MENU

KUHL Fam!

カーライフ

2021-9-27

エアロパーツの取り付け方や工賃、おすすめ整備工場を紹介!

タグ:

今回はエアロパーツの取り付け方や効果、取り付ける際の注意点を紹介します。また取付工賃の相場や時間なども併せて紹介しますので、これからエアロパーツの購入を考えている方は参考にしてみてください。記事の最後にはおすすめの整備工場も紹介しています!

エアロパーツとは

エアロパーツとは車のボディ外装に取り付ける空力パーツを指します。エアロパーツには大きく4種類あり、フロントスポイラー・サイドステップ・リアスポイラー・リアウイングが存在します。

空力の観点からレーシングカーへの装着を前提に開発されましたが、1980年代頃から一般車両のドレスアップに用いられる機会が増えてきました。手軽に装着できるものから、2つのエアロパーツを組み合わせて「ニコイチ」にしてしまう上級の方法まで、ドレスアップの仕方は千差万別です。

エアロパーツを取り付けることの効果やメリットは?

エアロパーツを取り付けると見た目のかっこよさはもちろん、燃費や冷却機能の向上が期待できます。

①ドレスアップ

エアロパーツを取り付けるオーナーの多くは、車の見た目を大きく変えるのが目的といっても過言ではないでしょう。エアロパーツはデザインから素材まで様々あり自分好みにカスタムを行い、オリジナリティが出せます。

②燃費の向上

エアロパーツで空気の流れを整え高速走行時の空気抵抗が軽減され、燃費の向上が期待できます。また、フロントスポイラーの形状によってはダウンフォース(車を地面に押さえつける力)を発生させ、走行安定性とコーナリングでの操舵性を向上させます。

③冷却機能アップ

エアロパーツの中にはダクトが設けられ、エンジンルームやブレーキ回りの冷却効果を高める製品もあります。熱気を効率よく排出できると車体への負担が減るため、車の保全に繋がるでしょう。

エアロパーツの取付方法とよくある失敗を紹介

エアロパーツの取付方法は装着する箇所により異なりますが、タッピングビスか両面テープ、または両方を使用します。一回で正確な位置に装着する必要がありますので、高い技術が必要となります。
ここではよくある失敗例を3つ紹介しますので、取り付けの際に参考にしてみてください。

①ボディとエアロパーツにズレが生じる

ボディとエアロパーツには必ず個体差があり、そのまま勘合することはまずありえません。両方がうまくフィッティングするよう、エアロパーツを削ったりしながら微調整を行い、ズレを埋めていく必要があります。

②エアロパーツを落として割ってしまった

エアロパーツは重いので装着は二人がかりで作業するのが鉄則です。一人で取り付けると、大事なエアロパーツを落としてしまう可能性が高いので注意しましょう。

③脱脂不足による剥がれ

ボディとエアロパーツの接着面の脱脂が不十分だと、経年によりエアロパーツが剥がれてくる可能性があります。念入りに脱脂をして粘着テープの密着度を高めると、剥がれにくく見た目もよくなります。

エアロパーツの持ち込みで取り付けてくれるってホント!?

エアロパーツをカー用品店や整備工場に持ち込んだ場合、取り付けしてくれる可能性は非常に高いです。一昔前はカー用品店や整備工場でエアロパーツを購入して取り付けしてもらいましたが、インターネットの普及で流れが大きく変わりました。
誰でも気軽にエアロパーツを購入できるため、カー用品店や整備工場も個人の持ち込みに対応し、顧客獲得に乗り出しているのです。しかし、業者にエアロパーツを持ち込む場合、事前に必ず確認を取りましょう。
エアロパーツを取り付けるには加工や塗装を伴うので設備が整っている必要がありますし、装着しようとしているエアロパーツが車検適合品かどうかも判断されます。車検非対応の場合は取り付けが断られる可能性が高いでしょう。
また、比較の目安にもなるので費用や工期はどの程度かかるのかも申し込み時に確認しておいてください。エアロパーツはとても大きく車に積載できない可能性もあります。通販サイトで購入を検討している方は、配送先に業者を指定できるか問い合わせるのもおすすめです。

エアロパーツの取付工賃の相場

自分でエアロパーツの取り付けを行うには、電動工具や塗装用品が必要です。マスキングテープのような数百円のものから、インパクトドライバーなど数万円かかるものもあります。しかし、一度購入すると何度でも使えますし塗装の剥がれなどが起こった場合も対処できます。
業者に依頼した場合のエアロパーツ取付工賃の相場は以下の通りです。

エアロパーツ 取付工賃相場 塗装相場
フロントスポイラー 10,000円〜 25,000円〜
サイドステップ 13,000円〜 30,000円〜
リアスポイラー 10,000円〜 25,000円〜
リアウイング 6,000円〜 14,000円〜
エアロ3点セット
(フロント・サイド・リア)
30,000円〜 60,000円〜

エアロパーツ3点セットなら割引が受けられますので、少しでも費用を浮かせたい方は同時装着を検討してください。費用の大部分は塗装料金で、取り付けにはそれほど費用はかかりません。
塗装は色合わせから始まり、ムラなく均一に施工する技術も問われます。業者は塗装・取付設備が整っていますし知識と経験もあるので、ハイクオリティな仕上がりに期待が持てます。

エアロパーツ取付時間

ノーマル車両へのエアロパーツの取付時間の目安は、以下の通りです。

エアロパーツ 取付時間
フロントスポイラー 30分
サイドステップ 20分
リアスポイラー 40分
リアウイング 15分
エアロ3点セット
(フロント・サイド・リア)
90分

※エアロパーツのフィッティングや塗装が完了していて二人がかりで施工した場合
純正オプションパーツやアフターパーツがついた車両は、取り外す時間を含めると上記以上かかる場合があります。仮合わせ・フィッティング調整・塗装も行うとなれば、2週間前後はかかると想定しておいてください。

やっぱり安心!エアロパーツの取り付けは業者に頼もう

エアロパーツの取り付けは業者に依頼するのが安心かつ確実です。エアロパーツの取り付けにはフィッティングの調整や塗装など、高い技術が求められます。
特に塗装は埃の付着を防げる専用ブースが必要になりますし、素人が薄く均一に塗装を行うのは困難です。仕上がりや道具を買い揃える手間を考えても、業者に依頼することをおすすめします。

エアロパーツの取り付けに対応しているおすすめの自動車整備工場を紹介

クールレーシングは全国で5店舗を展開しており、エアロパーツの加工・塗装・取り付けを得意としています。クールレーシングでは高品質のオリジナルエアロパーツを製作し、自社で生産まで行っている実績もあります。
最新設備が整ったブースで、ノウハウを得た熟練のスタッフたちがエアロパーツを取り付けますので、安心してお任せください。
クールレーシングの店舗一覧はこちら 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ