MENU

KUHL Fam!

2020-11-16

VERZ-WHEELSのNEWブランド「VERZ-RACING」「ヴェルズレーシング」鍛造&鋳造1ピースホイールに新シリーズ「VRC01N」追加のご報告!19インチ&20インチを設定!アルヴェル・ハリアー・クラウン・WRX・C-HR・ヤリスクロスなど装着可能車種多数!<KUHL片岡より>

タグ: VERZ

「KUHLRACING大阪店」オープンと同時にお披露目させて頂きました、VERZ-WHEELSのNEWブランド「VERZ-RACING」の追加情報についてご報告させて頂きます!
 
すでにお披露目させて頂きました「VERZ-RACING VRF01」鍛造1ピースホイールはこのようなホイールでした(鋳造1ピースホイールの「VRC01」シリーズもございます)👇

👆 7本スポークのオーソドックスなスポーツデザインながらも、落とし込みが深いコンケーブが特徴となっている鍛造1ピースホイールとなります。
 

👆 サイズ設定や価格の詳細については、「VERZ-WHEELS」のWEBサイトを見て頂きたいのですが、21インチと20インチで、コンケーブラインの違う合計8種類(鋳造モデルも含む)をサイズ展開しています。
ターゲット車種は、アルファード、ヴェルファイア、ハリアー、GT-Rなどとなります。
車高調でのローダウン、エアサスでのローダウン、キャンバーアームの有無などに合わせて、細かくサイズ設定を行っておりますので、お好みのサスペンションセッティングに合わせて、コンケーブの迫力を変更することが出来るのも特徴です!
 
新型ハリアーの装着イメージCGはこちらです👇


👆 「KRUISE by KUHLRACING」ブランドエアロパーツと、「VERZ-RACING」ブランドホイールの組み合わせにより、欧州のSUVクーペをイメージさせるテイストを狙っています。
 
ちなみに、アルファード&ヴェルファイアへの装着イメージはこちらです👇


アルファード&ヴェルファイアにつきましては、「VERZ-RACING」ホイールとの組み合わせを狙って、「KRUISE by KUHLRACING」エアロパーツも、只今開発中でございます!
来年の東京オートサロンには、NEWエアロとNEWホイールを装着したデモカーを出展させたいと思っていますので、よろしくお願いいたします!
 
そしてカラーラインナップにつきましても決定いたしました!

👆 「ブラックメタル」カラー
 

👆 「ブロンズクリアポリッシュ」カラー
 
上記2色はレギュラーカラーとして正式決定いたしました。
その他のカラーとして「ブラッククローム」カラーを追加するかどうかを検討中です。
また正式決定しましたらご報告させて頂きます~。
 


 
そしてそして、さらにこの度、「VERZ-RACING」ブランドに新シリーズ&サイズ追加のご紹介をさせて頂きます!
 
まだまだデザイン画の段階ですが、おおよそこのようなデザインにて販売を行いたいと考えています。
シリーズ名は「VERZ-RACING VRC01N」鋳造1ピースとなります!
 

👆 「VERZ-RACING VRC01N」鋳造1ピースホイール
VRC01ホイールをベースに、20インチ8.5J+38を基本サイズとしてデザインしております。
 
「VRC01」が21インチ・20インチ9.5J+38というサイズであるのに対して、「VRC01N」は20インチ8.5J+38、19インチ8.5J+42サイズとなります。
このサイズをラインナップさせていただいた狙いは、VERZホイールを装着して頂ける車種を少しでも広げたいという思いからです~。
 
装着可能車種は多数ございますが、適合できる主なKUHLコンプリートカーは下記の通りとなります。
 
<VRC01N 20インチ 8.5J+38>
➡ アルファード&ヴェルファイア(ノーマル車高で車検OK)・ハリアー(ノーマル車高で車検OK)・RAV4・C-HRなどなど
 
<VRC01N 19インチ 8.5J+42>
➡ クラウン・WRX・レヴォーグ・ヤリスクロス(適合未確認)・プリウスαなどなど
 


 

 
👆 正面からのデザインは「VRC01」と同じく、オーソドックスな7本スポークデザインとなります。
「VRC01」に比べて、スポークを少し細くし、スポークエッジを大きく削ることで、スポーク全体を細く見せながらも、力強さが残ることを意識してデザインさせて頂きました~。
 
そして「VRC01」との最も大きな違いは、リムエッジから落とし込むのではなく、あえてリムデザインを取り入れている点です。
通常8.5J+40前後のサイズ設定ですと、コンケーブ(横断面の落とし込み角度)ラインが非常に緩やかになり、迫力や立体感に欠けるデザインホイールとなってしまいます。
 

👆 上記のような「VRC01」9.5J+38サイズですと、リムエッジからスポークを落とし込んでも十分なコンケーブラインが確保できるのですが、8.5J+38ですと、このような立体感を出すことが出来なくなってしまいます。
 

👆 そこで今回は、コンケーブによる立体感を確保できるように、スポークエッジを大きく落とし込み、深いリム幅を確保しつつ、コンケーブも確保するというデザインとさせて頂きました。
サイズ的には、さまざまな車種で汎用性の高いサイズとなりますので、多くのお車に装着頂くことが可能かと思います!
 
カラーラインナップは、「ブラックメタル」「ブラッククローム」の2カラーを検討しております。
「VRC01N」ホイールのお披露目は、来年の「東京オートサロン2021」を予定しておりますので、「VRF01」「VRC01」ホイールともども、楽しみにして頂けると嬉しいです!
 
それでは「東京オートサロン2021」に向けて、続々とデビューいたします「VERZ-RACING」ブランドホイールを、どうぞよろしくお願いいたします!!
 
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ