KUHL Fam!

開発情報

2023-7-3

<緊急速報!>新型R35GT-R 2024モデル最速入庫!R35GT-R2024モデル用ローダウンカスタム&エアロパーツイメージを最速ご紹介!

タグ: R35R35 GT-RR35GT-RR35GT-RGT-RR35

本日は、非常に嬉しい告知がございます~!

今年の「東京オートサロン2023」にて日産自動車さんより「新型GT-R 2024モデル」が正式発表されました。

ワタクシもオートサロン会場で現車を見させていただきましたが、あまりに沢山のお客様で、近くで見る事が出来ませんでした・・・。

そして年間生産台数も非常に少なく、どこのディーラーさんでも「抽選にて購入権が獲得できる」といったパターンがほとんどのため、手に入れるのは非常に困難だと思っていました・・・。

 

しかしながら・・・今回R35GT-R 2024モデルを抽選入手することが出来ました。

愛知県の「三河日産」さんには、平素より非常にお世話になっており、本当に本当に有難い限りです。

**お客様からも2024モデルに多数の新車予約オーダーを頂いたのですが、割り当てが出来ず本当に申し訳ございませんでした**

 

というわけで、抽選に外れた方も多いかと思いますので非常に複雑な心境ではありますが・・・早くもR35 2024モデルKUHLに入庫いたしました~

R35GT-R 2024モデル入庫しました。

35GT-R.KUHL.AIR.SUS

35GT-R.KUHL.AIR.SUS

購入させて頂きましたおクルマは2024モデルの標準車・ピュアエディショングレード・ワンガンブルー(正式名です)となります。

 

ワンガンブルーと言えば・・・「KRUISE」ブランドのイメージカーでもある「2020モデル」を所有していますので、2台並べてみました⇩

2020モデルは「KRUISEエアロ」「ローダウン」「VERZ-VRF01 20インチホイール」などでフルカスタムを行っていますので、このように並べてみますと、2024モデルも一刻も早くカスタムしたい!と、個人的は思ってしまいます・・・。

**2024モデルと2020モデルとの変更点、性能の差などは、今後YouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」にて、たっぷりとご紹介をしていきたいと思っていますので、楽しみにしていてください**

 

R35GT-R 2024モデル ローダウンカスタムイメージCG。

というわけで、従来モデルとの違いなども気になる点かと思いますが、KUHLと言えば「カスタム!」だと思いますので、まずはローダウンカスタムイメージCGを制作してみました。

R35 2024モデル フロントローダウンカスタムイメージ⇩

⇧2024モデルローダウンさせて、KUHLオリジナル「VERZ-WHEELS  VRF01」20インチホイールを装着させてみました。

 

2024モデルは前後バンパー形状が大きく変更となり、そのデザインに関しては、賛否両論の評価となっているようです。

2017モデル以降からVモーショングリルが装着され、いかにもGT-Rといったシャープでスポーティなイメージであったフロントフェイスですが、今回の変更で、かなりスタイリッシュな方向性に変更されたなというのが、ワタクシの第一印象でした。

GT-R独特のイカツサ・泥臭さ(表現が悪くてすみません・・)は減ったように感じますが、新採用のデイライトにも象徴されるように、先進的なデザインへと進化しているのが感じ取れます。

というわけで、このNEWフェイスには、ローダウンカスタムが似合うのかどうか・・ということで、ローダウンカスタムイメージCGを制作してみたら、こうなりました!というわけです。

 

次はリアのローダウンカスタムイメージです。

R35 2024モデル リアローダウンカスタムイメージ⇩

リアバンパーの形状も大きく変更となっています。

テールレンズ下部にプレスラインが入っていたり、バンパー両サイドの形状も変化しています。

またマフラー周囲にも意匠変更が加えられ、バックフォグが縦型へと変更されている点が最も特徴的なポイントかと思います。

いずれにせよ、フロント・リアともにローダウンカスタムが非常に似合うのではないかと思います。

 

R35GT-R 2024モデル用エアロパーツ「KRUISE KR-2024RR(仮称)」デザインイメージCG。

それでは次に、2024モデル用のエアロパーツデザインイメージのご紹介です。

R35GT-Rは先日、「FINAL EDITION」エアロパーツをリリースさせて頂き、R35GT-R用エアロパーツ開発は終了!のアナウンスをさせて頂いたばかりですが・・・新しく2024モデルがリリースされ、デザインも大きく変更されたという事ですので、2024モデル用のエアロパーツ開発を行いたいと思います!

「KUHL」と言えば・・・「GT-R!」といっても良いほど力を入れてきたおクルマですので、また新しいモデルのエアロパーツを開発できるのは本当に嬉しいですね。

今回はシンプル&スポーティな「KRUISE」ブランドからのリリースを予定しています。

ちなみに2017以降モデル用の「KRUISE KR-35RR」エアロパーツはこちらです⇩

薄型のディフューザータイプエアロで、シンプルなデザインでまとめています。

 

そしてこのエアロイメージを、2024モデルに組み合わせてみるとこうなります。

R35GT-R 2024モデル用「KRUISE KR-2024RR」フロントエアロパーツイメージCG

純正フロントバンパーとサイドステップ下部に薄型ディフューザーをデザインしてみました。

シンプルながらもエアロパーツが装着されると、また見た目が変化してきますね。

 

そしてこちらがリアイメージです。

R35GT-R 2024モデル用「KRUISE KR-2024RR」リアエアロパーツイメージCG

リアバンパー下部に装着する「フローティングディフューザー」のデザインとなります。

従来モデルよりも純正バンパーに立体感が増していますので、エアロパーツ装着でさらに立体感UPと迫力UPが狙えると思います。

また純正リアウイング形状も変更されており、洗練度がUPしていますので、この純正ウイングをイメージしたKUHLリアウイングを開発しても良いかもしれません。

というわけで、これから2024モデル用エアロパーツの開発に取り掛からせていただくので、完成を楽しみにして頂ければと思います。

 

しかしながら、KUHL2024モデルエアロパーツ開発予定はこれだけではありません・・。

従来モデルのGT-Rオーナー様や、これからGT-Rの中古車購入を検討されている方向けに、このようなエアロパーツの開発を予定しています。

R35GT-R 2024Ver フルバンパーエアロ&ワイドボディキット開発します。

MY08モデルからMY20モデルにいたる全てのR35GT-Rに装着可能な、2024モデルをオマージュした前後バンパーを開発したいと思います!

2024モデル前後バンパーデザインをベースとしながら、KUHLの考えるデザインアイデアをふんだんに盛り込んだバンパーを開発したいと思っています。

 

フェンダーカットの必要のないワイドボディキットも開発(全年式対応)

そしてもう一つの目玉は、全年式に対応できるワイドフェンダーキットの開発です。

これまでKUHLでは数々のR35用ワイドボディキットを販売してきましたが、今回のワイドボディはフェンダーカットの必要ないワイドフェンダーを予定しています。

ただ今、デザインを煮詰めているところなのですが、現段階でのデザイン構想を少し紹介しておきます⇩

このようなワイドフェンダーキットを構想中です。

デザインが確定しましたら、また詳しくご紹介させて頂きますので、楽しみにしていてください。

 

というわけで、まずは2024モデル「KRUISE」エアロパーツの開発からスタートしていきますので、開発の状況につきましてはどんどん速報させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

 

**R35GT-Rは一時期、中古車相場が落ち着いていましたが、ここに来て再度高騰する傾向を見せています。

R35GT-Rの中古車購入を検討頂いている方は、早急にベース車両の確保を行って頂いたほうが良さそうです。

KUHL全店舗には、R35GT-Rの在庫車も多数ございますので、お気軽にお問合せ下さい**

 

 

 

 

 

 

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • 新型R35 GT-Rの2024年モデルエアロパーツが完成しました<
  • クラウンスポーツが入庫したのでベストなホイールマッチングサイズを検証しました<
  • 2ピースホイールの仕組みを解説します<
  • N-BOXカスタム用が完成しました。2種類のコンプリートカーがあります<
  • 新型アルファードとヴェルファイア用のエアロパーツが完成しました!<
  • 新型プリウス用にDIYで装着できるエアロパーツを作りました<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ