MENU

KUHL Fam!

カーライフ

2022-8-29

トヨタのGR86のグレードの違いを徹底比較!選ぶポイントも解説!

タグ:

トヨタのGR86ってどんな車?特徴をチェック!

GR86は運転する楽しさをとことん追求した超低重心のFRスポーツカーです。ボディには軽量・高剛性のアルミを多用し、高速コーナーにおける軽快なハンドリングと安定した走行性を生み出しています。

先代の86のエンジンは2.0リッターでしたがGR86では2.4リッターを採用し、加速感やあらゆる速度域での力強さが大幅に向上しました。フロントのグリル形状やフロントエアアウトレット、つまみ上げるデザインが特徴のダックテールなど、外観にはワイド&ローのスポーツカーらしいスタンスと、機能性やエモーショナルな表現がなされています。

トヨタの新型GR86の各グレードについてご紹介!

全部で3つあるGR86のグレード構成を簡単に説明します。

RZ

「RZ」はGR86のトップグレードで一番装備が充実しています。トランスミッションはATとMTが存在し、車両価格は3,349,000~3,512,000円(税込)です。

SZ

中間グレードの「SZ」は「RZ」と「RC」の中間に位置し、充実した装備と購入しやすい価格が魅力です。トランスミッションはATとMTが存在し、車両価格は3,036,000~3,199,000円(税込)です。

RC

RCは装備を簡素化してトランスミッションをMTのみとしたエントリーグレードです。車両価格は2,799,000円(税込)です。

トヨタの新型GR86のグレードの違いを比較!


GR86のグレードの違いを6つの項目に分けて解説しますので、グレード選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

①価格

RZ AT RZ MT SZ AT SZ MT RC MT
価格(税込) 3,512,000円 3,349,000円 3,199,000円 3,036,000円 2,799,000円

エントリーグレードの「RC」のみ200万円台で購入が可能です。それぞれのグレードの中でもATとMTではATの方が車の仕組みが複雑になるため、若干価格が高くなります。

②主要諸元とエンジン

全グレード共通
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,265mm×1,775mm×1,310mm
室内寸法 1,625mm×1,480mm×1,060mm
最大乗車定員 4名
駆動方式 FR
エンジンの種類 水平対向4気筒
エンジン総排気量 2.387L
最高出力 173ps
最大トルク 25.5kg・m
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク量 50L

主要諸元とエンジンは全グレードで共通です。運転が苦手な人でも取り回ししやすいボディサイズで、車高の低さがスポーツカーらしい存在感を主張しています。なお、駆動方式にAWDの設定はありません。

③燃費

RZ AT RZ MT SZ AT SZ MT RC MT
WLTCモード(km/L) 11.7 11.9 11.8 12.0 12.0
WLTCモード「市街地モード」(km/L) 7.2 8.0 7.3 8.0 8.0
WLTCモード「郊外モード」(km/L) 12.7 12.8 12.8 13.1 13.1
WLTCモード「高速道路モード」(km/L) 14.9 14.2 15.0 14.4 14.4

「RZ」は装備品の多さから重量が増えるため「SZ」や「RC」の方が燃費は良くなります。MT車なら燃費は若干良くなりますが、通常使用では気づかない範囲のため気にする必要はありません。

④外装や内装

RZ SZ RC
外装 ・ヘッドライト加飾付き(ステアリング連動)
・バックフォグランプあり
・ヘッドライト加飾付き
・バックフォグランプなし
・ヘッドライト加飾なし
・バックフォグランプなし
内装 ・ブラック×レッドカラーのシート(ウルトラスエードと本革素材)
・本革巻きシフトノブ&パーキングレバー
・ブランノーブ素材のメーターバイザー&ドアトリム
・アルミ製スポーツペダル・ステンレス製スカッフプレート
・照明付きバニティミラー
・ブラックカラーのシート(ファブリック素材)
・本革巻きシフトノブ&パーキングレバー
・ブラックカラーのシート(ファブリック素材)
・ウレタン製シフトノブ&パーキングレバー

ブラック×レッドの内装は「RZ」のみ選択できますので、このカラーに乗りたい方は「RZ」グレード一択となります。「RZ」は専用装備が大変豊富にもかかわらず300万台円前半から購入可能なので価格面を考慮するとお買い得なグレードと言えるでしょう。

なお、全グレードでセンターコンソールボックスをドリンクホルダーとして使用できますが、AT車のみセンターコンソールボックス前方にドリンクホルダーが1個追加されます。

⑤メカニズム(装備)

「RZ」は以下のメカニズムが専用装備されています。

・後側方警戒支援システム
・シートヒーター
・スポーツブレーキパッド
・カーテシランプ
・8スピーカー

シートヒーターとは座面や背中が暖かくなる快適装備で、冬季に重宝します。AT車には全グレードで、衝突回避や誤発進などをサポートしてくれる安全機能「アイサイト」が搭載されています。

⑥タイヤサイズと乗り心地

RZ AT RZ MT SZ AT SZ MT RC MT
タイヤサイズ 215/40R18 215/45R17 205/55R16
タイヤ銘柄 ミシュランパイロットスポーツ4 ミシュランプライマシーHP 不明
ホイールサイズ 18インチ(マットブラック塗装) 17インチ(切削光輝+ブラック塗装) 16インチ
フロントサスペンション マクファーソンストラット式
リアサスペンション ダブルウィッシュボーン式

ホイールは「RZ」「SZ」のみアルミ製で「RC」はスチール製となり、それぞれデザインが異なります。

サスペンションは共通のためどのグレードも乗り心地は若干硬めに設定されていますが雑音は少なく快適なドライブが楽しめるでしょう。

トヨタの新型GR86のグレード選びのポイントを解説!


GR86のグレード選びに悩む方は多いのではないでしょうか。日常生活のみの使用なのか、あるいはサーキット走行を前提にしているかなど自分自身で使用目的を明確化してみてください。

GR86の魅力の一つであるカスタムを楽しみたい方は、エアロパーツや補強パーツ費用なども考慮した上でグレードを選択してください。使用用途をはっきりさせて納得できるグレードを購入しましょう!

トヨタの新型GR86でおすすめなグレードとは!

用途に合わせたGR86のおすすめグレードを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

サーキット走行にこだわりたい方は「RC」

サーキット走行やレース参戦、カスタマイズをとことん楽しみたい方は「RC」がおすすめです。「RC」はフロアサイレンサー(フロアマット下の防音・防振材)を装着しておらず「SZ」や「RZ」より走行音が目立ちます。

ロールバー(ボディの歪みを抑え乗員の安全を確保する補強パーツ)を装着する際にフロアサイレンサーを剥がすことからも「RC」がサーキット走行を前提に開発されていることがうかがえます。車両価格を抑えた分をカスタムパーツの購入費用に充てられますので、カスタマイズの幅が広がるのもおすすめの理由です。

ライトなカスタムを楽しみたい方は「SZ」「RZ」

ライトなカスタムを楽しんだりノーマル状態で使用したりする方は「SZ」や「RZ」がおすすめです。どちらも装備は充実しており、同乗者も快適にドライブを楽しめます。