ZC33Sスイフトスポーツ」となります!
フロント回りのエアロデザインはこんな感じです!

フロントはWRXと同じく3ピースのパーツで構成されます!
まずはフロントアンダーディフューザーですが、こちらは純正バンパー下部に装着するタイプとなっており、サイドフィンを大きめに設定し、迫力を加えたいと思っております!
そして、前モデルでも好評だったフロントグリルの形状はこんな感じで仕上げる予定です!
純正グリルと同じ様な形状ですが、奥行き感を出し、デザイン性を加えることで、スポーティに仕上げたいと考えています
そして、マスクのイメージを大きく変更させるポイントとして、フォグランプ回りのカバーガーニッシュを追加したいと考えています!
純正がすこし優しい感じのフェイスになっておりますので、フォグ回りに意匠を加えることで、スポーティ感が増すようにしたいと考えております。

ちなみに、フォグカバーガーニッシュをボディカラーと同じくイエローにて塗り分けをすると、こんな感じに仕上がる予定です
そして、サイドステップは純正サイドステップの下部に装着するディフューザータイプに仕上げる予定です!前後のサイドフィンの立ち上がりが特徴的です
そしてリア回りは、なんと2種類のデザインを選択できるようにしたいと考えています!
まずは、純正リアバンパー下部に装着するシンプルデザインのリアフローティングディフューザーとなります

フロントと同じく、サイドフィンの立ち上げを大きくし、迫力あるデザインに仕上げたいと思っています!
そして、Ver2は、前期スイフトスポーツで、4本出しマフラーを設定して欲しいという声が多かったので、KUHLオリジナルの4本出しマフラーを装着できるリアハーフスポイラーもラインナップしたいと考えております!
デザインはこんな感じです

このような感じで、新型スイフトスポーツのエアロパーツを作っていきたいと考えておりますので、皆様、楽しみにしていてくださいね!
新型スイフトスポーツは、ターボエンジンを装着するなど、最近では珍しい走りを楽しめるお車だと思います!
前モデルでも新車コンプリートカーを中心に、多数のスイフトスポーツを販売させて頂きました。今回の新型ももちろん、新車フルカスタムコンプリートカーをご用意させて頂いております!
ただいま、KUHLRACING名古屋店では、エアロパーツはまだ無しですが、BLITZ車高調と、WORKホイールを装着した新車コンプリートカーを展示しておりますので、ご興味のあるお客様は、お気軽に見に来て下さいね!
展示中の新車コンプリートカー・デモカーはこんな感じで仕上げております!ナビやKUHLフロアマットも付属されて、お得な価格でご購入可能となっております!
今回のエアロパーツを装着した新車コンプリートカーも、ご予約スタートいたしますので、こちらもお気軽にお問合せ下さいね

それでは開発がスタートしましたら、またご紹介させて頂きますね!
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ