KUHL Fam!

カーライフ

2023-3-1

家族構成ごとにおすすめのファミリーカーを紹介!ミニバンとSUVも比較します!

タグ:

ファミリーカーを探しているけど自分の使用目的に最適な車はどれなのか?悩んでいる方いませんか?この記事では「家族構成ごとにおすすめするファミリーカー」について解説しています。ファミリーカーが気になる方は、是非参考にしてみてください。

家族構成ごとにおすすめなファミリーカーを紹介!

家族構成ごとにおすすめなファミリーカーを紹介します。

下記で紹介するファミリーカーは「5人乗り」「6人乗り」「7人乗り」「8人乗り」ごとに分けて紹介しています。
是非、参考にしてみてください。

【5人乗り】おすすめファミリーカー

5人乗りでおすすめするファミリーカーを2つ紹介します。

【ホンダ】フリード+


5人乗りのファミリーカーとして1つ目におすすめするのが、ホンダ・フリード+です。

ホンダ車の中でも、コンパクトミニバンとして高い人気があります。

また、5人乗りミニバンとしての需要もあり、家族で利用する場合や後部座席をフラットにして車中泊に利用するなど様々なシーンに対応しているメリットもあるでしょう。

5人乗りのファミリーカーとして最もおすすめする車です。

【車両スペック】

全長 4,265mm
全幅 1,710mm〜1,735mm
全高 1,695mm
新車価格 2,182,400円〜3,040,000円
中古車価格 1,150,000円〜2,728,000円
おすすめの家族構成一例 子供2人の4人家族

【トヨタ】シエンタ


5人乗りファミリーカーとして2つ目に紹介するのが、トヨタ・シエンタです。

フリード+と同じく5人乗りコンパクトミニバンとして人気が高いシエンタは、2022年8月にフルモデルチェンジされたばかりの車であり、見た目は可愛らしく安全性能や快適性能をより充実させました。

また、後部座席のスライドドアのハンズフリー機能もオプション設定可能であり、ミニバンの中でも装備面に優れた車でもあります。

また、荷室空間も広く「荷物をより多く積みたい」という方にとっても最適な車です。

【車両スペック】

全長 4,260mm
全幅 1,695mm
全高 1,695mm
新車価格 1,950,000円〜3,108,000円
中古車価格 100,000円〜3,795,000円
おすすめの家族構成一例 子供2人の家族4人乗り

【6人乗り】おすすめファミリーカー

6人乗りでおすすめするファミリーカーを2つ紹介します。

【ホンダ】フリード


6人乗りファミリーカーとして1つ目におすすめするのが、ホンダ・フリードです。

フリードには5人乗り仕様の「フリード+」と6人または7人乗り仕様の「フリード」の2種類があります。外観についてはフリード+もフリードも特に変化はありません。

ここで紹介するのは「フリード」です。

6人乗りのフリードの特徴としては、ゆったり座れる2列目キャプテンシートであり、1列目から3列目まで動きやすいメリットがあります。

【車両スペック】

全長 4,265mm
全幅 1,695mm
全高 1,710mm〜1,735mm
新車価格 2,182,400円〜3,040,000円
中古車価格 1,150,000円〜2,728,000円
おすすめの家族構成一例 子供3人の家族5人乗り

【ホンダ】ジェイド

6人乗りファミリーカーとして2つ目に紹介するのが、ホンダ・ジェイドです。

ホンダ車のステーションワゴンタイプの中でも人気の高いジェイドは全高も高く、ゆったりとした室内空間が特徴的な車です。

また、上品なインテリアや優れた安全性能などコストパフォーマンスも良い車になります。

6人乗りのファミリーカーをお探しの方にはまずおすすめしたい車です。

【車両スペック】

全長 4,650mm
全幅 1,780mm
全高 1,530mm
新車価格 2,443,100円~3,146,000円
中古車価格 590,000円~2,690,000円
おすすめの家族構成一例 子供3人の家族5人乗り

【7人乗り】おすすめファミリーカー

7人乗りでおすすめするファミリーカーを2つ紹介します。

【トヨタ】ノア


7人乗りのファミリーカーとして1つ目におすすめするのが、トヨタ・ノアです。

室内空間も広く、荷物もたくさん積み下ろしできる魅力があり、まさに「バランスの良いファミリーカー」として需要があります。

また、通勤や送迎などの日常使いだけでなく、家族で出かける旅行などでも快適に過ごせる一台でしょう。

2022年2月現在に発売されている新型ノアには「アドバンス・パーク」と呼ばれる自動車駐車を行うシステムがメーカーオプションで搭載可能になっています。

そのため、スイッチを押すだけで駐車操作をしてくれる便利な機能になります。

【車両スペック】

全長 4,695mm〜4,710mm
全幅 1,840mm
全高 1,730mm
新車価格 3,320,000円〜3,518,000円
中古車価格 3,330,000円〜3,380,000円
おすすめの家族構成一例 子供3人、母、父、祖父母の7人乗り

【トヨタ】ヴォクシー

toyota,voxy,トヨタ,ヴォクシー
7人乗りファミリーカーとして2つ目に紹介するのが、トヨタ・ヴォクシーです。

ノアと同じくトヨタ車のミニバンの中では圧倒的な人気と需要があり、幅広い年齢層にも対応している魅力があります。

外観デザインは少し押しが強く迫力がある印象があり、車のインパクトを求める方や外観にこだわりたい方におすすめする車です。

ハイブリッドモデルでは、WLTCモードで22.0km/L〜23.4km/Lと燃費性能の高さも注目すべきポイントになります。

【車両スペック】

全長 4,640mm
全幅 1,720mm
全高 1,850mm
新車価格 3,090,000円〜
中古車価格 1,649,000円〜2,4908,000円
おすすめの家族構成一例 子供3人、母、父、祖父母の7人乗り

【8人乗り】おすすめファミリーカー

8人乗りでおすすめするファミリーカーを2つ紹介します。

【トヨタ】アルファード

アルファード_エアロ・コンプリートカー
8人乗りファミリーカーとしておすすめするのが、トヨタ・アルファードです。

「高級ミニバン」として高い人気を誇るアルファードは、ファミリーカーとしての需要はもちろん、高級志向の強い方にも最適な車です。

まさに「アクジュアリーなデザイン」と「便利な機能面」を併せ持つミニバンと言っても過言ではありません。

ミニバンの中でもサイズが大きい分、室内空間や積載量が多く、使いやすさは抜群で3列目も快適に乗れるでしょう。

8人乗りファミリーカーで悩まれる方には、アルファードを最もおすすめします。

【車両スペック】

全長 4,950mm
全幅 1,850mm
全高 1,935mm
新車価格 4,681,600円〜4,935,600円
中古車価格 3,200,000円〜6,500,000円
おすすめの家族構成一例 子供4人、母、父、祖父母の8人乗り

近年人気のSUVのおすすめポイントは?ミニバンと比較して紹介

近年人気のSUVのおすすめポイントをミニバンと比較して3つ紹介します

おすすめポイント1.走破性能が高い
おすすめポイント2.視点が高く視認性が良い
おすすめポイント3.外観デザインが良い

おすすめポイント1.走破性能が高い

SUVのおすすめポイントとしては「走破性に優れている」ことが挙げられます。

山道や砂利道など凹凸のある路面状況であっても力強く走行できる点がミニバンにはない魅力とも言えるでしょう。

また、ファミリーカーと比較して最低地上高が高い分、タイヤ径が大きくなり路面と車体が接触しにくいこともポイントの一つです。

車の衝撃を吸収しやすく、オフロードでも快適な走行を実現できます。

おすすめポイント2.視点が高く視認性が良い

SUVは最低地上高が高い分、視点が高く視認性に優れている点も挙げられます。

運転席からの高い視点を維持できることで、周囲の道路状況や歩行者、障害物を察知しやすい特徴も期待できるでしょう。

視認性の良さはミニバンにはない魅力的なポイントです。

運転をより安全に快適にしてくれます。

おすすめポイント3.外観デザインが良い

SUVは外観と内装のデザインの良さに魅力もあります。

車種によって外観と内装のデザインに違いがありますが「カッコよいSUV」もあれば「高級感のあるSUV」もあるなど、特徴は様々です。

そのため、購入検討者が好む最適な1台を選ぶこともできるでしょう。

荷物が多い人にも!積載量が多いミニバンを紹介

荷物が多い人には、ホンダ・ステップワゴンがおすすめです。

2022年5月にフルモデルチェンジされたばかりの車であり、プレーンな外観デザインが男性女性に限らず幅広い年齢層に人気があります。

また、ステップワゴン最大の特徴として「3列目シートが床下収納できる」ことであり、
荷物を多く載せたい方に最適な車でもあります。

床下収納機能はステップワゴンならではの特徴であり、リアゲートに荷物を乗せる場合に3列目のシートが邪魔にならないメリットも考えられます。

2列目シートも使用目的に合わせて多種多様に動かせ、シートアレンジが豊富になっている点も魅力的なポイントの一つでしょう。

荷物が多い人や積載量の多いミニバンを購入検討している方におすすめする車です。

価格を抑えたい人向け!コスパがいいファミリーカーは?

ファミリーカーを購入したいけど「なるべく価格を抑えたい」という方におすすめする車を3つ紹介します。

おすすめ1.【トヨタ】アルファード
おすすめ2.【日産】セレナ
おすすめ3.【トヨタ】ヴォクシー

おすすめ1.【トヨタ】アルファード

価格を抑えたい方におすすめする1つ目のファミリーカーは、トヨタ・アルファードです。

トヨタが誇るLLクラスの最高級ミニバンであり、広々とした室内空間やゆったりとしたシートサイズが特徴的な車です。

一見購入費用が高く感じやすい車ですが、ベースグレードであれば320万円(税抜)から購入できるお買い得な車でもあります。

また、中古車としてアルファードを購入する場合、状態によって金額は異なりますが、100万円程度から購入できる車もあります。

値段を抑えつつ、最高級クラスの車を購入したい方に最適なファミリーカーです。

おすすめ2.【日産】セレナ

価格を抑えたい方におすすめする2つ目のファミリーカーは、日産・セレナです。

大きすぎず小さすぎない、まさに絶妙なサイズ感と多彩なシートアレンジが特徴的であり、ミニバンの中でもトップクラスに燃費性能が高い車です。

3列シートに乗車した場合でも開放感が感じられるファミリーカーでもあります。

ベースグレードであれば、234万2,000円(税抜)から購入可能であり、比較的購入しやすいミニバンとも言えるでしょう。

また、セレナを中古車で購入する場合でも、80万円ほどから購入できます。

コストパフォーマンスの高いミニバンを購入したい方に是非ともおすすめする車です。

おすすめ3.【トヨタ】ヴォクシー

価格を抑えたい方におすすめするファミリーカーの3つ目は、トヨタ・ヴォクシーです。

5ナンバーサイズの車でありながらも広々とした居住性や多彩なシートアレンジ、乗り降りのしやすさなど、ファミリーカーとして十分すぎる機能面が魅力の車です。

また、トヨタの安全技術である「Toyota Safety Sense」も全グレード標準装備されており、安全面にも優れている特徴があります。

ベースグレードの価格が264万5,000円(税抜)からであり、購入しやすくお手頃な価格帯であるミニバンでしょう。

さらに中古車を購入する場合、おおよそ85万円程度から購入できます。

購入費用を抑えたい方におすすめするファミリーカーです。

ミニバンの税金っていくらなの?

「ミニバンの税金はどのくらい必要なのだろう?」と気になっている方いませんか?そんな方に向けてミニバンを所有する際に必要な税金関係を分かりやすく表にまとめて紹介します。

まず自動車の税金は3種類あります。

・自動車税
・自動車重量税
・環境性能割

自動車税は毎年4月1日時点での「車の所有者」に課税されるものです。車の排気量によって自動車税が異なります。

次に自動車重量税は「車のの重量」によって金額が決定する税金のことを意味します。
最後に「環境性能割」は、車の燃費性能によって価格が変動する税金のことです。

ミニバンの税金については下記表を参考にしてみてください。

【ミニバンの税金費用】
自動車税:36,000円〜54,000円
重量税:15,000円〜49,200円
環境性能割:5,000円〜32,800円

SUVや軽自動車の税金はどうなの?

次にSUVと軽自動車の税金をミニバンと比較してみましょう。

【SUVの税金費用】
自動車税:34,500円〜50,000円
重量税:12,300円〜20,500円
環境性能割:15,000円〜30,000円

【軽自動車の税金費用】
自動車税:10,800円
重量税:3,300円〜9,900円
環境性能割:12,000円〜20,000円

ミニバンとSUV、軽自動車を比較すると、車両重量や排気量が大きいミニバンの税金費用が高い傾向に気づくと思います。

車の車体サイズが大きくなるほど、毎年支払う税金も高くなることを理解しておきましょう。

今回は家族構成ごとのおすすめファミリーカーを紹介してきましたが、ミニバンにはメリットもあればデメリットもあります。

そのため、メリットとデメリットを理解した上で、自分に最適なファミリーカーを選択することをおすすめします。

この記事の内容を参考にして、是非自分に最適なファミリーカーを検討してみてください。

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • 新型アルファードとヴェルファイア用のエアロパーツが完成しました!<
  • 新型プリウス用にDIYで装着できるエアロパーツを作りました<
  • プリウスワイドボディに装着した6本出しマフラーを販売します!|KUHL Racing TOYOTA PRIUS<
  • 東京オートサロン2024に展示したR35GT-Rの詳細を解説します!<
  • デリカD:5ベースのまったく新しいコンプリートカーが完成しました<
  • ハスラーをフルカスタムしたコンプリートカーが完成しました|KUHL VRARVA HUSTLER<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ