HOME > KUHL Fam!

KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2021年4月27日

D1GP2021年シーズン開幕しました!KUHLRACING GRスープラ用エアロパーツを2台のD1車両に供給いたします!「TEAM TOYO TIRES DRIFT」川畑選手!「エヴァンゲリオンレーシング」畑中選手!応援よろしくお願いします(畑中選手編)<KUHL片岡より>

2021.04.27

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

引き続き、D1GP2021 のご紹介をさせて頂きます!

本日は「エヴァンゲリオンレーシング」GRスープラ・畑中選手のご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

 

今年度より新たに、「TEAM TOYO TIRES DRIFT」の川畑選手のスープラとともに、「KUHLRACING 90R-GTWR D1-SP」エアロキットを装着して頂く事になりました。

エアロキットはどちらも、全く同じとなりますが、カラーリングの違いで、イメージが大きく変わっているのではないでしょうか!

 

**この2日間の模様につきましては、YouTubeチャンネル「KUHLRacing TV」にても、後日詳しくご紹介させて頂きます**

 

それでは益田カメラマンに撮影して頂きました写真にてご紹介をさせて頂きます

👆 畑中真吾選手

畑中選手は北海道出身のD1ドライバーで、D1では勝利経験もあるベテランドライバーです。

昨年まではチェイサーで参戦されていたので、いきなりスープラに乗り換えてどうなのか・・と、非常に注目されていました。

そのようなプレッシャーのかかる中、今回の成績は、第1戦➡単走6位 追走10位 第2戦➡単走18位 という結果となりました。

初戦から、単走6位を獲得し、すでに十分に乗りこなしている!という、非常に迫力ある走りを披露して頂きました!

追走ではエンジントラブルが発生し、惜しくも敗れてしまいましたが、2日目には無事にマシン修理が完了している!というメカニックさんの手際の良さも見せてくれました。

畑中選手自身も、GRスープラにかなり手ごたえを感じている様子でしたので、今後のレースが非常に楽しみなところです!

 

それでは「エヴァンゲリオンレーシング」の畑中選手のGRスープラの走行シーンを中心にご紹介させて頂きますね。

 

というわけで、「奥伊吹モーターパーク」で行われましたD1GP2021シーズン開幕戦は、両ドライバーにとっては少し残念な結果に終わりましたが、次戦の筑波ラウンドに向けて、さらに改良を施し準備を進めていく事になります。

エアロパーツを担当させて頂きます当社も、さらなる戦闘力アップを実現するため、リア回りのデザイン変更を予定しております。

次戦の筑波ラウンドまでに、間に合うように取り組んでいく予定ですので、楽しみにしていてください。

 

それではD1GP2021 「TEAM TOYO TIRES DRIFT」「エヴァンゲリオンレーシング」2台のGRスープラを応援頂きます様、よろしくお願いいたします!

記事一覧へ戻る