MENU

KUHL Fam!

エアロパーツ

2022-9-22

「クラウンクロスオーバー」エアロパーツ開発決定!まずは「ローダウン&VERZホイール」と「エアロパーツ」のカスタムイメージラフを公開!

タグ: クラウン

先日、トヨタさんより待ちに待った「クラウンクロスオーバー」の発表がありましたね!

KUHLにご来店頂いているお客様の中でも、話題沸騰中で非常に注目のお車となっています。

ディーラーさんのショールームにも、少しずつ展示車両が増えてきており、ワタクシも先日・・・某トヨタディーラーさんの本社にお伺いし、実車を見てまいりました。

そしてそして「KUHL」では・・・「クラウンクロスオーバー」エアロパーツの開発を決定いたしました~!

 

すでにご存じかとは思いますが、「クラウン」はこのように激変!?いたしました~👇

 

この激変!?ぶりには本当に驚かされました・・・。

 

そしてなんと、今後「クラウン」シリーズは「クロスオーバー」「スポーツ」「エステート」「セダン」計4種類もラインナップされる予定というから驚きです。

 

この「クラウンクロスオーバー」シリーズは「リフトアップセダン」と呼ばれているらしいのですが、まさに国産車では、今までにないカテゴリー&スタイリングの車かと思います。

 

クラウンといえば・・「FRセダン」の王道で、特に前モデルの「220系クラウン」は、まさに「スポーツセダン」と言っても良いほどスポーティなセダンだったと思います。

「KUHL」でも、初めてクラウン用のエアロパーツを開発し、風洞実験まで行って頂いた思い入れの強いお車となっています👇

<KRUISE KR-220RR CROWN>

 

<「クラウンクロスオーバー」は、カスタム向きなのか?>

ということで、ビッグチェンジとなった「クラウン」ですが、やはり何と言っても気になるのは・・・「カスタム向き」なのかどうか・・・ですよね?

 

「KUHL」にご来店頂いているお客様にお聞きしても、まさに「賛否両論!」となっており、評価が分かれている感じがします。

 

というわけで、まずは「ローダウン」「VERZ」ホイールをインストールしたイメージCGを作ってみました👇

 

👆 かなりイメージチェンジしたと思いませんか?

「ローダウン」「VERZ」ホイールをインストールしただけでも、この変わり様です。

 

「リフトアップセダン」と言われていますが、やはり「クラウン」といえば「ローダウン!」ですよね??

非常に「カスタム向き」「カスタム映え」するおクルマと言っても良いのではないでしょうか。

 

ちなみに「クラウンクロスオーバー」は、純正サイズですでに「21インチ」が装備されており、現車の車高は思ったよりも高い・・・というのがワタクシの印象でした。

 

車高調でどこまでローダウンできるかは分かりませんが、エアサスでどこまで落とせるか・・・期待したいところです。

 

ちなみに80ハリアーが、車高調、エアサスともかなりのローダウン幅がありますので、「クラウンクロスオーバー」も期待出来るのではないかと思います。

車が入庫次第、ガッチリとローダウンしたデモカーを造りたいと思っています。

 

<「クラウンクロスオーバー」エアロパーツの初期デザインラフを紹介>

ローダウンでここまで変貌するとなると・・・「エアロパーツ」装着による更なる激変!を期待したいですよね!

というわけで、エアロパーツの初期デザインラフを紹介させて頂きます👇

👆 まずはフロント・サイドのデザイン案を制作してみました~。

 

今回は「KUHLRACING」ブランドからのリリースとなります「ハーフタイプ&ディフューザー」エアロでのデザインとなります。

ボディ下部にボリュームを持たせるだけでも、かなり迫力が出てスポーティなイメージになっているのではないかと思います。

新型クラウンは「角目ヘッドライト」と開口部の大きい「フロントバンパー」が非常に効いており、スポーティでイカツイイメージに仕上げやすいベース車だと思います。

 

そして「リフトアップセダン」のイメージから「スポーティセダン」へとイメージチェンジするためには・・・黒樹脂のバンパー下部やドアパネル、オーバーフェンダーを攻略する必要があるかと思います。

ということで、黒樹脂部分をボディ同色化し、スポーティなイメージに変更するために、いろいろ?被せるエアロパーツを考えてみました。

 

 

👆 ということで、このようなパーツ構成を考えてみました。

**デザインラフでは、フロント&サイドはハーフスポイラーとアンダーディフューザーの2分割構成となっていますが、製品は上下一体型での販売となるかと思います**

 

そしてそして「クラウンクロスオーバー」のエアロパーツ&カスタムのポイントは・・・リア回りが重要だと思っています。

ローダウンイメージCGでも感じられるかもしれないですが・・・「リアバンパー」のデザインが非常に特徴的だと思います👇

内巻きで柔らかいバンパー形状のため、スポーティなイメージを演出するのが、非常に難しいという印象があります。

ということで、リア回りのデザインはただ今、いろいろと検討中ですので、楽しみにしていて頂ければと思います。

フロント・サイドに関しましては、ほぼデザインがまとまりましたので、これからデザインイメージCGの制作を進めていきます。

またデザインイメージCGが完成次第、詳しくご紹介をさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

 

 

現段階での「クラウンクロスオーバー」の開発予定アイテムは下記となりますので、参考にしてください👇

① フロントハーフスポイラー(ディフューザー一体型)

② サイドステップ(ディフューザー一体型・片側3分割タイプ)

③ リアハーフスポイラー(ディフューザー一体型)

➃ トランクスポイラー

⑤ 9㎜ワイドオーバーフェンダー

⑥ ドアパネル

**マフラーの開発については検討中です**

 

<「クラウンクロスオーバー」はフルカスタム新車コンプリートカーも販売!先行予約スタートしました。>

そして気になる新車コンプリートカーですが・・・もちろん「フルカスタム新車コンプリートカー」も販売させて頂きます。

新車コンプリートカー価格や仕様につきましては、まだ未定となっておりますので、こちらも決定次第リリースさせて頂きますので、もうしばらくお待ちください。

 

「クラウンクロスオーバー」も現在のところ、納期が全く読めない状況となっています。

そこで「KUHL」では、「クラウンクロスオーバー」「先行予約オーダーの受付」を開始させて頂く事となりました。

グレードや装備品、価格などは確定していますので、まずはベースとなり新車だけでも先行オーダーして頂き、新車コンプリートカーの価格や仕様が決定した段階で、カスタム内容を決定して頂ければOKとなります。

 

新車はただ今、全メーカーにて長納期!となってしまっていますので、新車をご検討されている方は、ベース車両を少しでも早くオーダー頂いたほうが良いかと思います。

 

そんな中、今のところ「KUHL」の開発用車両が11月頃に入庫する予定となっています(遅れる場合もございます)ので、「クラウンクロスオーバー」のカスタムやエアロパーツ開発は、11月頃にはスタートし、早い段階で完成出来るのではないかと思っています。

ということで、今後の「クラウンクロスオーバー」の開発やカスタムを楽しみにしていてください。