MENU

KUHL Fam!

開発情報エアロパーツコンプリートカー

2022-4-12

KUHL&KRUISEエアロパーツ開発速報!アルファード用バンパーエアロ・ボンネットマスターモデル完成間近!新型ノア&ヴォクシー用フロント&リアエアロ完成!新車コンプリートカーも先行予約受付中!<KUHL片岡より>

タグ: アルファードノアヴォクシー

本日もエアロパーツ開発の最新情報をお届けさせて頂きます。
まず開発速報の1台目は、今年の「東京オートサロン」「大阪オートメッセ」でお披露目させて頂きましたGR86&BRZのバンパーエアロ「03R-GTW」の標準ボディ仕様「KUHLRACING 03R-GT」が完成いたしました👇


👆 こちらのGR86バンパーエアロデモカーは、近日改めてご紹介をさせて頂きます。
GR86&BRZは、引き続き「04R-GTバンパーエアロ」「ワイドボディキット」「GTウイング」の製品化に向けての開発を続けていますので、もうしばらくお待ちください。
 


 
そして30後期アルファード「FINAL EDITION」バンパーエアロの開発も進んでおります。
その中でも本日は、藤井寺工場にて開発を行っていました「レーシングボンネットTYPEⅡ」「リアディフューザー(4本出しマフラー用)」の開発状況について初お披露目させて頂きます。
 
まずはボンネットからご紹介です👇

👆 バンパーエアロも順調に進んでおりますが、ボンネットもこのようにマスターモデルの最終工程まで進んでおります。
黒サフを吹き付けた状態ですので、形が分かりにくいかもしれないですが、従来のTYPEⅠからセンター部分を特に大きく変更しています。
TYPEⅠはセンター部分がダクト形状となっていましたので、水が溜まりやすいなどの懸念点がございました。
それに対してTYPEⅡは、センター部分をフラットに落とした形状とさせて頂きました。
 

👆 そしてセンター部分をフラットにすることで、見た目のインパクトが少し減りましたので、両サイドをシャープに盛り上げて、迫力アップを狙っています。
また、エンブレムの上部にかかる部分を少し前方延長していますので、よりノーズが長くなった印象に仕上がる様にデザインしてみました。
 

👆 横からの見た目はこのようになっています。
両サイドのプレスラインを、上方へと大きく膨らませているのが分かるのではないかと思います。
ボンネットはこの後、削りと水研ぎをしながらキレイに面出しを行ってマスターモデル完成となります。
デモカー装着&撮影が5月初旬、量産スタートが5月中旬頃になると思いますので、オーダー頂いているお客様、もう少しだけお待ちください。
 


 
そして「FINAL EDITION」リアバンパー(4本出しマフラー用)も造型がスタートしています。
 

👆 従来品の「RSGT」リアバンパーを、より迫力アップさせるべく、センター部分にディフューザーを追加造型しています。
センター部分に3枚フィンを設定した台形ディフューザーをデザインしています。
 

👆 後方への延長を行っていますので、かなりの迫力アップが期待できると思います。
**すでに「RSGT」リアバンパーを装着して頂いているお客様は、バンパーとマフラーは共通で使用いただけます。ディフューザーのみ交換して頂ければ装着可能となりますので、ぜひとも仕様変更もご検討頂ければと思います**
こちらのリアエアロパーツの完成も、ボンネットTYPEⅡの完成とほぼ同じになると思いますので、楽しみにしていてください。
**マフラー無しディフューザーは、マスターモデルがすでに完成していますので、4本出しマフラー用と同時リリースを予定しています**
 
というわけで、アルファードバンパーエアロ「FINAL EDITION」も完成間近となっておりますので、デモカー完成次第、ご紹介をさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。
 


 
そして開発情報の最後は、新型ノア&ヴォクシーとなります。
薄型のシンプルスポーティなエアロパーツブランド「KRUISE」からのリリースとなります。
こちらは予定をより早く開発が進んでいますのでご報告させて頂きます。
エアロパーツ開発最新情報につきましては、YouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」にて詳しくご紹介をさせて頂いていますので、ぜひとも見てみて下さいね👇

 
ただ今、エアロ開発協力工場の「バガねんど」さんでは、新型ノア&ヴォクシー(アルファードもです)を、同時並行で開発進めて頂いています。
 
そして早くも・・・・「フロントディフューザー」と「リアフローティングディフューザー」が、商品完成いたしました~!
非常にハイスピードで開発して頂いておりますので、アフターメーカーでは最速リリース??ではないかと思います・・・違ってたらすみませんです・・・。


👆 エアロパーツが未塗装製品が装着されているので、造型が分かりにくいかもしれないですが、非常にシンプルでスポーティに仕上がっていますので期待してください。
 
そしてそして・・・すでに新型ノアまで完成いたしました~。


👆 こちらも造型が分かりにくいかと思いますので、良かったらYouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」を見てみて下さいね。
 
そして「リアフローティングディフューザー」も製品完成いたしました。


👆 こちらはノア&ヴォクシー共通となります。
今のところ非常にシンプルに見えると思いますが、ボディ同色で仕上げると迫力アップしてきますので、こちらもデモカー完成を楽しみにしていてください。
 
新型ノア&ヴォクシーはこの後、「サイドディフューザー」の開発を進めて行きます。
デモカー完成は4月末から5月初旬を予定していますので、完成次第お披露目させて頂きたいと思います。
 
そしてその後は、「リアウイング」「4本出しマフラー」「マフラー用リアハーフディフューザー」の開発をスタートさせたいと思っていますので楽しみにしていてください。
 


 
ただ今開発中のエアロパーツは、すべて「新車コンプリートカー」としてオーダー可能です。
GR86&BRZ、アルファード、ノア&ヴォクシーとも、大好評販売中です。
新車コンプリートカーは「KUHL ONE」オンラインオーダーシステムにて、お見積りシミュレーションを簡単に行って頂く事が可能です👇

👆 こちらは「KUHL ONE」のスマホ画面となります。
この度、スマホ版を全面リニューアルさせて頂きましたので、見やすくて使いやすくなっているかと思います。
 

👆 スクロール範囲が大きく増えましたので、全アイテムにて見やすくなりました。
 

👆 エアロパーツ選択画面も、分かりやすく表示変更をさせて頂いています。
 
ぜひとも「KUHL ONE」オンラインオーダーシステムを使用して、さまざまなグレードやオプションでのお見積りシミュレーションをして頂けると嬉しいです。
また「KUHL ONE」では、そのままご注文(オーダー)頂く事も可能ですので、なかなか店舗に行けない方は、ぜひともオンラインオーダーシステムをご利用頂ければと思います。
 
それでは、KUHL&KRUISE新作エアロパーツと新車コンプリートカーを、ご検討頂きます様よろしくお願いいたします。
 
 
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ