MENU

KUHL Fam!

2020-5-9

KUHLRACINGエアロパーツ開発情報!220クラウン用エアロパーツ開発中!KUHL初のセダンエアロは6月初デビュー!フロント・サイド・リア・トランクスポイラー・4本出しマフラー!<KUHL片岡より>

タグ: エアロクラウン

本日は、現在開発中のエアロパーツのご紹介をさせて頂きたいと思います!
先月より開発をスタートさせておりますエアロパーツはなんと・・・「220クラウン!」・・・です。
 
クラウンと言えば、日本を代表するセダン車ですよね。
KUHLRACINGでは、実はこれまで、セダンタイプのエアロパーツ(WRXは除く)は、ラインナップしていなかったのですが、この度、開発をさせて頂く事となりました~。
 
現行220クラウンは、デザインが非常にスポーティなのと、2リッターですがターボモデルもラインナップされているので、まさにスポーツセダンと呼べる車ですよね!
トヨタさんでも以前は、マークⅡ・チェイサー・アリストといった、いわゆるスポーツセダンと呼ばれる車が多数ラインナップされており、特に、マークⅡ・チェイサーあたりは、1JZというパワフルなターボエンジンに、5速マニュアル、FRというツアラーグレードも存在していました。
当時ワタクシも、100系チェイサーをチューニングして、ドリフトをしていた頃が懐かしいです・・・。
 
現行クラウンは、当時のスポーツセダンの香りを少し感じさせる車だと、個人的に思っておりますので、今回、思い切って開発をさせて頂く事にしました。
 
というわけで、早速ですが、220クラウンのエアロイメージCGを、ご紹介させて頂きたいと思います!

👆 今回開発させて頂くエアロパーツは、下記ラインナップとなります~!
① フロントディフューザー
② サイドディフューザー
③ リアディフューザー(3分割タイプ)
④ トランクスポイラー
⑤ 4本出しマフラー(100パイテール)
 
👉 エアロパーツは、すべて薄型フラップタイプエアロとなります。純正バンパーの下に装着するタイプですね!
エアロパーツの厚みは10㎜という、かなりの薄型素材を予定しています(薄型にもかかわらず強度は、現在販売させて頂いておりますエアロパーツと変わりませんので、安心してください)。
先日ご紹介させて頂いた、2017モデルのR35GT-Rでも採用させて頂いていますが、今後NEWブランドにて、この薄型素材を使用したエアロパーツを多数の車種にラインナップしていきたいと考えております~。
 
👇 リアのイメージはこのようになっております!

👆 リアも純正バンパー下部に装着するアンダーディフューザーとなっておりますが、左右両端とセンター部分の3分割構成となる予定です。
また、トランクスポイラーは、純正交換タイプとして開発いたします。
4本出しの車検対応マフラーも、もちろんラインナップさせて頂きます!出口は100パイの真円テールエンドを採用する予定です。
 
👇 そして、こちらのエアロパーツはすでに、かなり開発が進んでおります。

👉 ご覧のように、すでにマスターモデルは完成しておりますので、今月より量産型(生産型)の製造に取りかかっております!
従って、6月初旬にデモカーお披露目&販売スタートというスケジュールで行ければ!と思っております~。
 


 
220クラウンのエアロパーツ開発はこのように進めておりますので、完成を楽しみにしていてくださいね!
エアロパーツ単体での販売はもちろんの事、新車コンプリートカー販売ももちろん予定しております。
また、クラウンは状態の良いUSEDカーも、オークションなどで流通しておりますので、USEDカーをベースとした、コンプリートカー価格も設定させて頂く予定です。
コンプリートカーに関しましては、価格が決まり次第リリースさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。
 


 
* コロナウイルス感染拡大の影響で時短営業をさせて頂いており、皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
現在の営業時間は下記の通りとなります(メールやお電話でのお問合せも、対応可能ですのでお気軽にお問合せ下さい)
・KUHLRACINGさいたま店  ⇒ 10時~17時(毎週水曜定休日) *お電話は18時まで受け付け可能です
・KUHLRACING名古屋店・KUHLPREMIUM名古屋店・KUHLRACING栃木店  ⇒ 10時~18時(毎週水曜定休日)