KUHL × ヴェルファイア さり気なくマイチェン完了? ~ フロントグリル編

KUHL × ヴェルファイア さり気なくマイチェン完了? ~ フロントグリル編

どうも僕です(・ω・)ノ

 

夏バテシーズン到来ですね…。

僕は流行には敏感なので、毎年5月にはバテ始めます。

5月病を併発しつつ11月くらいまでバテ続け、年末年始のけだるさを乗り越え3月になってようやく復帰といった流れになります。

こう見るとただのやる気のない人間に思えてきますが違いますよ。

だって「病(やまい)」って書いてあるじゃないか!

先生、5月病は病欠理由になりますか\( ‘ω’)/

 

 

 

 

 

さてさて!

 

本日はヴェルファイア後期のフロントグリルについてクローズアップしてみたいと思います\( ‘ω’)/

僕が如何にやる気に満ち溢れた人間であるかをアピールしていかねばなりません。

 

と、言うわけでまずは車両の何が変わったのかを見ていきましょうー\( ‘ω’)/

今回はフロントグリルにのみスポットしていきますっ!

 

 

 

こちらが旧ヴェルです。

フロントグリルには販売チャンネルの証、ネッツマークエンブレムがセットされておりますね。

そして本題はここから。

 

 

 

現行ヴェルです。(画像はGアイズ仕様)

フロントグリルに着目してみますと、トヨタマークエンブレムに変わっているのがお判りいただけますでしょうか。

販売チャンネルが全車種に拡大されたことで、エンブレムもトヨタマークに統一されたものと思われます。…が。

ここで問題発生。

ちょっとエンブレムサイズが小さくなっております…。

 

 

 

と、言うわけで\( ‘ω’)/

KUHLは両方のエンブレムに対応すべく、同デザインにて作成済です!

既に両バージョンとも製品が上がっておりますので、お待たせしているお客様へは随時ご案内させていただいておりますー!

 

 

 

パッと見分かりづらいと思いますのでやる気線(ただの線)を引いてみました\( ‘ω’)/

細かく見ていきますと、エンブレムの大きさに合わせて裏面のユニット形状も違いますので、それに合わせた成形をバッチリ行っております!

 

 

 

ネッツマーク用はエンブレムを大きく囲い込む楕円の穴が特徴です。

 

 

 

トヨタマーク用は、少し分かりづらいのですがリサイズに合わせて発生する”隙間部分”を斜めに埋め込みました。

こうすることでシェイプラインが加わったようなナチュラルな仕上がりとなっておりますよ(`・ω・´)b

 

 

どちらの場合もグリル全体でのデザインは変更ございません。

お車の年式に合わせてエアロの仕様をチョイスしてくださいね!

分からない場合はKUHLまでお気軽にお問い合わせください。

 

オンラインストアからも両方の選択が可能となっております!

気になったら是非チェックをお願い致しますー\( ‘ω’)/

 

 

 

 

KUHLJAPAN 中條