MENU

KUHL Fam!

2019-2-3

KUHL JAPAN PROJECT 2019 R35GT-R! KUHLRACING新作ワイドエアロキット!ROHAN IZAWA カスタムペイントテクニック・ソウルペイントのご紹介①!大阪オートメッセ2019にも展示いたします!<KUHL片岡より>

タグ: GT-RROHAN東京オートサロン

東京オートサロン2019でお披露目させて頂きました「KUHLJAPAN PROJECT2019」のR35GT-Rワイドボディを、本日はあらてめてご紹介させて頂ければと思います!
まずは、お車の写真からです~

益田カメラマンさんに撮影をして頂きました!
片側7センチのワイドボディに、赤色カラーで仕上げると、こんなにも迫力タップリの車に仕上がりました。
とにかく、いつものことながら、カスタムペインター井澤氏の技術には脱帽でございます!!
今回は特に時間の無い、非常にタイトな中、ほぼ1ヶ月弱で、このペイントを仕上げた技術力には、本当に驚かされました。
ペイントも、昨年の「ラインシェイカーGT-R」よりも、さらに磨きがかかっており、新しい技がタップリと仕込まれております!
今回のカスタムペイントの流れをご紹介させて頂きますね!
まずは、グラインダーを仕込みます。
そして、虹色に輝くラメフレークが、このタイミングで仕込まれるんですよね!

この時点で、ボディ全体にラメフレークが入っているのが分かるでしょうか?
画像で伝えるのが本当に難しいですね・・・

そしてそして、脅威のマスキングテクニックが炸裂します!



このように、井澤氏の感性で、細かくマスキングテープが貼られていきます~
ちなみにこの状態が、12月の20日過ぎくらいだったんですよね・・・。本当に間に合うのか・・・という状態でした!
そしてそして、今回は、2018年のラインシェイカーよりもマスキングテープが控え目??なんて感じた方もいるかもしれませんが、じつは今回、「ソウルペイント」という、カスタムペイント技術が盛り込まれているんですよね!
ちなみに昨年のラインシェイカーはこんな感じでした~

ラインの数が凄かった!!ですよね!!
今回施工して頂いた「ソウルペイント」とは何か!と言いますと、ラインや幾何学模様、場合によってはイラストなどを単色で塗装をし、それをキャンディカラーで閉じるという、カスタムペイントテクニックとなります!
言葉で言っても難しいと思いますので、施工写真を見て下さいね!

実は、こんな感じのラインが沢山沢山入っていたんですよね!
横ライン以外にも縦ラインや、幾何学ラインなど、エアブラシを使って、こんなにも立体的なライン取りがされていたんです・・・!!
この状態にクリア塗装をしても十分だと思うのですが・・、この上にキャンディペイントを施したというわけです~


これが、グラフィックを描いた後、単色塗装を行う、「ソウルペイント」となります!
光が当たると透き通るキャンディレッドカラーでの単色塗装となっておりますので、光が当たると、下地のグラフィックデザインがキレイに出てきます!
カスタムペイントは本当に奥が深いですよね!
クラウドファンディングを行っております、KUHLJAPAN PROJECT2020のペイントは、一体どんな凄まじいペイントになるのか!!今から楽しみで仕方ないですよね!

というわけで、ROHAN井澤氏による、カスタムペイントのご紹介をさせて頂きました!
お次は、今回のワイドボディキットを中心とした、ご紹介をさせて頂きたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ