MENU

KUHL Fam!

カーライフ

2021-8-18

トヨタの人気SUVのコンプリートカーとおすすめのカスタムを紹介!

タグ:

トヨタには多くの人気のSUVコンプリートカーがあります。この記事ではコンプリートカーの詳細やメリット・デメリット、トヨタの人気のSUVコンプリートカーを紹介します。さらに低価格で違いを出せる、おすすめカスタムもあわせて紹介しますのでぜひご覧ください。

そもそもSUVのコンプリートカーの特徴には何がある?

コンプリートカーとはアフターパーツメーカーが販売している各パーツを取り付け、製作された車両のことです。製作してもらう手順は主に2通りあります。
1.アフターパーツメーカーに車両を購入してもらい、コンプリートカーを製作してもらう。
2.自分の車両をアフターパーツメーカーに預けて、コンプリートカーを製作してもらう。
アフターパーツは自分で選択可能で、例えばエアロやホイールの種類など好きに選ぶことができ、それにより金額が変動します。お任せではなく自分で選ぶことで、世界に1台しかないコンプリートカーが製作できます。

多種多様!4WDや外車を含めたSUVのコンプリートカーにはどんなものがある?

ここではトヨタ以外の4WDや外車をメインに、SUVコンプリートカーのカスタム例を3車種紹介します。

1.スズキ ジムニーシエラ


ジムニーシエラは国産4WDの中でも大人気な1台といえるでしょう。価格も手が届きやすく街中でも多く見かけるため、エアロパーツで差をつけるのがおすすめです!
多くのエアロパーツが様々なメーカーから販売されていますので、お気に入りのものが見つかると思います。ジムニーシエラの風貌を活かし、メルセデスベンツGクラス風にしたり、フェンダーパネルで厳つさを表現したりするのも面白そうです。

2.マツダ CX-5

CX-5はスタイリッシュでスポーティーな、大人のSUVのイメージがあるかと思います。
純正の美しいボディラインが魅力ですので、合わせるホイールも重要になってきます。
ホイールデザインは大きく「スポーティー」か「ラグジュアリー」に分けることができます。おしゃれは足元からというように、ご自身のお好みのホイールを探してみてください。

3.ジープ ラングラー

外車SUVの中で4WDの代名詞ともいえるのがジープ ラングラーです。カスタムパーツは外車の雰囲気をより高められるエアロパーツがおすすめです。
ワイドボディをさらに引き立たせることで、外車の世界観に存分に浸れるでしょう。

SUVのコンプリートカーを購入するメリット・デメリット

一昔前に比べ購入が手軽になっているコンプリートカーですが、その前に知っておきたいメリット・デメリットがありますので解説します。

メリット1:統一感

最大のメリットはひとつのアフターパーツメーカーで統一でき、仕上がりに違和感がない点です。パーツは各メーカーの特色が出ており、それに合わせて製作されていますので世界観が堪能できるでしょう。

メリット2:割引システムがある

一部のアフターパーツメーカーではセット割を適用しており、自分でパーツを買い揃えるより割安になる場合があります。

メリット3:憧れのアフターパーツメーカーで製作できる

自宅から遠い場合でも、かんたんな手続きで憧れのアフターパーツメーカーに製作を依頼できます。

メリット4:車両購入の手間がない

新車・中古車問わず車両の購入もお願いできるので面倒な手間がなく、現在所有している車両でもコンプリートカー製作が可能です。

デメリット1:高額になりやすい

アフターパーツは基本的にどれも高額です。ご自身の予算に合わせてカスタム内容を調整しましょう。

デメリット2:製作状態が確認できない

身近なショップとは違い、製作状況を確認できませんので進捗状況を連絡してもらえるか確認しましょう。

デメリット3:修理がしづらい

エアロパーツを装着すると車高が下がることにより、縁石などで破損するリスクが高まります。すべて交換になる場合、パーツが入手できない可能性もありますので注意しましょう。

デメリット4:売却額が下がりやすい

コンプリートカーは高額ですが、売却時の査定額は低くなる傾向があります。売却はカスタムカー専門店にお願いすると高額になる可能性が高まります。

デメリット5:信頼できるショップか不安

コンプリートカーの製作・購入はホームページや口コミを参考にして、信頼あるショップにお願いしましょう。トラブルを防ぐために疑問点を問い合わせることも大切です。

自分なりの個性が表現できる!おすすめのカスタム

ここではカスタムに定番のエアロパーツの種類と、おすすめのカスタムを2つ紹介します。

エアロパーツの種類1:フルバンパータイプ


バンパーを一式交換するタイプで、高額ですが見た目の印象を大きく変えられます。

エアロパーツの種類2:ハーフエアロタイプ


純正バンパーに被せるタイプで、低価格かつボリューム感あるデザインが特徴です。

エアロパーツの種類3:アンダーフラップタイプ

純正バンパー下部に取り付ける、小振りでスポーティーなパーツです。純正を活かしたデザインと低価格でエアロパーツのトレンドになっています。

ドアミラー交換

ドアミラー交換は比較的安価で大きく印象を変えられるカスタムです。近年のトレンドカスタムで純正パーツでも用意されており、カーボン柄やブラックにするととてもスポーティーな印象になります。
車検適合品のシーケンシャル(流れる)ウインカーにすると、さらに他車との違いを出せそうです。

エアロパーツの塗り分け

エアロパーツは基本的に未塗装品で販売されています。塗装の際に自由にカラーを選べ、塗り分けることで個性を演出できます。
塗り分け自体は低価格ですし外車の配色を参考にするとトレンドに先乗りできますので、ぜひ参考にしてみてください。

トヨタの人気SUVのコンプリートカーをご紹介!

それではトヨタの人気SUVコンプリートカーのカスタム例を5台ご紹介します!

1.ハリアー


ハリアーはエレガントなフォルムが特徴の大人のSUVです。特におすすめなのはエアロパーツで、各メーカー豊富なラインナップが出揃っています。最近のトレンドは純正を活かす控えめなデザインですが、アグレッシブなデザインのエアロパーツももちろん用意されています。
マフラーもあわせて交換するとスポーティーな印象が高まり、より個性が演出できますよ!

2.CH-R

CH-Rは若者に人気で街中でも多く見かけるので、カスタムすると他車と大きな違いを出せます。純正と大きく違いを出したいなら光り物が特におすすめです。
エアロパーツを例にすると、フロント・リアに配されたLEDランプがナイトシーンに於いておおいに注目を浴びるでしょう。場合によっては車検が通らない可能性もあるので、装着の際はよく確認しましょう。

3.ランドクルーザー プラド

ランドクルーザー プラドは街乗りも悪路も走れる大人気のSUVです。そんなランドクルーザー プラドのカスタムで大事なのは、やはりタフなキャラクター性を活かすパーツ選びです。
バンパー下部やフォグランプに装着するガーニッシュは、比較的安価で手軽にクロカン気分を味わえ、イメージにもぴったりといえます。

4.RAV4

RAV4は街乗りも悪路も走れる人気のSUVです。おすすめはエアロパーツで、適度なメッキを活かしたものからアグレッシブなデザインまで、幅広いラインナップが用意されています。
ホイールをエアロパーツにあわせると、統一感が出て、都市型SUVやタフネスさといった世界観をさらに表現できるでしょう。

5.ヤリスクロス


ヤリスクロスはフランス車のようなデザインが特徴のコンパクトSUVです。デザインを活かすためカスタムパーツはさりげないものがおすすめです。
ルーフスポイラーやテールゲートスポイラーは純正のボディラインを崩さず、ボディを大きく見せる効果があります。さりげないドレスアップが他車との違いを出し、おしゃれなヤリスクロスにはふさわしいといえそうです。
 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ