MENU

KUHL Fam!

開発情報エアロパーツ

2022-5-29

KUHLエアロパーツ開発速報!レクサスLC用KRUISEエアロパーツ・ウレタン造型進行中!KUHL初のカスタム中古車センター「KUHL KARS AICHI」は8月オープン予定です!<KUHL片岡より>

タグ: LC500

本日はエアロパーツの開発速報をお届けさせて頂きます。
KUHLでは、藤井寺の自社工場と、協力工場であります「バガねんど」さん、KUHLグループ会社「花野井製作所」の3ヶ所にてエアロパーツ開発を行っております。
この3拠点では、現在、下記エアロパーツを開発中です。
多数のシリーズを同時開発することが出来るようになっていますので、今後もかなり多数のエアロパーツをリリースすることが可能かと思います。
① 藤井寺工場 ➡ GR86&BRZ(バンパーエアロ・ワイドボディ)・R35GT-R(ボンネット)・レクサス
LC(エアロパーツ4点)
② バガねんどさん ➡ ノア&ヴォクシー(リアウイング・4本出しマフラー・標準ボディ用エアロパーツなど)・新車種(近日発表)
③ 花野井製作所 ➡ ノア&ヴォクシー(メッキ隠しパーツ多数)・ジムニー(オーバーフェンダーなど)
 
この中で本日ご紹介をさせて頂きたいのは「レクサスLC」用エアロパーツ「KRUISE KR-LCRR」です。

👆 「フロントディフューザー」「サイドステップ」ともウレタン造型がほぼ終了し、これからグラスファイバーを貼り込んでマスターモデルの完成に向けて進めていきます。
 

👆 フロントはKRUISEらしいシンプルなデザインのディフューザーとなっています。
 

👆 「サイドステップ」は上下2段の分割タイプに見えるかと思いますが、一体型での完成を予定しています。
デザインの特徴としましては、レクサスLCの特徴的なサイドステップ&ボディの大きな絞り込み部分を、逆に膨らませる事により、ボディ全体が幅広く&低く見えるように意識しています。
下部には15㎜厚の別体形状のディフューザーを設けて、さらなるワイド感とスポーティさを強調させるようにデザインしてみました。
 

👆 リアまわりでは「トランクスポイラー」「フローティングディフューザー」を開発しています。
 
アンダーディフューザーはバンパーとの空間を設定したフローティング形状を予定しています。
後方への延長と反り上がりは、KRUISEらしい定番デザインにて仕上げています。
 

👆 「トランクスポイラー」は、トランクに貼り付け装着し、後方&上方へと反り上がったデザインとなります。
 

リアまわりは、ウレタン造型の修正がまだまだ必要となりますが、おおまかな完成デザインはこのような形状にて仕上がる予定です。
 


 
というわけで、レクサスLC用エアロパーツ開発はこのように進行中です。
この4アイテムは7月初旬をメドに開発完了を目指しております。
またレクサスLCは年末までに、「フロントワイドフェンダー」「サイドステップ(ワイド仕様)」「4本出しマフラー用エアロパーツ」などなど、まだまだアイテムを増やして行く予定ですので、完成を楽しみにしていてください。
ということで、まずは7月中旬頃にデモカーのお披露目が出来ればと思っています。
また、レクサスLC中古車コンプリートカーの設定・販売も行わせていただきますので、また価格・仕様などが決定しましたらご紹介をさせて頂きます。
それではレクサスLCをよろしくお願いいたします。