KUHL Fam!

開発情報ショップ

2023-8-14

KUHL&KRUISEエアロパーツ開発速報!R35GT-R 2024モデル(MY24)用エアロパーツ開発中!

タグ: GT-RR35R35 GT-RR35GT-RR35 GT-R エアロR35GT-RGT-RR35

本日は「KUHL&KRUISEエアロパーツ開発速報」をお届けします。

車種は「R35GT-R 2024モデル」です。

前回のご紹介では「フロントディフューザー」「サイドディフューザー」「フロントバンパーカナード」のクレイ造型をご紹介させて頂きました。こちらです⇩

 

そして「フロントディフューザー」は石膏による反転作業が完了し、これから石膏型に対してファイバーを貼り込むマスターモデルの造型へと移行します。

⇧手前の白い型が石膏型となります。

R35GT-R 2024モデル用エアロパーツ KRUISE KR-MY24RR リアディフューザー造形中。

そしていよいよ「リアディフューザー」の造型がスタートしておりますのでご報告です。

「リアディフューザー」はクレイ(粘土)造型ではなく、MY17モデル用のKRUISEエアロをベースとしてマスターモデルを開発中です。

MY17用エアロパーツがそのまま流用出来れば楽なのですが、純正バンパー形状が全く違うため、そのまま使える部分はわずかとなります。

 

センター部分で一旦、真っ二つにカットし、150㎜ほどセンター部分を延長させています。

反り上がり部分がMY17モデルよりも、かなり幅広の設定となります。

 

そして両端は作り直しとなりますので、これからバンパーと接合させるステー部分の造型を行っていく事になります。

センターフィンは3枚仕様を基本設定としますが、幅広のため4枚フィンもいけそうな感じです。

 

後方への延長は、純正バンパーの一番外側から10㎜出しの設定となりますので、通常よりも後方延長を抑えたスタイルとなりそうです。

 

このようにR35GT-R 2024モデルのエアロパーツ開発が順調に進んでおります。

また開発が進みましたらご報告させて頂きますので楽しみにしていてください。

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • 2ピースホイールの仕組みを解説します<
  • N-BOXカスタム用が完成しました。2種類のコンプリートカーがあります<
  • 新型アルファードとヴェルファイア用のエアロパーツが完成しました!<
  • 新型プリウス用にDIYで装着できるエアロパーツを作りました<
  • プリウスワイドボディに装着した6本出しマフラーを販売します!|KUHL Racing TOYOTA PRIUS<
  • 東京オートサロン2024に展示したR35GT-Rの詳細を解説します!<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ