MENU

KUHL Fam!

2019-12-24

<前編>KUHLRACINGエアロパーツ次期開発モデルはトヨタRAIZEライズです!フロント・サイド・リアエアロの3点セット!4本出しマフラーを開発!新車コンプリートカー販売も予約スタートです!<KUHL片岡より>

タグ: ライズ

現在、KUHLエアロ工場では、新作エアロ開発のラッシュとなっておりますので、最近のブログではエアロ開発の話題ばかりになってしまっております・・・。
ちなみに現在造形進行中のエアロパーツは下記の通りとなります!
① A90スープラ ワイドボディ
② C-HR後期 エアロパーツ+4本出しマフラー
③ LEVORGレヴォーグ前期 フロントディフューザー
④ ALPHARD後期 薄型フラップエアロRSⅡ+リアウイング
⑤ ミドルマウント&ハイマウントGTウイング
⑥ R35GT-R 35R-GTⅡエアロパーツの追加アイテム
他にもジムニーや86など、開発予定が多数となっておりますが、来年早々の新車種開発は、こちらの車に決定いたしました!
 
その車種は・・・トヨタRAIZEライズです・・・
ちなみにRAIZEとはどういう車か、ご紹介させて頂きますね!!

ご覧のような、スモールSUVタイプとなっております。RAV4をよりコンパクトにしたという感じのイメージでしょうか・・。
発売は11月初旬だったのですが、すでに大人気となっており、ただいまのメーカー納期回答は、なんとなんと! 3~4ヶ月待ちの状態となってしまっております・・・。
ちなみにダイハツでは、「ロッキー」として販売されております!
 
これがロッキーです

ライズとはバンパーデザインが全然違っていますね
 
写真ではサイズが大きく見えますが、実は非常にコンパクトなサイズであるというのが魅力なんですよね!
RAIZEのボディサイズ ⇒ 全長3,995mm × 全幅1,695mm × 全高1,620mm
 
これでは分からないと思いますので、アクアと比較してみましょう!
アクアのボディサイズ ⇒ 全長4,050mm × 全幅1,695mm × 全高1,455mm
 
実はアクアよりも全長が55mmも短いんですよね。 幅は全く同じです。 そして高さは165mmも高くなります!
これだけコンパクトながらも、荷物はいっぱい積めるというのがセールスポイントとなっています
 
最近、埼玉にいることが多くなっているワタクシですが、愛知県に比べると道路幅が狭い、コインパーキングに停めるケースが多いという事を実感しております~。したがって、これくらいのボディサイズは、本当に使い勝手が良いんではないかと思います!
 
そして、気になるエンジンは、1リッターターボエンジンの設定のみとなり、2WDと4WDが選択可能となります
このエンジン、非常に評判が良いみたいです! まだデモカーが到着していないので、試乗は出来ていないのですが、非常にレスポンスの良いエンジンとの事なので、楽しみですね!
実燃費も街乗りで13~15キロ前後、高速走行で17キロ以上といわれていますので、ターボエンジンながらも燃費は期待できそうですね。
 

ちなみにリアビューはこんな感じとなっています!
なかなかスポーティなデザインに仕上がっているのではないでしょうか
 
そして装備品やグレード、価格はこのようになっております
グレードは、X、XS、G、Zの4種類となります(それぞれに2WD・4WDの設定アリ)
車両価格は、167万円~228万円までの価格帯となっていますので、最近の新車価格の値上がりから考えると、お買い得感がある感じがしますね!
 
お買い得感は装備の充実を見るとさらに、実感できるかもしれません!
ライズの主な全車標準装備(特に目立つ装備をピックアップしました)
・LEDヘッドランプ
・LEDテール&ストップランプ
・スマートエントリーシステム
・オートライト
167万円の新車価格で、前後LEDライトが装備されているのは嬉しいですね!!
LEDヘッドライトはオプション設定という新車が多い中で、標準装備というのは新鮮な感じがします
 
グレードごとの装備品の違いもまとめてみました(目立つ違いのみをピックアップしていますので、細かくはいろいろな違いがございます・・)
 
まずはXとXSグレードの違いからご紹介します
XとXSグレードの違いは、安全装備の有無となります。
ちなみに主な安全装備はこんな感じとなります。 価格差は65000円程度なので、安全装備が充実しているXSグレードが良いかもしれないですね!
・自動ブレーキ
・車線逸脱抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・コーナーセンサー
・オートハイビーム
 
次にX/XSグレードとG/Zグレードとの装備品の主な違いです
・16インチアルミホイール
・オートエアコン
・メッキドアハンドル
・6スピーカー ・UVカットガラスなど
一番の違いはエアコンになりますね!
ちなみにXグレードとGグレードの価格差は約22万円となっております。
KUHLでご購入頂けるお客様ですと、スピーカーは社外品に変更すればOKかと思いますし、アルミホイールは変更される方が多いかと思いますので、エアコンがマニュアルエアコンでOKであればX・XSグレードで十分という感じがしますね・・。
 
そして最上級グレードZグレードの装備品はこんな感じになっております。
Zグレードのみ装備されている主な装備品をまとめてみました。
・本革巻きステアリング ・17インチアルミホイール
・オートレベリング機能付ヘッドライト
・LEDフロントフォグランプ
・シーケンシャルターンランプ(流れるウインカーです)
・リヤフォグランプ
・レーダークルーズ&レーンキープコントロール
まさに最上級グレードという感じの装備品になっていますね!
ちなみにGグレードから約17万円ほどの価格アップとなります
Xグレードからは約40万円ほどのアップとなります
 
これはグレード選択に迷うところとなってきました・・・。
ウインカーが流れて、フォグランプが付いて、レーダークルーズも使えてという、Zグレードの206万円という価格設定は、非常にリーズナブルな気がします・・・。
 
まとめてみますと(あくまで個人的見解です・・)、XとXSグレードでしたら、安全装備が装着されるXSグレードがお得な感じがします・・。
GとZグレードでしたら、装備品がさらに充実しているZグレードがお得な感じがします・・。
 
そしてXSとZグレードに関しては、価格差32万円ですので、・・・これは迷うところですね!!
XSグレードを選択してカスタムパーツに予算を回すのも良いと思いますし、思い切ってZグレードを購入するのも良い気がします・・。
 
ボディカラーも非常に多いので、皆様、スタッフとお話しさせて頂きながら、じっくりと検討して頂ければと思います!
 
RAIZEの車両スペックや価格に関しては、以上となります。
 
それでは次回、RAIZEをカスタムした場合の魅力や、注意点、新車コンプリート価格の設定などについて、ご紹介させて頂きたいと思います!
後編に続く・・・