MENU

KUHL SAITAMA

KUHL さいたま

スタッフブログ

Staff Blog

スタッフブログ
製品紹介

2022-12-20

今だからこそ楽しい!? TOYOTA 86 USED CARを遊びつくそう!!

KUHLさいたまブログをご覧頂いている皆様、いつもありがとうございます。

営業部のあべしです。先日、さいたま店に出社しておりましたら、たまたまふらっと常連のO様が遊びに来てくださいました!!

コーヒー片手に色々なお話が出来て楽しかったです。クルマに携わる仕事を数年していると、お客様とのお付き合いも深いものになっていくのが、個人的にはすごく好きなんですよね~。O様ありがとう御座いました。

KUHLユーザーのお客様は、比較的短いサイクルでコンプリートカーを乗り継がれる方が多いのですが、今回のお客様もまさしくそちらのタイプ。色々な車をお納めさせて頂きましたが、現在の愛車はUSED CARベースのTOYOTA 86 GTになります。

せっかく86だから、何枚か写真撮らせてくれ~~~というわたくしのおねがいを快諾いただきましたので、今回はそのお写真をご紹介しながら、お手軽な中古スポーツカーとしての立ち位置がはっきりしてきたTOYOTA 86の面白さについてブログを書かせて頂ければと思います!!

お車がこちら!!TOYOTA 86の2014年式になりますので、前期型のモデルです。一番簡単に前後期を判断できる場所は、フロントバンパーの形ですね!!個人的には台形のグリルと、フォグランプ&ウインカー周りのとんがりデザインが気に入っていて、前期型がより好みであったりもします。

このお車は、KRUISEラインナップの薄型フラップタイプエアロパーツに、車高調整式サスペンション・YOKOHAMA WHEELSの18インチアルミと、如何にも走りの雰囲気が出ています。

ZN6型といわれるTOYOTA 86は、KUHLの歴史の中でも非常に大きなトピックとなった車で、オリジナルラインナップとして当社で初めて自社開発エアロパーツを製作したクルマ(同時期に30プリウスも製作!!)。まさにKUHLブランドのルーツと言っても過言ではない車種です。

世の中的にも大ヒットした車ですので、KUHL全体でもたくさんのエアロラインナップがリリースされています。
今回は、価格もだいぶお手ごろになってきた前期型から、エアロパーツラインナップを紹介させて頂きます‼

まずこちら、01R-GTというフルバンパータイプのエアロパーツキット‼フロントバンパー、リアバンパーを丸ごと当社製品に交換するタイプです。

このエアロパーツタイプの特徴として、フロント&リアのデザインを純正からガラリと変えることが出来るのはもちろん、バンパーが新しいものに変わることで、前期型のクルマであっても、外装状態をリフレッシュできます!!前後バンパーにキズがあったとしても取っ払ってしまいますからね!!

バンパーなどの外装にキズがある場合は中古の車両価格も安く抑えられますので、これからZN6を検討されるお客様は、こういったエアロパーツと組み合わせて上手な買い物をしてもらえると嬉しいですね!!もちろん、KUHL各店へお問い合わせを頂ければ、営業スタッフがお客様に合わせた提案をさせて頂く事も出来ますので、是非お気軽にご利用下さい!!

2つ目がこちら!!02R-SSというシリーズ!!特徴としては、フロントがハーフタイプと呼ばれるバンパー被せタイプのエアロパーツとなっているところ。
リアは変わらずフルバンパータイプですが、01R-GTとは形状が変更されおり、また違った印象を与えられるシリーズです。

サイドダクトが印象的なリアバンパーですね!!
こちらは、フロントバンパーは純正を使用しますので、フルキット導入の場合は01R-GTよりもお手頃な価格でお買い求め頂けるのもPOINTの一つです!!


そして最終がこちら!!
KRUISEブランドからリリースされる、KR-ZN6RR!!純正のデザインを活かしたシンプルなフラップタイプエアロパーツです!!

KUHLらしさは踏襲しつつも、シンプルな造形となっておりますので、豊富にリリースされる他社エアロやウイングとの相性も非常にいいです!!


そして今回のオーナー様の車両に装着されているエアロパーツも、KRUISEとなります!!適度に落とされた車高とパツパツのADVANレーシングホイールが、走りを予感させてくれる後ろ姿♪

題名の通り、これから楽しめる車、として、わたくしイチオシの車種!!

発売から経った年月と、たくさんのユーザーによるカスタム需要で、ベース車両の値段はコナレてきながらも、豊富なアフターパーツがあるところ、これがZN6型の一番の楽しみポイントじゃないかと思います!!

ここでオーナー様のおクルマを借りまして(←)イチオシアフターパーツも紹介いきますよ~~

まずこちら、チョビッと見えているマフラーテールエンドですが、TOM’sの文字が。。。そう、トムス製のスポーツマフラーが装着されております!!
スポーツカーといえば、やはり迫力の排気音が欲しいところ!!KUHLラインナップの中でも、KRUISE仕様は、純正リアバンパーを残したパーツ構成になりますので、純正バンパー対応のマフラーであれば、基本的にどんなマフラーでも合わせることが出来ます!!非常にクルマ作りを楽しんで頂けるポイント!!
(マフラー選びの際は、くれぐれも車検対応マフラーを!!公道走行OUTでは、走る楽しみを味わえませんので(-_-;))

ZN6は、マニュアル仕様の中古車のタマ数も非常に多いのがポイント!!こんな感じのスーパーショートシフトを組んでみるも良し!!
見慣れないシフトレバーですが、これはドイツ・IRP製のショートシフター!!試運転で操作する機会がありましたが、トンデモなくショート&ガッチリしたフィーリング!!見た目も超レーシーなラリーマシンのようでGOODですね!!

ステアリング周りもこんな感じです!!VERTEX別注ディープコーンステアリングに、WORKSBELLクイックリリースボスを組み合わせて着脱可能に!!
前期型ZN6は、ステアリングリモコンも標準装備ではないので、逆にスポーツステアリングへの交換自由度が非常に高いという、遊びにピッタリのパッケージ!!


運転席ドア側のエアコン吹き出し口には、PIVOTの水温計が装着されております!!ダッシュ上やピラーに配置された追加メーターもカッコいいですが、こういった小加工で収まりよく埋め込まれたメーターも、またいい雰囲気を出してくれますね!!

ブレーキは、アフターパーツメーカー製のキットに交換するユーザー様が多いですが、こちらはスバル純正GCインプ用の対向ピストンキャリパーを流用してブレーキフィーリングとストッピングパワー強化を図っています!!

こういう通好みなやり方もアリですね!!

速そうです。\(^o^)/

搭載されているエンジンFA20は純正スペックでは2000CC自然吸気でカタログ値200馬力です。ここ最近のスポーツカー界隈では、パワーは控えめな方ですが、非常に低重心且つ、高い運動性能を持ったクルマですので、ミニサーキットなどでは、大パワー車を追い回している86もちらほら(-_-;)

扱いやすいパワーなので、確りアクセルを踏み込む楽しみもアリ、寧ろちょうどいい感じです。パワーありすぎても街乗りでは使いきれません。。。

それでもモアパワーを‼というカスタムユーザー様向けの底なし沼パーツも沢山あります!!

ターボキットです。こちらは当社デモカーに装着されているBLITZ製ボルトオンターボキット!!
インタークーラーやその他補器類とセットで弊社グループで施工可能です。おクルマの状態や使用環境に合わせて、リフレッシュメニューなども絡めたトータル提案をさせて頂いております!!

サクションキットや、ホース類もリフレッシュされたエンジンルームがこちら!!もともとがNAで、高圧縮比のクルマなので、過度なブーストを掛けるのではなく、トータルバランス型で乗るのが安心かもしれませんね。それでも、当店デモカーは240~50馬力ほど、タービンが回ると結構強烈な加速を体感できます!!

 

 

今回は、TOYOTA 86のご紹介をさせて頂きました。現行モデルであるGR86が、とてもいいクルマなのはもちろんのことですが、今現状の新車事情の例にもれず、現在はオーダーストップ中で買いたくても買えない!!中古車も高い!!というのがネックですよね。スポーツカーはカスタマイズが醍醐味でもありますので、今だからこそ敢えてZN6型の86を購入して自分流に楽しむ!!というのも、アリ寄りのアリ!!な選択肢ではないでしょうか??


KUHLでは、良質な中古車をベースに、新品エアロパーツ・ホイールが装着された在庫車をオンラインでご覧いただけます!!
コンプリートカー | クールシミュレーター (kuhl-japan.com)
お車のご購入からカスタマイズ、メンテナンスまで、弊社にお任せ頂ければワンストップで対応が出来ますので、是非お気軽にお問い合わせください!!

今回も最後までお読みいただき、ありがとう御座いました!!