MENU

KUHL 広報室ブログ

INFORMATION

KUHL 広報室ブログ

INFORMATION

製品紹介

2022-11-1

【エアロ】30アルファード ボンネット比較

30アルファード ボンネット 塗装比較

こんにちは。キューピーコーワアルファチャージの広告を見るたび、神永新二バージョンのベーターチャージも出してほしいと思う長岡です。
今日は30アルファードのボンネット、タイプ1(SSⅡ)とタイプ2(ファイナル)の素地を使って違いに迫っていきます。
30アルファード SSボンネット
まずは2018年登場のタイプ1。
中央に設けられた大型ダクト風の窪みが立体感と低さを演出。
伸びやかなノーズによってロー&ロングなフォルムを実現。エレガントなアルファードをスポーティにアピール。
30アルファード ファイナルボンネット
続いて2022年登場のタイプ2。
既にヴェルファイアではVer.1~3までのボンネットがラインナップされていたこともあり、「アルファードにも別バージョンが欲しい」というユーザーの声に応えて誕生。
中央全体をロー&フラットにすることで純正より低いフォルムを獲得。タイプ1からさらに延長したノーズがシャープなスタイルへと変貌させます。
30アルファード ボンネット比較
デザイン上の大きな違いは何といっても中央の窪みの有無ですが、実は両サイドにも差があります。
全体的になだらかなタイプ1に対して、タイプ2は両端を持ち上げ、折り目を強調した面構成となっています。
この辺りを見比べて、お好みで選択していただければと思います。
価格は共に¥107,690です(税込み)
余談となりますが、現在タイプ2はバックオーダーを抱えるほどの人気商品となっております。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。
◆前回のブログ◆