MENU

KUHL Fam!

2020-7-18

KRUISE by KUHLRACING新作R35GT-Rエアロパーツ第2弾完成!R35GT-R2008~2010モデル対応エアロパーツ!トランクスポイラーやカナードも新開発!R35GT-R中古車USEDコンプリートカーも販売受付中!<KUHL片岡より>

タグ: GT-Rエアロコンプリートカー

今年に入って、KUHLではエアロパーツの新作ラッシュが続いておりますが、この度完成したエアロパーツは、「KRUISE by KUHLRACING KR-35RRⅡ」R35GT-R・2008~2010モデル用エアロパーツとなります!
YouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」でもお馴染みの、カメラマンGT-Rにも装着する予定のエアロパーツとなります~。
このエアロパーツの開発秘話??開発過程については、下記YouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」にて、詳しくご紹介させて頂いておりますので、良かったら見てみて下さいね!

 
これまでKUHLでは、多数のGT-R用エアロパーツをリリースしてきましたが、2008~2010の前期GT-Rに装着できるエアロパーツは、バンパー交換タイプのエアロパーツしかラインナップがございませんでした・・・。
したがって、気軽にエアロを装着するというイメージでは無かったかと思いますが、この度、純正バンパーを交換することなく、簡単に装着できるアンダーディフューザータイプのエアロパーツを開発いたしました。
 
まずはフロントからです👇

ブラックボディに黒ゲル仕上げのエアロパーツが装着されていますので、デザインが分かりにくくてすみませんです・・・。
 
今回開発させて頂きましたエアロパーツは、NEWブランド「KRUISE by KUHLRACING」からのリリースとなりますので、非常にシンプルかつ、薄型タイプにて開発いたしました。
フロント・サイド・リアともディフューザー部分は、KRUISEブランドの特徴でもある厚さ10mm設定となっています。
 

👆フロントスポイラーは、純正バンパー下部のグレーカラーの部分を、ごっそりと交換するエアロパーツとなります。
実は地上高は、純正バンパーよりも少し(5mmほど)高い設定とさせて頂いております。
純正バンパーよりも、地上高が高いエアロパーツは、KUHL初??ではないでしょうか?
今回、純正バンパーよりも高い設定にさせて頂いた理由といたしましたは、じつは、R35GT-R前期モデルは、純正バンパーがサイドステップよりも低い設定となっています。
車は、フロントとサイドステップが同じ高さか、サイドステップの方が低くないと、「車全体が低く見えない」という勝手??なポリシー(考え)がありますので、今回はあえて、純正バンパーよりも少し高い地上高設定としました。
従って、サイドステップは厚さ10mmとなりますので、サイドステップ部分で10mmダウン、フロントで5mmアップとなり、横からのボディラインがキレイに揃う様にとデザインをさせて頂きました!
また、今後フロントスポイラーの売れ行き次第では、さらにディフューザー下部にもう一枚、薄型のアンダーディフューザーを追加開発して、迫力アップ&空力効果アップを狙うのも良いかと思っていますので、追加開発をご希望される方は、どしどしご意見を頂けると有難いです!!

 
そして先ほど、このアンダーディフューザーは純正をごっそりと交換するタイプとお伝えしましたが、そうなるとGT-Rの場合、フロントの大きなアンダーパネル(フロアパネル)との接合がネックとなります。
そこで今回は、なんとなんと、このディフューザー専用のフロアパネルも開発いたしました。
その巨大なフロアパネルの生産型がこちらです👇

👆 というわけで、今回のフロントディフューザーは、意匠面のリップスポイラー部分と、フロアパネルの2分割構成となります!
フロアパネルまで開発したことにより、エアロパーツの量産は大変ですが、取付はスゴ~く楽になります。
DIYでの取付も可能かと思いますし、弊社メカニックさんも喜んでくれるのはないかとおもっています~。
 

👆 そしてフロント回りで新開発させて頂きましたアイテムが、バンパーカナードとなります。
バンパー左右に装着するカナードとなりますが、車幅を超えず、アールも適合内となりますので、車検適合のカナードとして開発させて頂きました(検査員個々の判断に委ねられますのでご了承ください)。
 

👆 2008~2010モデルのフロントバンパーは、丸みを帯びたデザインとなりますので、カナードを追加することで、少しエッジ感の出るフェイスに変更出来ればと思い、デザインさせて頂きました。
またもともと純正バンパー左右には少し膨らみが設けてあり、空力的にこの膨らみが重要ということでしたので、その膨らみ部分にカナードを設定することで、より強いダウンフォースが期待できるのではないかと考えています。
高速走行時や高速コーナーでの、フロントの接地感が増すのではないかと期待しています。
 
そしてリア回りです👇

リア回りでは、2アイテムを新開発させて頂きました。
純正リアバンパー下部に装着する、アンダーディフューザーエアロとなります。
 

👆 写真の車両は3フィン仕様となっていますが、フィン無し仕様・フィン2枚仕様など、自由に選択して頂く事が可能です!
厚さはこちらもフロントと同じく、10mm設定となっていますので、シンプルなデザインに仕上がる様に開発させて頂きました。
 

👆 そして今回追加開発させて頂きましたアイテムとして、「リアウイングディフューザーTypeⅡ」がございます。
写真の様に、純正リアウイング上部に、装着するウイングとなります。
こちらのアイテムは、すでに発売させて頂いております「リアウイングディフューザーTypeⅠ」と同じく、全年式のGT-Rリアウイングに装着可能です。
 

👆 かなり小ぶりなアイテムとなりますが、後方から見ると、かなり上部に立ち上がっているのが特徴です!
 

👆 立ち上がりながら後方への延長されているデザインとなります~。
 
というわけで、新作エアロパーツ「KRUISE by KUHLRACING KR-35RRⅡ」が、このように完成いたしました。
今後の予定は、デモカーを製作し写真撮影を行わせて頂き、もちろんカメラマンさんGT-Rにも装着させて頂きます!
 
それではデモカーの完成を楽しみにお待ちくださいね!!
今後ともKUHLが販売するR35GT-Rのエアロパーツ&コンプリートカーをよろしくお願いいたします。
 


 
35GT-R 2008モデル USEDフルカスタムコンプリートカーも、予約受付中ですのでご検討頂けると嬉しいです!
ベース車両は、「08モデルGT-R 走行4~6万キロ前後 ベースグレード」を、仕入れさせて頂いて、新品パーツにてフルカスタムするコンプリートカーとなります。
599万円(税込)という、600万円を切る車両価格を実現させて頂きました!


 
<2008モデル R35GT-R KR-35RRⅡ USEDコンプリートカーの詳細と販売価格>
【 車両本体価格 ¥5,990,000(税込)】
【 装着オプションパーツ 合計¥1,721,680 が車両本体価格に含まれます】
*諸費用は別途必要となります
 
【 装着オプションパーツ (上記車両本体価格に含まれています)】
① KRUISEエアロパーツ(フロントスポイラー・サイドディフューザー・リアディフューザー)3点セット(1トーン塗装済み)
② KUHLRACINGスラッシュ4テールマフラー
③ BLITZ ZZ-R車高調 + アライメント調整
④ VERZ-WHEELS KCVシリーズ20インチアルミ
⑤ FALKEN FK510 20インチタイヤ
*フロントカナードは別オプションとなります
 
それでは、R35GT-Rの「KRUISE by KUHLRACING」フルカスタムコンプリートカーをご検討いただきます様、皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!
 
 
  

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ