HOME > KUHL Fam!

KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2020年5月17日

KUHLRACINGエアロパーツ開発情報!R35GT-R 08モデル用エアロパーツ開発スタート(前編)!フロント・サイド・リアディフューザーエアロなどアイテム多数開発!R35GT-R中古車カスタムコンプリートカーでも販売!<KUHL片岡より>

2020.05.17

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

最近、KUHLRACINGでは、新作エアロパーツの開発スピードを大幅にアップする事が出来るようになっており、今年は毎月1車種のエアロパーツを開発するという目標を立てて、取り組んでおります!

👇 実際、今年に入ってから、これだけのエアロパーツをリリースさせて頂き、さらに発売間近のエアロパーツも多数スタンバイしております~。

改めて振り返ってみると、1ヶ月1車種以上の開発を行って頂いておりました。

エアロ工場の皆様、本当に本当にありがとうございます!!

 

・1月 ➡ C-HR後期

・2月 ➡ スープラワイドボディ

・3月 ➡ ライズ

・4月 ➡ R35GT-R 2017モデル

・5月 ➡ ランドクルーザープラド & 220クラウン

・6月 ➡ スープラレーシングワイドボディ & R35GT-R 2008モデル

・7月以降の開発予定 ➡ 新型ハリアー & スープラバンパーエアロ・標準ボディエアロ

 

というわけで、エアロ工場の皆様には、頭が上がらないワタクシですが、ばがネンドさんで新たに開発をスタートしてもらったのは・・・・R35GT-R 2008モデルとなります・・・!!

 

「またまたGT-Rのエアロパーツを開発するんですか~?? 他の車種も開発してください~」という声が聞こえてきそうですが、その理由は後ほど、お話させて頂きますね。

ちなみに、R35GT-Rの2008モデルをお乗りの方に、装着して頂けるエアロパーツは2種類ございますので、改めてご紹介させて頂きます。

 


 

① KUHLRACING R35GT-R エアロキット 35R-SS

👆 08モデルのGT-Rを、2017ルックに変更できる前後バンパーエアロキットです!

フロントフェイスは、純正パーツを多数仕様して、仕上げていくという事も特徴です。

2017仕様に変更出来、なおかつフロント・サイド・リアのアンダーディフューザーが装着されることで、シンプルながらも迫力あるエアロパーツに仕上げる事が出来たのではないかと思います! おかげ様で、発売以来大人気となっているエアロパーツです。

GT-Rの中古車コンプリートカーとしても多数、ご納車させて頂きました!

 


 

② KUHLRACING R35GT-R エアロキット 35R-GTⅡ

👆 昨年、販売させて頂いたモデルで、35R-SSがストリートをイメージしたエアロパーツであるのに対して、この35R-GTⅡは、サーキットをイメージしたエアロパーツとして、リリースさせて頂きました。

スタイルを選択して頂ける様に、細かく多数のアイテムにて構成されているのが特徴です。

空力と冷却効率をとにかく重視していますので、サーキット走行をされる方には、特におススメの攻撃的エアロパーツとなっております!

おかげ様で、こちらも発売以来、大人気となっております!

 

ご覧のように、どちらもバンパー交換タイプのエアロパーツです(2017モデルは、ハーフタイプエアロとして装着可能です)ので、コストがかかる点と、製造に時間がかかる & 取付の難易度が高いなどが、少し問題でした・・・。

 

** R35GT-Rのバンパータイプエアロでもう1種類ラインナップさせて頂いておりました、「35R-GT」ボディキット(R35の第一号エアロです)ですが、こちらは廃盤とさせて頂きました。しかしながら、現在お乗りのお客様の、補修商品としてのオーダーは可能ですので、安心してください。破損された場合などは、お気軽にお問合せ下さい。

 


 

ということで、バンパータイプエアロよりも、さらにシンプルにカスタマイズしたいというお客様向けに、アンダーディフューザータイプのエアロパーツを開発させて頂く事になりました!

デモカーがまだ完成しておりませんが、すでに量産準備に入らせていただいております、2017以降のモデルに対応するエアロパーツが、こちらになります👇

👆 ご覧のように、かなりシンプルなスタイルにて開発させて頂きました!

エアロの厚みが10mmというかなりの薄型エアロにもかかわらず強度は、従来品をさらに上回る高強度を実現しております~。

こちらは、デモカーが完成次第、ご紹介させて頂きますので楽しみにしていてくださいね!!

 

そしてそして、新たに開発をスタートさせたのが、2008~2010モデル専用の、ハーフタイプエアロパーツとなります。

 

<・・・後編に続く・・・>

 

記事一覧へ戻る