HOME > KUHL Fam!

KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2019年3月12日

KUHLJAPANプロジェクト2020!クラウドファンディングR35GT-R!ワイドボディ化のデザインイメージが完成!アルミと鉄板によるメタルワークにて製作します~!<KUHL片岡より>

2019.03.12

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

本日は、「KUHLJAPANプロジェクト2020」の、クラウドファンディングGT-Rをご紹介させて頂きますね!

多数の皆様に応援・支援を頂いておりますクラウドファンディングですが、3月11日現在で、支援者243人、出資金は2942000円と、いよいよ300万円の大台が見えてきました~!

たくさんのご支援を頂き、誠に誠にありがとうございました!!

3月29日までご応募可能ですので、ご検討頂いている方は、ぜひともよろしくお願いいたします。

 


 

というわけで、クラウドファンディングGT-Rは、前回、前後バンパーのデザインをご紹介させて頂きましたが、本日は、ワイドボディのデザインをご紹介させて頂きたいと思います~!

こんなレーシングスタイルのワイドボディに仕上げたいと考えております!
(前後バンパーは新開発バンパーとなりますので、この仕様とは違います・・・のでよろしくです~)

今回のワイドボディは、クラウドファンディングGT-Rだけのワンオフ製作を予定しておりますので、市販化を考えていない分、攻めたデザインに仕上げられるのではないかと思っております!

フロント片側7センチ、リア片側10センチくらいのワイドボディとなりますが、すべて、アルミや鉄板を使ったメタルワークにて仕上げたいと考えています!
リアフェンダーは前後が空洞になっており、脱着式になる予定です。

サイドステップはアルミパネルにて製作し、立体感と奥行きタップリに仕上げる予定です。
ドアも上下にパネルを追加し、前後のフェンダーを繋ぐようなデザインを狙ってみました~!

このままだとドアが開かない!・・・のが、難問ですが・・・。

イメージCGのハイマウントウイングは、ここから変更になる可能性が大ですので、参考程度にしておいてくださいね!

ハイマウントウイングは市販前提で考えております!

 


 

そしてそして、実際に実車にてデザインシミュレーションを行った写真がこちらです!

とりあえずプラバン!と発泡スチロール!にて、シミュレーションをしてみました!

今回は、もともと鉄板溶接にて仕上げてあったワイドフェンダーを生かしつつ、さらに攻撃的なイメージに仕上がる様にと考えております!

「フェンダー ON フェンダー」という事になります~

前後ともアーチ上げ(フェンダーを大きくカットします)をして20インチタイヤをしっかりと見えるレーシングカースタイルにしたいと思います!
また、フロントフェンダーはもともと片側50mmのワイドとなっておりましたので、今回さらに20mm延長することとし、70mmのワイドとなります。

前後とも空洞になっているのが特徴的です!

 

そしてドアの造形とサイドステップの造形が凝っているのが特徴的です!

このように、ドアの上下を膨らませて、前後フェンダーとつなげるイメージにしたいと思っています。

やはり、ドアの開閉部分をどうやって造形するかが、難しいポイントですね!

サイドステップは現状のものは使わず、一から作ることになります。ドア下に空間を作ることで、立体感タップリのサイドステップにしたいなあ~と思っています!

 

こんな感じで仕上げて行きたいと考えています!

そしてこれからいよいよ、鉄板&アルミの造形に入りたいと思います。

このフェンダー形状の場合、正直な所、FRP造形の方が難易度がはるかに低いのですが、ここは難易度の高い鉄板造形にこだわりたいと思っております!

鉄板の溶接作業など、また詳しくレポートさせて頂きたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね!

 

**今回のデザインシミュレーションはYouTubeの「KUHLRacingTV」でも見て頂く事が可能です!こちらもぜひ見てくださいね!

 

 

記事一覧へ戻る