HOME > KUHL Fam!

KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2020年6月11日

KUHLRACINGエアロパーツ開発情報!200系ハイエース標準ナローボディ用フラップタイプエアロパーツ開発スタート!まずはフロントエアロ&グリルから!ハイエース6型新車コンプリートカーも販売OK!<KUHL片岡より>

2020.06.11

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

本日は、久しぶりにハイエースの話題をお届けさせて頂きたいと思います!

先月、200系ハイエースがいよいよ6型!にマイナーチェンジをしたのをご存知の方も多いかと思います。

200系ハイエースは、平成16年(2004年)に発売されて以来、16年間に渡って販売をされている、ロングセラーモデルなのですが、1型からスタートした改良・マイナーチェンジも、これでなんと6回目!となりました。

いつ頃、次のモデルと考えられている300系にフルモデルチェンジするのかと、楽しみにしている方も多いかと思いますが、この度、6型へとマイナーチェンジされたことにより、まだまだ200系の販売は続きそうですね!

というわけで、この度、ハイエースが6型へと改良となりました変更点について、簡単にまとめてみますね。

👆 こちらが新発売となりました6型ハイエースとなります!

この写真から分かる方もおみえかと思いますが・・外装の大きな変更点はドアミラー形状と、フロントグリルですね。

主な改良点をまとめてみました👇

・ラジエターグリルのデザインが変更となりました(安全システムに採用するミリ波レーダーの位置を移動するため、ラジエターグリルのデザインが変更されました)。

・オプティトロンメーターに4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが採用されました。

・「インテリジェントクリアランスソナー」「パノラミックビューモニター」「デジタルインナーミラー」がメーカーオプション設定となりました。

・ドアミラーが大型化されました

 

そして、以前販売され人気になった「ダークプライム」の新しいバージョンとしての特別仕様車も用意されているのが嬉しいですね!

6型ハイエースの特別仕様車は、<DARK PRIME II>ダークプライムⅡとして、新しくなりました。

最上級グレード「スーパーGL」をベースに、外装にダークメッキを施したフロントグリル、バックドアガーニッシュが装着されています。

👆 内装には、ルーフやピラーにブラック色を採用するなどして高級感をアップさせています!

 

👆 その他ステアリングやインテリアパネルには、黒茶木目ウッドが使用され、助手席エアバッグも標準装備となります。

 

その他ダークプライムⅡの主な装備品は下記の通りです。

・LEDヘッドライト(クリアスモーク)

・ステアリングスイッチ

・合皮&トリコットシート表皮

・スマートエントリーシステム

・スライドドアスカッフプレートなどなど

 

まだ他にも、ダークプライムⅡには標準装備品が多数装着されているのですが、それでいて「スーパーGL」グレードよりも168000円の価格アップで済むというお買い得車となっています・・・。

アルファードのタイプゴールド、ヴェルファイアのゴールデンアイズと同じように、お得な特別仕様車としてご購入いただけますので、6型でもおススメの仕様ですね!

 

というわけで、6型へと進化したハイエースですが・・・KUHLではもちろん!!新作のエアロパーツをご用意させて頂きたいと思っております~。

 

というわけで早速、エアロパーツ開発をスタートさせて頂いております。

 


 

👆 まずはフロントディフューザーから開発をスタートさせております~。

先日、ランドクルーザープラドのエアロ開発が終了しました(近々デモカー写真お披露目させて頂きます)ので、引き続き、「バガねんど」さんにて開発して頂いております。

**写真でお気づきの方も見えるかと思いますが、ベース車両は6型ハイエースがまだ納車されておりませんので、4型ハイエースをベースに開発をさせて頂いております・・・。

4型ハイエースに6型のフロントバンパーとフロントグリル(写真の車両には、KUHLフロントグリルが仮装着されています)を装着して、いち早く開発をスタートさせて頂きました~。

**ちなみに、4型・5型・6型はフロントバンパーは共通みたいですので、今回開発させて頂きますフロントディフューザーは4型にも装着出来そうですね!

 

👆 今回、新開発させて頂いておりますフロントエアロパーツは、純正バンパー下部に装着するフラップタイプ薄型ディフューザータイプとなります!

まだまだ粗削りの段階ですが、両サイドの縦フィンで迫力をアップさせ、センター部分はバンパーとの間に、空洞を作ることにより、スポーティに仕上がる様にデザインしてみました・・。

今回の開発には、弊社KUHLグループの中で、最もハイエースが得意な「KITZ-RACING」の石原代表にも、デザイン参加してもらっていますので、ハイエース乗りの皆様に喜んで頂けるエアロパーツに仕上げられるように頑張りたいと思っております~。

 

👉 フロントディフューザーの次は、ただ今仮装着しているKUHLオリジナルフロントグリルに、トヨタセーフティセンス対応モデルを追加開発させて頂く予定です。

サイドステップ(写真の車両に装着済みです・・分かりにくいかと思いますが・・)は、従来のKUHL商品をそのまま使用します!

そして、リアまわりには、純正リアバンパーにそのまま装着できる、アンダーディフューザーを追加開発したいと考えております(4本出しマフラー仕様をご希望の方は、従来のKUHLバンパーエアロをぜひ装着してくださいね!)

 


 

というわけで、ハイエース用のエアロパーツ開発はこのようにスタートさせて頂きました!

 

今回の6型ハイエースは、新車コンプリートカーでのご購入ももちろん可能です。

そして、5型までのハイエース新車コンプリートカー販売は、弊社グループの「KITZ-RACING店」での販売をメインとさせて頂いておりましたが、6型からは、KUHL各店舗での取り扱いも行いたいと考えております!

KUHL各店舗では、FALKENタイヤさんから新しく発売されましたホワイトレターのバンタイヤを中心とした、新車コンプリートカーを展開していきたいと考えております。

また後日、ハイエース新車コンプリートカーのお得な価格設定を発表させて頂きたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね!!

 

それでは、KITZ-RACING、KUHL各店舗にて取り扱いさせて頂きます、200系ハイエース6型を、皆様よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

記事一覧へ戻る