HOME > KUHL Fam!

KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2019年7月31日

もしかしたら「世界で1番安い自動運転車」はホンダ・N-WGNかもしれない話。

2019.07.31

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

クルマがどんどん自動運転化に突き進んでいる今日このごろですね。先日発表された新型スカイラインなんて、ついに手放し運転まで実現しちゃっていますから技術の進歩は早すぎです。みなさんも自動運転って体感したことはありますか?

まあ、そもそも自動車メーカーが”自動運転”とは、明言しないもんだからなにをもって自動運転っていうかは人それぞれというか、解釈それぞれなんですが、いまの技術でいうと「全車速追従機能がついたオートクルーズコントロール」と「車線維持システム」の2つがキーポイントになっているでしょう。もちろん「自動ブレーキシステム」も大事です。

・全車速追従機能がついたオートクルーズコントロール
・車線維持システム

この2つが装備されたクルマに乗ると本当に楽なんですね。とくに渋滞している高速道路なんて、ほぼ勝手に運転してくれてまったく苦にならない。

ぜひともこれからクルマの購入を検討している方は、自動運転の有無を判断材料に入れることをオススメしたいです。

「でも、お高いんでしょう?」と思いますよね?それがですね、8月9日発売予定の新型N-WGN(エヌワゴン)が、なんと世界で1番安い自動運転車かもしれないんです。少なくとも、日本車のなかではダントツに安いです。

最初に金額をいってしまいますが、なんと118万円(税抜)で自動運転車をゲットできちゃうんです。これってスゴくないですか?

新型N-WGNのスゴさはHonda SENSINGにあり!

ホンダ・N-WGN

ホンダ,n-wgn

新型N-WGNは、ホンダのハイト軽ワゴンで、ワゴンRやデイズ、ムーヴあたりのライバル車となります。もっともスタンダードな軽自動車のパッケージングですね。なので、クセが少ない扱いやすい車格となります。

そして、N-WGNのなにがスゴいかって、全グレードにHonda SENSINGを標準装備しているんですね(いらない人は非装着も選べる)。Honda SENSINGとはホンダの先進安全装備の総称です。グレードラインアップは以下。

・G Honda SENSING
・L Honda SENSING
・L ターボ Honda SENSING

1番安いのは「G Honda SENSING」というグレードになっていて、118万円(税抜)です。「Lターボ Honda SENSING」は最上級グレードでターボ付きのパワフルなモデルとなります。それでも139万円(税抜)なのでリーズナブルですよね。

118万円(税抜)で自動運転が装備されてるって、世界的にも奇跡としかいいようがありません。
ちなみにその次に安い車種となると、三菱・ekワゴンの「G」にMI-PILOTのメーカーオプションをつけて、合計134万円(税抜)。その次が日産・デイズの「ハイウェイスターX プロパイロット」で、145万1000円(税抜)となっています。

Honda SENSINGの自動運転システムはコチラ

ホンダ,n-wgn

それではN-WGNに装備されているHonda SENSINGの自動運転機能部分をチェックしてみましょう。

渋滞追従機能付ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

ホンダ,n-wgn

アダプティブ・クルーズ・コントロールをONにすると、設定した速度で勝手に走行してくれます。アクセルを踏まなくてよくなるってことですね。そして、ミリ波レーダーと単眼カメラを使って、先行車を認識しているので、車間距離が近くなってくると自動でブレーキをかけて速度を落としてくれます。先行車がいなくなったら、また設定した速度まで加速してクルージングしてくれます。

ホンダ,n-wgn

そして、渋滞なので先行車が停止した場合、それに応じてちゃんと車間距離をあけて停止してくれるんですね。そして、また走りだしたらスイッチ操作をするか、軽くアクセルを踏むだけでまたオートクルーズをしてくれます。この0km/hからでも機能するところがポイントなんですね。同じようなレーダークルーズコントロールシステムでも作動速度が30km/hとかなっているクルマだと、このような渋滞時には使えません。

LKAS〈車線維持支援システム〉

ホンダ,n-wgn

そしてダメ押しがコチラの車線維持支援システムです。これは単眼カメラで車線を認識して、クルマが車線の真ん中をキープするようにステアリングを動かしてくれるんですね。あくまで支援なので、キツイカーブなどは制御範囲を超えてしまいますが、高速道路などのわりと直線的な道ではほぼ勝手にハンドル操作をしてくれます。これがあると、自分でハンドル操作をする意識が少なくてすむので、かなりの自動運転です。ただ、ハンドルから手を離してはいけないのと、雨などで単眼カメラが車線を認識できないときは作動しないので注意が必要です。

この2つの機能の備わっているおかげで、新型N-WGNはほぼ自動運転で走行してくれるんですね。これはかなり魅力的ですよ。

もちろん自動ブレーキも最新版で高性能

衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

ホンダ,n-wgn

もちろん、いざというときに頼りになる自動ブレーキも進化しています。前走車や対向車のクルマはもちろん、横断中の自転車にも対応しました。これはホンダで初めての機能ということで、最新装備がついているのはうれしいですよね。また、夜間の歩行者認識機能も向上しているそうです。

いかがでしたでしょうか?しっかりと最新の自動運転システムが装備されていながら、リーズナブルなプライスを実現したN-WGNはかなり魅力的なのではないでしょうか?

記事一覧へ戻る