MENU

KUHL Fam!

ショップ

2023-1-17

「東京オートサロン2023」終了!KUHLJAPAN&VRARVAブースと出展車18台を紹介③!アルファード・ノア・ヴォクシー・ステップワゴン・デリカD5・シエラのご紹介!

タグ: VOXYアルファードジムニーシエラステップワゴンデリカD:5ノアヴォクシー東京オートサロン

引き続き、「東京オートサロン2023」出展車両のご紹介です。

本日は「KUHLJAPAN」ブースのミニバン・SUVのご紹介となります。

 

ブースや展示車両につきましては、YouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」にても詳しくご紹介させて頂いておりますので、ぜひチェックしてみて下さい⇩

 

「東京オートサロン2023」 「KUHLJAPAN&VRARVA」ブースのご紹介。ローダウンミニバン編。

それではミニバン・SUV編として合計6台を一気に紹介させて頂きます。

 

「ALPHARD KUHLRACING FINAL EDITION」

「KUHL」と言えば「アルファード」と言っても良いほど「KUHL」での販売台数の多いおクルマです。

今年5月にフルモデルチェンジが予定されていますが、まだまだ中古車でも人気ナンバーワンですし、エアロパーツ・ホイールの受注も非常に多いおクルマです。

その「アルファード」の最後のエアロとして開発させて頂いたのが、この「FINAL EDITION」エアロとなります。

ボンネットもTYPEⅡを装着し、純正グリルを取り外し、迫力タップリのレーシングフェイスにチェンジしています。

 

⇧そしてリアバンパーも「FINAL EDITION」フルバンパーエアロを装着し、迫力タップリのリアビューへと仕上げました。

そしてホイールは超深リムの「VERZ-DDR01」20インチステップリムを装着することで、かなりスポーティに振り切ったスタイリングに仕上げてみました。

「KUHLKARS」ではアルファードのフルカスタム中古車コンプリートカーを多数在庫していますので、ぜひとも購入をご検討下さい。

 

「90NOAH KRUISE KR-90NRR」

⇧こちらはシンプル&スポーティな「KRUISE」エアロを装着した「90NOAH」となります。

フロントグリルなどメッキ部分を塗装し、イメージの違うノアに仕上げてみました。

ただ今、このようなイメージに仕上がる「RACING FORM COVER」メッキ隠しパーツも開発していますので楽しみにしていてください。

 

「Air-Force」さんのエアサスにてローダウンし、「VERZ-KCV05」20インチフルリバースリムを装着しました。

9㎜ワイドフェンダーや4本出しマフラー、ルーフエンドウイング、リアアンダーエアロなど、開発済みのエアロパーツをフル装着しています。

 

「90VOXY KRUISE KR-90VRR」

「90VOXY」「KRUISE」エアロをフル装着しています。

フロントフェイスはメッキ部分を隠す「RACING FORM COVER」を装着し、ボディ同色化することで、引き締まったフェイスイメージにチェンジしています。

「Air-Force」さんのエアサスにてローダウンし、「VERZ-DDR01」20インチの深リムホイールを装着しました。

 

⇧ノアと同じく、9㎜ワイドオーバーフェンダーを装着する事で、ホイールのリム幅を稼ぎ、なおかつ15㎜のアーチダウンにて、実際よりも車高を落ちて見せる事が可能です。

リアアクスルも「KUHL」オリジナル加工にて、3度キャンバー、ナロー化(短縮加工)、前後セットバック、30㎜ダウンを施していますので、深リムホイールとナチュラルなキャンバーでしっかりと落ちるサスペンションを実現しています。

 

おかげ様で「90ノア&ヴォクシー」は、新車コンプリートカーとして大人気となっています。今後は新車納期も短縮してくると思いますので、ぜひともこの機会にご検討いただけると嬉しいです。

 

「STEPWAGON KRUISE KR-RP6RR」

⇧年末に完成したばかりの「新型ステップワゴン」「Air-Force」さんのエアサスにてローダウンし、「VERZ-DDR01」深リム20インチを装着して、かなりのロースタイルにて展示しました。

四角いボディのステップワゴンを、さらに四角く見せる「KRUISE」エアロパーツを装着しています。

 

⇧リアにもアンダーディフューザーエアロを装着し、ボディ下部に厚みを持たせています。

そしてノア&ヴォクシーと同じく、こちらもリアアクスル加工を施して、コダワリのサスペンションセッティングに仕上げました。

「KUHL」オリジナルのリアアクスル加工は、ナチュラルに見える3度キャンバー、ナロー化(短縮加工)、前後セットバック、30㎜ダウンにて仕上げています。

リアアクスル加工は、もちろん公認を取得することが可能ですので、新車コンプリートカーご購入の際には、ぜひとも追加オプションとして検討して頂ければと思います。

 

以上4台がローダウン系ミニバンのご紹介となります。

ちなみに4台ともすべてタイヤは「FALKEN AZENIS FK510」を装着させて頂きました。

 

「東京オートサロン2023」 「KUHLJAPAN&VRARVA」ブースのご紹介。リフトアップミニバン・SUV編。

それでは次に、リフトアップ系ミニバン・SUVのご紹介です。

 

「DELICA D5 KUHLRACING D5R-RSW」

「デリカD5」をワイド化しました。片側9㎜のみのワイド化ですが、このようにかなり迫力アップしています。

オーバーフェンダーのフロント側は、フロントバンパーまで被さって来て、牙?のように跳ね上がってくる過激なスタイリングとなっています。

こちらはケミカルウッドによるマスターモデルとなりますので、完成度が低いですが、今後「ABS製品」として販売スタートしますので、リリースまで少しお待ちください。

また、ボンネットやグリルも変更し、スポーティなフェイスへとイメージチェンジを狙ってみました。

 

「ルーフエンドウイング」も新作となります。

純正スタイルを損なわない、シンプルなデザインにまとめてみました。

そしてホイールは超新作の「VERZ-KROSS X6」16インチ、タイヤは「DUNLOP グラントレックAT5」を装着しています。

オレンジの脱着式カラープレートを装着していますので、かなり足元が目立っておりますが、このカラープレートが計8色から選択可能となります。

 

「JIMNY SIERRA KUHLRACING 74R-GT」

「ジムニーシエラ」「KUHLRACING」フルエアロキットを装着して展示させて頂きました。

昨年のオートサロンにて「ジムニー」ローダウンをお披露目しましたが、今回はシエラのリフトアップ仕様となります。

フロントグリル・前後バンパー・前後ディフューザー・サイドステップ・バンパーアタッチメントなど、多数の「KUHL」オリジナルエアロパーツが装着されています。

エアロパーツ&オーバーフェンダーはすべて「チッピング塗装」を施して、インパクトアップさせています。

 

⇧4本出しの車検対応マフラーを装着し、スポーティなリアビューに仕上げました。

そしてこのジムニーシエラのアピールポイントとして、超新作の「VERZ-KROSS X6」16インチ・ジムニーシエラ専用ホイールを開発させて頂いた点です。

ご覧の様にかなりの深リムに、コンケーブのキツイ「カラープレート」を装着することで、立体感溢れるホイールに仕上げてみました。

カラープレートはブラウンカラーを選択しています。

タイヤは「DUNLOP グラントレックMT2」マッドテレーンタイヤを装着しています。

このスタイリングでの「ジムニーシエラ」新車コンプリートカーも販売中ですので、ぜひともご検討いただけると嬉しいです。

 

「KUHLJAPAN」ブースの展示デモカー紹介は以上となります。

次回は、国際カスタムカーコンテスト最優秀賞を獲得「VRARVA MARS」のご紹介をさせて頂きますので楽しみにしていてください。

 

・・・次回に続く・・・

 

「大阪オートメッセ2023」出展決定!過去最大規模での出展を行いますので楽しみにお待ちください。

⇧そしてそして今年も「大阪オートメッセ2023」に出展させて頂くことが決定いたしました~!

インテックス大阪にて、2月10日(金)~12日(日)の開催となります。

過去最大規模での出展を予定していますので楽しみにしていてください。

また出展車両が決定しましたら、ご紹介させて頂きますね。

 

 

 

 

 

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • R35 GT-Rの中古車を買うときのポイント。狙いは中期モデルです。|KUHL Racing NISSAN GT-R<
  • 【激安GT-Rリフレッシュ計画】ホイールを新しくしたのでアライメントを調整してみました。|KUHL Racing R35 GT-R Wheels<
  • 中古のGRスープラはボディカラーで価格がかなり変わります。|KUHL  Racing TOYOTA GR SUPRA<
  • カスタムカー専門の買取サービスで実際に査定しました | KUHL Racing Used Car<
  • 中古のレクサスLCを買うときのポイントを教えます。|KUHL Racing  LEXUS LC<
  • 中古のND系ロードスターを買うときの狙い目ポイント語ります。| KUHL Racing MAZDA  ROADSTER<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ