MENU

KUHL Fam!

開発情報

2022-11-17

新型RZ34用エアロパーツ・イメージCGお披露目!ハーフタイプ&薄型ディフューザーエアロから開発スタート!

タグ: RZ34フェアレディZ

先日KUHL「新型RZ34」の開発用車両が入庫いたしました。

KUHLでは早速・・・「ローダウン」「ホイールマッチング」「サーキット走行(ドリフト)チェック」などを行って、徹底的に「新型RZ34」のカスタムについて検証を行っております。

 

**この模様につきましてはYouTubeチャンネル「KUHLRacingTV」にて詳しくご紹介させて頂いておりますので、ぜひとも見てみて下さいね⇩⇩

⇧<ローダウンとホイールマッチング・タイヤサイズの検証動画>

 

⇧<サーキット走行&ドリフト走行インプレッション>

 

そしてそして本日、ノーマル車両の3Dデータを取るために、ボディ全体の3Dスキャニング、バンパーなどを外してのスキャニング作業を行っております。

フロントバンパーやサイドステップを外してのスキャニングです。

 

リアもこのようにバラバラ?状態でスキャニングを行って頂きました。

 

これで「RZ34」のノーマルボディでの3Dスキャン作業が完了しましたので、これから3Dデータ上でのエアロパーツのモデリングを行っていく事になります。

 

<RZ34エアロパーツの開発予定シリーズ&アイテム>

「RZ34」では下記種類のエアロパーツを開発していく予定になっております⇩

① ハーフスポイラー&薄型ディフューザーエアロ 「KRUISE KR-RZ34RR」

② バンパータイプエアロ「KUHLRACING RZ34-GT」

③ ワイドボディエアロキット「KUHLRACING RZ34-GTW」

 

そして「②バンパーエアロ」と「③ワイドボディエアロキット」の開発は、今回のスキャンデータに基づく3DCADによるモデリングにて行う予定です。

そして「①ハーフタイプエアロ」は、クレイ造型によるハンドメイドでのモデリングにより開発を行います。

 

<RZ34エアロパーツ第一弾!「KRUISE KR-RZ34RR」のイメージCGを公表>

それでは「RZ34」のエアロパーツイメージCGをご紹介させて頂きます。

 

今回ご紹介させて頂くのは「RZ34」第一弾エアロパーツ・・・①ハーフスポイラー&薄型ディフューザーエアロ「KRUISE」シリーズとなります。

⇧ 「RZ34エアロパーツ KRUISE KR-RZ34RR」

 

フロント&サイドのイメージとなります。

フロントは「ハーフスポイラー」となります。

イメージではハーフスポイラーとアンダーディフューザーの2分割に見えるかもしれないですが、今回は一体型にて成型する予定です。

 

通常「KRUISE」シリーズでは、エアロは薄型で、地上高を十分に確保出来る様に設定しています・・・が、今回の「RZ34」は、逆にエアロ下を低く下げる!設定にしたいと思っています。

新型Zは、もう少しバンパー下にボリュームがあった方が、カスタムスタイルとしてはバランスが良い気がします。

そこでフロントは、このようにバンパー下にかなり厚みを持たせて、両端にダクトを入れるなどのアクセントを入れてみました。

 

 

そしてサイドは「KRUISE」らしい前後にサイドフィンを設けたスタイルを予定しています。

こちらもフロントのエアロ下地上高に合わせた高さを予定していますので、純正よりもかなり低い設定となるかもしれません。

 

そしてリアは、リアバンパー下に装着するディフューザースタイルを予定しています。

センター部分を大きく後方延長&上方へ反り上げるスタイルとなります。

そして両端は下方に下げたデザインとし、フロント&サイドのエアロ地上高とのバランスを取りたいと思っています。

マフラーは画像のような4本出しマフラー純正マフラー形状の2本出しマフラーの2タイプを設定したいと思っています。

 

ちなみにエアロパーツを白色(ボディカラー)イメージに変更してみるとこのようになります⇩⇩

 

 

エアロパーツのカラーリングでイメージがかなり変わりますね。

カラーリングや塗分けスタイルは、お好みで選択して頂ければと思います。

 

そしてリアウイング(トランクスポイラー)も開発する予定です⇩⇩

ダックテール風の反り上げスポイラーをデザインしてみました。

後方&上方へと大きく反り上げています。

このようなトランクスポイラーもアイテム追加したいと思っています。

 

<新型RZ34用エアロパーツ「KRUISE」シリーズは「東京オートサロン2023」にてお披露目予定>

そして明日より、この「KRUISE」シリーズの開発をスタートさせます。

モデリングは協力会社の「バガねんど」さんにお願いしますので、クレイ(粘土)でのハンドメイド造型となります。

オートサロンまで1カ月半しかないという強行スケジュール!ですが、何とか「東京オートサロン2023」にてお披露目させて頂きたいと思っています。

 

そして本日スキャンした3Dデータにもとづくモデリングも同時スタートしていきます。

こちらはフルバンパーとワイドボディとなりボリュームが大きいので、お披露目は来年夏以降になるかと思います。

 

それでは「新型RZ34」KUHLエアロパーツ開発を楽しみにしていてください。

 

 

 

 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ