MENU

KUHL 広報室ブログ

INFORMATION

KUHL 広報室ブログ

INFORMATION

製品紹介

2022-10-25

【出荷】GRヤリス リアハーフスポイラー

こんにちは、マツダ信者の長岡です。

今日はKRUISEシリーズから「KR-GRYRR リアハーフスポイラー」の出荷作業を紹介します。

 

エアロの具体的な形状は↓の赤枠で囲った部分になります。それでは行きましょう。

GRヤリス リアハーフ塗装済み

 

 

 

 

今回、千葉県のG様よりオーダー頂きました。いつもありがとうございます。

まずは素地のチェックから。

GRヤリス リアハーフスポイラー

この時点で素地に割れや欠けがないか確認。

KUHLエアロは多少の衝撃では破損しないほど高品質ですが、念のため。

 

 

 

 

GRヤリス リアハーフ 爪

GRヤリス リアハーフ 爪

で囲った部分は取付の都合上、薄く成形されているため特に注意深くチェックします。

 

 

 

 

GRヤリス バックフォグ取付ステー

この商品は純正バックフォグランプ移植用ステーが埋め込まれてますが、脱落や緩みのないことを確認。

 

 

 

 

GRヤリス けん引フックカバー

けん引フックカバー。以前は別体だったのですが、フィッティング向上のため現在は一体タイプに変更。

 

 

 

 

GRヤリス リアハーフ梱包

すべてのチェックが終わったら緩衝材を使って梱包。

 

 

 

 

GRヤリス リアハーフ取説

続いて付属品の作成。マニュアルに従い準備します。

 

 

 

 

GRヤリス 付属品

点数やサイズの似たネジがあった場合は小分けして番号を振ります。少しでも分かり易く作業してほしいからです。

 

 

 

 

GRヤリス 付属品パック

袋詰め完了。

 

 

 

 

GRヤリス 箱詰め

段ボール箱に素地と付属品を固定。

 

 

 

 

GRヤリス リアハーフリアスポイラー 梱包

送り状を作成、住所確認と中身の最終チェックを終えて蓋を閉じ、完了です。

以上、KR-GRYRR リアハーフスポイラーの出荷作業紹介でした。

 

 

 

 

※おまけ

GRヤリスとヤリスクロスのリアハーフスポイラー比較

GRヤリス ヤリスクロス リアハーフスポイラー比較

曲線主体のGRヤリス、曲線主体のヤリスクロス、比べると結構違いが見えてきますね。

それではまた。

◆前回のブログ◆

デリカD5用エアロパーツ D5R-RS紹介