MENU

KUHL Fam!

2018-1-6

【東京オートサロン2018出展情報】200系ハイエースワイドが登場!見どころはカスタムペイントにあり

タグ: トヨタハイエース


以前から一部メディアで露出されていた200系ハイエースのワイドボディ用エアロキットがついに完成します。こちらはCGイメージ画像なので本物とは少し違いますが、すでに発売しているナローボディ用とは大幅にデザインが変更されています。こちらのエアロデモカーは東京オートサロン2018の会場で初お披露目となる予定なので、ぜひチェックしてみてくださいね。バンパータイプのエアロにディフューザーを組み合わせるというKUHLならではのキットをよくご覧ください。そして、KUHLの東京オートサロンといえばやはりカスタムペイントです。この200系ハイエースワイドももちろんカスタムペイントが施されているので、楽しみにしていてください。今回はその様子をちょっとだけお見せします。



こちらは施工途中の写真です。見ていただいてわかるとおりボディ全体をブラックにペイントしつつゴールドのカスタムペイントが施されていますね。じつはこれだけでは終わらないのが今回のみどころなんです。これをこのままみせてしまっては芸がないということで、今回新たに”ゴーストペイント”と呼ばれる新しいカスタムペイントがプラスされているんです。それがこちら。


わかっていただけますでしょうか?光があたったところだけがぼんやりと金色のグラインダータトゥーが浮かび上がっています。逆に光があたっていないところはブラックのままなんです。東京オートサロン2018の会場では、このゴーストペイントがより強調されるようにブースにはムービングライトが設置されているので、ぜひ色の変化をお楽しみください。

もちろんそのほかにもダイヤブロックペイントなどが細部に施されています。ハイエースの新エアロパーツはもちろん注目してもらいたいですが、こういったカスタムペイントの技のスゴさもぜひチェックしてくださいね! 

KUHLのコンプリートカーやエアロパーツの開発情報や、こだわりのポイントを紹介する記事コンテンツ
  • レクサスLC用エアロパーツが完成しました。コンプリートカーは899万円から!|KUHL Racing LEXUS LC<
  • 新型スープラをオーバーフェンダーにする方法を解説。ボディを加工します|KUHL Racing TOYOTA NEW SUPRA<
  • 修復歴ありの86を買いました。下取り・買取査定のやり方を紹介します。|KUHL Racing TOYOTA 86<
  • 【KUHLのエアロ】R35 GT-Rにファイナルエディションが登場しました。|KUHL Racing R35 GT-R<
  • 【KUHL片岡より】オンラインオーダーシステム「KUHL ONE」がアップデート!KUHL認定フルカスタム中古車のオーダーができるようになりました!|KUHL Racing KUHL ONE<
  • 中古の86を買うときに見るポイント教えます。カスタム&サーキット走行歴は一目瞭然|KUHL Racing TOYOTA 86<

KUHL MAGAZINE 記事一覧へ