HOME > KUHL Fam!

KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2018年10月23日

KUHLPREMIUM30後期アルファード&ヴェルファイアNEWエアロ開発中!フロントバンパー!ボンネットVer2!リアバンパーVer2!リアウイング(ルーフスポイラー)など発売予定!<KUHL片岡より>

2018.10.23

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

おかげ様で、30後期アルファード&ヴェルファイアも多数のオーダーを頂きまして、誠に誠にありがとうございます!

新車コンプリートカー、エアロパーツ単体など、本当にたくさんのお客様にご購入頂きまして、社員一同、感謝感謝の毎日でございます。

現在、エアロパーツの納期が非常にかかってしまっており、オーダー頂いたお客様には、お待たせしてしまっており、誠に誠に申し訳ございません。

弊社では、品質に徹底的にこだわって製造させて頂いているのと、予想以上のオーダー数を抱えていることにより、現在、工場でも必死の製造を行い、納期短縮に向けて努力させて頂いているところです。また藤井寺自社工場でも、生産型を増やすなどして、現在の2倍~3倍の生産量を確保出来るように動いておりますので、お待たせしているお客様は、もうしばらくだけお時間を頂ければと思います。

そのような中、どうせ生産型を増やすなら、違うデザインのエアロパーツも制作して、お客様に選択して頂ける状況にもさせて頂こうという事で、アルファード&ヴェルファイアのさまざまなエアロパーツを、現在追加開発しております!

YouTube動画を見て頂いた方は、ご存知かと思いますが、弊社エアロパーツは、全て手作りの商品となっております。生産型に対して、職人がひとつずつ丁寧に作業を行って、ひとつのエアロパーツを製造していくという製法なので、大量生産には、腕の良い職人の確保と、生産型を追加していくことが必要になります。そのような中、新しいエアロパーツを作ることで、生産型も増えますし、オーダーも分かれますので、オーダー集中による、納期遅延を回避させることが出来るというメリットもあります。

もちろんエアロパーツの型を作るということは、コストもかかる事なので、なかなか決断の難しい所ですが、この度、新たなエアロパーツを開発させて頂く事にしました!

まずは、リアビューのイメージCGです~!

リアまわりで新開発させて頂くのは、リアバンパーVer2、リアフローティングディフューザー、リアウイング(ルーフエンドスポイラー)、スラッシュ4テールマフラーVer2の4アイテムとなります!

ちなみに、すでに発売中のVer1はこんな感じでした~

リアバンパーはどちらも同じイメージですが、バンパーもあらたに作り直します!

何が違うのかというと、Ver1はコーナーカバーから一体で変更するタイプで、後方に少し延長させておりました。

しかしながら今回は、フラップタイプエアロに合わせたイメージを狙っておりますので、リアバンパーの後方延長は無しでいきますので、コーナーカバーは純正を使用いたします。

そしてマフラー出口を少しセンターにずらします。マフラーの高さ、リアバンパーの高さはVer1と同じになります。

リアフローティングディフューザーは大きく変更させる予定です!左右を上に上げて、センターを下げるNEWデザインですが、後方へはいつもどおり?大きく延長し、迫力を出します。

センターの空きスペースにはバックフォグがインストールされます。

そして、リアウイングも新作となります~!純正ルーフスポイラーに貼り付けするタイプとなりますが、Ver1のスワンネックGTウイングの様に、スポーティでシャープなウイングに仕上げたいと思っております。

ちなみに、今回のリアバンパーVer2には、実は何パターンかのデザインを作ってみたんですよ・・・。

まずはこのようなデザインからスタートしました~

ちょっと派手すぎたかな~・・・スポーティじゃないな~・・・・ということで、お次はこのように変更しました~

少しシンプルになりました・・・が、センター分割タイプは、面白いんだけど、これもまた派手かな・・・ということで、センター2分割ではなく、結局は、分割なしのリアディフューザーに落ち着いたという次第でございます・・・!

というわけで、リアビューはこんな感じで進行中ですが、フロントバンパーも開発を進めております~!

ヴェルファイアのフロントバンパーは、現在ここまで進んでおります

すご~くシンプルに仕上げている・・つもり・・でございます!!

後期ヴェルファイアのメッキ部分が好みではないというお客様向けに、シンプルなメッキ無し!バンパーを製作しております。

フロントアンダーディフューザーは、フラップタイプのRSシリーズをそのまま使えるようにしております!

さすがにこのままでは、開口部が大きすぎるよ!と思われるかと思いますが、今回のバンパーはなんと!3分割タイプとなっております~

KUHLブランド = スポーティ(レーシング)だと思っておりますので、最近のWRX-STIやスイフトスポーツでも開発した、フォグカバーガーニッシュを左右ダクトに追加することになります! ・・水色の落書き・・みたいなイメージを予定しております~。

そして、開口の大きいナンバー下の部分には、これまた・・水色の落書き・・みたいなフィンを別体で装着出来るようにしたいと思っております!大きな開口が好みの方は、装着しないという選択が出来るようにしたいと思い、今回は別体にすることにしました!

そして、この写真で気が付いた方がみえたら、スゴイと思いますが、もう1アイテム追加開発しております・・・。

それは・・・レーシングボンネットVer2です・・・!

Ver1よりもさらにシンプルに抑えてデザインしてみました!

左右の膨らみを低くし、前方への落とし込みを大きくしたことにより、Ver1よりもシンプルに仕上がっております。

大迫力のVer1、シンプルスタイルのVer2といった感じですね!

ちなみにアルファードのフロントバンパーはこのような形を予定しております(アルファードは後期タイプのボンネットを追加製作しましたので、今回は開発いたしませんです)!

このように、30後期アルファード&ヴェルファイアは、納期短縮も狙って、ラインナップの増加・充実に取り組んでいるところです!

ちなみに、完成時期は下記の通りを予定しておりますので、こちらのNEWアイテムをご希望の方は、もうしばらくお待ちください。

・ヴェルファイア フロントバンパー&フォグカバー&センターフィン ⇒ 12月初旬から量産スタート

・ヴェルファイア レーシングボンネットVer2 ⇒ 11月末から量産スタート

・リアウイング ⇒ 12月末から量産スタート

・リアバンパーVer2&リアディフューザー ⇒ 東京オートサロンお披露目

・アルファード フロントバンパー&フォグカバー ⇒ 東京オートサロンお披露目??(間に合わせたい・・です)


そしてなんとなんと、ノア&ヴォクシーをお乗りの方にもお知らせがあります~!

ノア&ヴォクシーも、4本出しマフラーが装着できる、リアバンパー&リアディフューザーを開発いたします!

リアウイング(ルーフスポイラー)ももちろん開発させて頂くことになりました

ノア&ヴォクシーユーザー様には、4本出しマフラーの選択肢が無く、申し訳なかったのですが、開発をさせて頂きますので、こちらも楽しみにしていてくださいね!

それでは、今後の新作エアロ開発・発売を楽しみにお待ちくださいね!

 

 

 

記事一覧へ戻る